MacBook Proのメモリを16GBに増設した

 愛機MacBook Pro (15-inch Mid2012)のメモリを16GBに増設した。
 去年1月に購入した時に元の4GB(2GB×2)から“Apple公称上限”の8GB(4GB×2)に増設済みで、それで特に不便はなかったが、多いに越したことはない。中古のメモリをもらったので。
 公然の秘密だけどMacBook/同Proは、公称の1.5倍〜2倍のメモリを認識できる機種が多いんだよね。

 メモリを2枚差替えて、PRAMクリア(command+option+P+Rを押しながら)で電源オン!(ハードウェア構成を変更した時にいつもやってるおまじない)

 もらったメモリはPC3-10600(1333MHz)で、このMBPの対応メモリPC3-12800(1600MHz)のひとつ前(?)の規格。でも、互換性はあるとのことで(相性によって使えない場合はある)、実際、ちゃんと認識された。
20140605_MBP_memup

 対応メモリよりも遅いのでCPUの処理能力もメモリに合せて遅くなり、本来の性能が発揮できなくなるらしい。増設前後でベンチマークテストをしてみたら、確かにCPUの項目やDISKアクセスなんかのスコアが若干落ちている。でもメモリアクセスは上がっているな。謎。
 いずれにしても、体感速度には変わりなし。

 Parallels上のWindows 7に8GB割り当てたら、起動やWebブラウザの動作が早くなった。こりゃいいや。

※Appleの公称上限を超えるメモリ増設はを推奨するものではありません。実施される方は自己責任でどうぞ。

MacBook Pro の内蔵光学ドライブをHDDに換装

 先日、愛機MacBook Pro 13インチ(Mid2010)のメモリを4GBから8GBに増設するついでに、内蔵光学ドライブをHDDに換装した。

 アマゾン購入した換装キットは恵安の「光学ドライブ用 HDD/SSDマウンタ MacBook対応 KD095-M」というやつ。
20121213_DVD_kansou1
 怪しげなパッケージで届く(笑)。
20121213_DVD_kansou2
 何かから外して死蔵してあった128GBの2.5インチHDDを装着。この部分はネジもなくコネクタに差し込むだけ。
 あ、MacBook Pro内部の写真を撮りわすれた(笑)。
20121213_DVD_kansou3
 ってことで、無事に256GBのSSDと128GBのHDDの2台が接続された。
20121213_DVD_kansou4
 外した光学ドライブは、外付け用ケースに収めてUSB接続で使うのだが、取り出したのはスロットローディングなので、ケース付属のフタが使えない。表面むき出し状態。まぁケースがプラスチックで安っぽいし、このままでも動作に支障がないのでいいや。

今更ながらメモリ増設

 某Mac専門誌の読者プレゼントに当選して、Mac用メモリ DDR3 PC3-10600(1333MHz) 4GB 2枚をいただいた。
 自分のMacBook Pro 13″(Mid 2010)の対応メモリは DDR3 PC3-8500(1066MHz)だが、互換性があると聞いた。
 が! 4GB 2枚を差しても認識されず、MBPが起動しないよ。いろいろ試したりググって調べたりしたが、どうも、この機種は10600の下位互換には対応していないそうだ。(´・ω・`) 10600 4GBと元の8500 2GBの組み合わせだと起動し、遅いほうの仕様に合わせられ4+2の6GBとして認識される。
 ちょっとアレだけど、どうせ頂き物のメモリだし、これで我慢する。同じ容量・規格のメモリを2枚セットで使わないとデュアルなんとかっていう機能が働かないらしいが、それによる遅さは実感できないし。

 ついでに、嫁さんのMacBook (Early2009)と家族共用のMacbook(Early2008)も、それぞれ2GB(1GB+1GB)から4GB(2GB+2GB)に増設。もちろんこちらは購入したんだけど、DDR2 PC2-5300(667MHz)の2GB 2枚セットが3千円って、だいぶ安くなったねぇ。

iPhone割引キャンペーンが延長

 「iPhone for everybodyキャンペーン」の受付期間を9月30日まで延長(2009.05.26 ソフトバンク プレスリリース)

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、2009年2月27日の開始以来ご好評いただいている「iPhone for everybodyキャンペーン」の申し込み受付期間を、2009年9月30日(水)まで延長いたします。

本キャンペーンは、革新的な「iPhone™(アイフォーン) 3G」の購入にかかる実質的なご負担額(注)が8GBモデルの場合は0円に、16GBモデルの場合は480円/月になり、さらに、パケット通信料定額サービスの上限料金が、通常5,985円/月のところ4,410円/月でご利用いただけるものです。

 このキャンペーンが始まったから嫁さんもiPhoneに機種変更したので、好評なのは解るがこの時期にキャンペーン延長か。ってことは、7月発売とも噂されている新型iPhoneも——最初から——everybodyキャンペーンで買えるのか!?
 現行機種の在庫処分が目的なら長くても6月一杯までとかにするだろう。新型iPhoneの発売が10月になるって事も考えられるけど、どうだろ。いずれにしても、このタイミングで割り義気キャンペーンを9月一杯まで延長ってことは、アップルからソフトバンクに新型iPhoneの発売時期の情報が入ったんじゃないかなぁと想像する。

 新型は現行のからメモリ容量倍増らしいから、キャンペーンが適用されるとすれば16GBが実質0円、32GBが実質480円になるのかなぁ。機種変更の場合はどうなるんだろ(買う気満々(笑)>俺)。

