シャア専用iPhone その2

 昨日、エーワンのスマートフォンカスタマイズカード for iPhone4S/4 ケース(と、それ専用のケース)で作った「シャア専用iPhoneケース」だが、マークが大きくて野暮ったかったので、作り直した。(昨日の記事はこちら

 ↓これは、昨日のやつ。
スマホカスタマイズケースfor iPhone

 ↓これが、今日作ったやつ。
スマホカスタマイズケースfor iPhone
 うむ。ジオン公国章と文字を小さくしてスッキリした。
 ついでに赤をシャアピンク(俺配合CC3333)からシャアレッド(俺配合b90d0d)に濃く変更し、ジオニック社ロゴも追加。
 いい感じになったよ。


iPad2購入

 3月の発表当初は「初代iPadを持っている身としては、買うほどではないな」とかほざいていたくせに、日本発売開始の4月28日に店で実機を触ったら欲しくなり、結局買ってしまったよ。
 買う気はMAXでは無かったので夕方に見に行ったので、売切れ。ってことで、その晩、日付が変わって29日午前1時のアップルストアオンラインでの販売開始に待機。
 時間になりWebブラウザでリロードを繰り返したが、いっこうに買えない。やっと1時半頃に買えそうな画面に変わったが、表示が遅く、購入手続きが済んだのは1時45分くらいだったかな。

 参考;当時の状況概要 オンラインストアでもiPad 2の販売がスタート – 出荷予定は「1-2週」(マイコミジャーナル 2011.04.29)

 購入したのは、Wi-Fiモデルの32GB。通称「風呂フタ」ことスマートカバーのピンクも一緒に。
 出荷予定は5月12日-22日となっていたが、9日に届いた。出荷は中国の深セン支店から。最近はアップルストアオンラインで購入した商品は中国から直送される事が多いね。

 風呂フタは本当は赤が欲しいんだけど、それは革製の高いバージョンなんだよね。なので、安い方のポリウレタン製からピンクをチョイス。

 初代より薄くなって、カバンにも収納しやすい。

 初代iPadは、嫁さん譲渡。


娘からプレゼント

誕生日プレゼント
 娘から、誕生日プレゼントをもらったよ(^^)
 ネクタイ2本など。父の趣味を良く知っているナイスな選択ではあるが、さすがにピンクの方は通勤では使いづらいかな(笑)。明後日の仕事始めの日には着けて行こうか。

 ありがとう。


ユーミン

 昨日。ブラタモリに倣ってまちを歩く散策オフ会に参加してきた。場所は本郷。
 追々記事にしていくつもりだが、まずはこれを。
(写真はクリックで大きな物が表示されます)

 本郷の住宅街にひっそりと建つピンクの壁の建物がかわいらしい、喫茶店ユーミン。
喫茶店ユーミン
 営業していなかったのだが、しかしもう、この入口だけで突っ込みどころ満載だ。
喫茶店ユーミン
 A.C.Cジュースというのが看板メニューのようだ。A.C.Cジュース。どんなんだろう。気になったが、お休みだったので確認することもできず。それにしても安いな!
喫茶店ユーミン
 昭和っぽさ炸裂の呼び鈴。型も古いが、調子が悪いらしく、つよく押さないと鳴らないのかな……って、押すんじゃなくて、つよく……どうするんだ? この字、読めない。
喫茶店ユーミン
 持ち込み自由なんだね。商売っ気がないねぇ。いや、もしかしたらメニューはコーヒーとA.C.Cジュースのみなのかもしれないな(笑)。食事は各自持込みで。もちろん、想像。
喫茶店ユーミン
 営業は2月6日から。1か月以上正月休み。商売っ気がないねぇ。
 つーか、なんで「ユーミン」なんだろうって事も気になるが。これにて。


リボルテックエキスポに行ってきた。

 10/31に秋葉原UDXで開催されていたリボルテックエキスポに行ってきた。
リボルテック
 有名メーカーのエキスポとは言っても、全国展開の会社ではなく、しかもその中の特定のブランドの展示発表会なので、会場の規模は小さい。
 しかしながらも、さすが海洋堂のリボルテック。かなりの混雑だったよ。
リボルテック
 新シリーズの「特撮リボルテック」では、ブースカやジャイアントロボ、大魔神、ガメラなんかがあった。
 ブースカは、嫁さんに買ってあげたいな。
リボルテック
 個人的に楽しみなのは、満を持して登場の、完全変形バルキリー。山口可動のリボルテックでなおかつ変形するVF-1って、すげーよ!
リボルテック
 入場者プレゼントで、特色のリボコンテナをもらった。
 あと、持っているリボプライヤーがへたっきたので、新しいのを買ってきた。イベント限定色のうち、ピンク。通常200円を100円で売っていたし。
 リボルテックを格好いいポーズにするには、リボプライヤーは必須だよね。


食べてもらおうか、シャア専用のアイスとやらを!