昔必須だったソフトたち

ラムダブラー、スピードダブラー、コンフリクトキャッチャー
 引越のため荷造りを進めているのだが、押入を整理していたら、懐かしいソフトたちが。
 ラムダブラー、スピードダブラー、コンクリクトキャッチャー……。昔、とてもお世話になったソフト。
 使っていたローエンド向けMacなんかは搭載メモリ32MB(搭載上限128MB)でその増設メモリが数万円もした時代に、仮想的にメモリを2〜3倍に増やすラムダブラーは、特に重宝した。

 他に、TowerIIやらHyperCardやらクラリスワークスやら、今使ってるインテルMacでは動かないんだけど捨てられないパッケージもちらほら。うーむ(笑)。

 注:アップルに敬意を表し、HyperCardのリンクはウィキペディアの記事に設定しといた(笑)。

 と、思い出に浸ってばかりいないで、荷造りだ。

iPhoneのメモリリセット方法!?

 「iPhoneは想定以上の売れ行き」–ソフトバンク孫社長、手ごたえをアピール (2008.08.05 CNET Japan)

 ちょっと遅れた感はあるけども(笑)、上記の業績報告に関する記事の中で、ちょっと気になる孫社長の発言が。

Safariは多くのアプリケーションを動作させるとメモリ不足で落ちてしまうが、端末下にあるホームボタンを長押しするとメモリがリセットされてさくさくと使えるようになる」(孫氏)とのこと。

 ふむ。今までは、日本語入力やSafariの動作が重たくなったら、電源ボタンを長押しして再起動させていたけど、これなら手軽だね。でも、今のところ、その効果はあまり実感できないんだけど(笑)。

USBメモリ購入

 USBメモリ。今まで256MBのを使っていたけど、もっと容量の大きいのが欲しくなったので、アマゾンに注文してあったのが、届いた。

BUFFALO USBメモリ スタンダードタイプ ピンクモデル TurboUSB機能搭載 2GB RUF-C2GS-PK/U2
B000R7HPW2
 買ったのはこれ。購入時の価格は2000円。安くなったねぇ。
 MacではturboUBS機能は使えないみたいだから、もっと安いのでもよかったかも(笑)。

iPod touchに32GBモデル登場

 アップル、iPhoneとiPod touchに新モデルを追加 (2008.02.05 アップルニュースリリース)

2008年2月5日、アップルは本日、「iPhone™(アイフォン)」*と「iPod® touch(アイポッドタッチ)」の新しいモデルを発表しました。新モデルは、メモリ容量が倍増され、お客様がどこにでも持ち歩ける音楽や写真、ビデオの数も2倍になります。これにより革新的なiPhoneは、これまでの8GBモデル(399ドル)と新しい16GBモデル(499ドル)の2つのモデルのラインナップとなりました。iPod touchは、これまでの16GB(48,800円)と8GB(36,800円)のモデルに加え、32 GB(59,800円)のモデルもお選びいたけます。

「メモリ容量はいくらあっても足りないというユーザがいらっしゃいます。そういった方も、この革新的な携帯電話や世界最高のWi-Fiモバイルデバイスがあれば、よりたくさんの音楽、写真、ビデオをお楽しみいただけます」と、アップルのiPodおよびiPhone担当ワールドワイドプロダクトマーケティング・バイスプレジデント、グレッグ・ジョズウィアックは述べています。

 おぉ、やっと、iPod touchに32GBモデルが! 俺の場合16GBだと全然容量が足りないので(今使っているiPod 5.5Gが30GBモデルで、残量11GB)今ひとつ物欲が湧かなかったが、32GBなら欲しいなぁ。
 しかし、いくらなんでも約6万円は高い。今月は、あんな物やこんな物を購入予定だし、iPod 5.5Gでも不満はないし。もう少し我慢しよう。夏過ぎには新型発表されて、またスペックがあがるのだろうし。
 っつーか、そろそろ、日本でもiPhoneが登場するかもしれないし(笑)。

ダウン頻発

 最近、MacBookをバッテリーのみで使っている時に、突然のダウンが頻発する。
 11月上旬に液晶ユニットの交換修理をしてもらってから、この事象が発生したような気がする。たくさん報告されている、ヒートシンクまわりの施工不良による熱暴走だろうか?
 でも、AC電源の時はダウンしないので、バッテリーの故障かもしれない。
 PMUクリアとPRAMクリアは行ったし、バッテリーアップデート1.2もすでに施している。
 単なるバッテリーの消耗劣化って事も考えられるが、新しいの買うと高いんだよね。

 裏技でセーフモードを有効に(ターなるからsudo pmset -a hibernatemode 1 を実行)してあって、一応それが効いているっぽい。
 突然ダウンして、電源ボタンを押すと最初の起動から始まるんだけど、一応、セーフモードが効いているらしく、データ損失はない。いや、最初の起動から始まるってことは、セーフティーモードでメモリ状態の待避はされていないってことかな。うーむ。

新MacBook

 アップルの新MacBook
 インストールされているOSがMac OS X Leopardだったりとか、メモリ最大搭載容量が遂に4GBになったとか、スペック的にはなかなかではある。
 しかし……コマンドキーにリンゴマークがなくなったら、魅力半減じゃね?
 昔のPowerBookには、液晶ディスプレイの下にもアップルマークがあったのに。しかも虹色の凝った埋込みエンブレムが。
 寂しいのう。