 ガンダム30周年記念で、バンダイと赤城乳業が共同開発した新兵器新商品。
 シャア専用MSモノアイアイス。
シャア専用アイス
 フタの柄は、ザク、ズゴック、ゲルググの3種類あるが、中身のアイスは同じ。
シャア専用アイス
 ちゃんと、ガンダム30周年記念ロゴもついている、公式商品だ。
シャア専用アイス
 ちなみに、赤城乳業は、「ガリガリ君」でおなじみの会社。もちろん、しっかりと美味しい。イチゴシャーベットをメインに、コーラ味アイスとイチゴジャムで、モノアイをイメージしている。
 イチゴシャーベットの部分が、通常のより薄めのシャアピンクを再現してるんだって。
 まぁ、普通のイチゴシャーベットだが(笑)、楽しかった。
シャア専用アイス
 食べ終わると、モノアイは無くなります(笑)。


元旦のルパン三世

 ファミリー劇場、『ルパン三世 PART III』全50話を元日から一挙放送 (2008.11.20 マイコミジャーナル)

CS放送ファミリー劇場は、2009年1月1日の午前10時から1月2日の午前11時にかけての25時間で、不朽の名作として名高いTVシリーズ「ルパン三世」の第3弾となる『ルパン三世 PART III』の全50話を一挙放送する。

 ふむ。アニマックスはガンダム、ファミ劇はルパンか。ピンクのジャケットを始めとしたポップな色彩はちょっとアレだけど、俺に、このパートIIIのキャラクタデザインは好きなんだ。


USBメモリ購入

 USBメモリ。今まで256MBのを使っていたけど、もっと容量の大きいのが欲しくなったので、アマゾンに注文してあったのが、届いた。

BUFFALO USBメモリ スタンダードタイプ ピンクモデル TurboUSB機能搭載 2GB RUF-C2GS-PK/U2
B000R7HPW2
 買ったのはこれ。購入時の価格は2000円。安くなったねぇ。
 MacではturboUBS機能は使えないみたいだから、もっと安いのでもよかったかも(笑)。


HGティエレン、組立て終盤

 相変わらず無塗装素組派のくせにチンタラ作っているHGティエレン。
 合せ目消しやら、メラミンスポンジでの表面処理やらまで済んで、ちょっとした細かい工作に入る。
「接着剤むにゅ作戦」による合せ目消しとパーティングライン及び簡単なヒケ修正のためにペーパー掛けした後、全身にメラミンスポンジ掛けると、いい感じになるねぇ。水つけて搾ったフィニュッシュクロスで軽く拭きとれば、もうこれで表面処理完了。無塗装派のお手軽工作(笑)。

ティエレン
 閑話休題。細かい工作……ってほどでもないんだけども、今日はモノアイの加工。定番工作で、俺も今まで何度も施してきた作業だけど、こんなに小さいのは久し振りだわ。
 まず既存のモノアイ状モールドを切除するのは当然として。
 次に、Uバーニア(フラット1)の3ミリとHアイズの2ミリ(共にウェーブ製の補助パーツ)を充ててみたんだけど、これでもかなり大きい。
 結果的にはモノアイのモールドがあった部分を2ミリのピンバイスで少しえぐり、その中をガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装、Hアイズ1.8ミリを埋込み、流し込み接着剤少量をつけて完了。
 この程度の事に1時間くらいかかってしまった。元のモールドのまま蛍光ピンクとかを塗り付けるだけでもいいね。ティエレンのモノアイは小さいので、完成後はあまり目立たないし(笑)。


約3年振りのポケモン

 足を骨折して入院していた時の暇つぶしにプレイしてた「ポケットモンスター リーフグリーン」以来だな、ポケモン。
 ちょっと前から、ポケモン不思議のダンジョンをやっている。今さらながらのGBA版だが。

ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊 ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊

任天堂 2005-11-17
売り上げランキング : 1814
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 発売から2年たつが、中古屋でも結構な値段で、人気ソフトらしい。それを、ヤフオクでかなり安く入手した。
 不思議のダンジョン……っつーかローグ系は昔大好きだったんだよね。風来のシレンがすげー気になっているんだが、俺はDSは持ってない。
 ってことで、この「ポケモン〜赤の救助隊」を入手、愛用のGBA-SP(パールピンク)に挿して、通勤中にプレイしている。

 不思議のダンジョンシリーズということで、今までの本家ポケモンシリーズよりもだいぶ簡略化されたストーリーとポケモン集め。それでも、ポケモンの醍醐味であるポケモン集めと、それぞれの相性(水ポケモンは電気ポケモンからの攻撃に弱い、など)はしっかりと反映されていて、なんというか、初代とか金/銀版、せいぜいルビー/サファイア版くらいに馴染んでいたおっさんには、丁度よい構成だ。
 最初は151種類だったポケモンは、もはや500種類くらいなんじゃないかな。それを全部覚えられないが、タイプと相性は相変わらず。それで何とかなる。各タイプを1匹ずつ仲間にしておけば、それらでパーティー編成を考えてダンジョンに挑めばクリアできる優しさ(易しさ)が嬉しい。
 久し振りに、ポケモンにはまっている今日この頃。