DVD「宇宙大作戦」を観た

 TSUTAYAでスタートレックコーナーができていて、「宇宙大作戦 傑作エピソード集vol.1」が「ビギナーにおすすめ」となっていたので、借りてきた。スタートレックはあえて今まで観ずにいて今回初めて観たが、やっぱり面白いね。
 テーマソングを聴いて「あ、アメリカ横断ウルトラクイズだ!」と、お約束の反応はしておいた。

 先日「地底探検」を観たんだけど、古いSF作品て、のんびりしてていいね。

のんびりな正月休み

おでん缶
 家族もみな寝た、正月休みの深夜。大晦日から元旦にかけて、CATVのファミリー劇場で一挙放送されたウルトラQの編集&DVDへのダビングを施しながら、まったりと酒を飲んでいる。
 小腹が空いたので、取って置きのおでん缶をつまみに。

 のんびりしとります。

年越しガンプラ2006-2007

 毎年の恒例イベント「年越しガンプラ」。
 いつもは大型キットを組むのだが、今回はどうしようか。

 ニコイチ製作中のがいくつもあるので、それをどうにかしようとも考えたが、保留(おい(笑))。
ラル専用旧ザク
 結局、これ。
 簡単にサクサクやってみる。

 CATVのファミリー劇場でウルトラQ一挙放送を見ながら、製作開始。

アンヌのひとりごと

 ちょっと前からROMっているブログ。

 あれから40年・・アンヌのひとりごと

 そもそもはブログ巡回中で紹介されていたリンクから飛んだのだが。
 その名のとおり、女優・ひし美ゆり子さんが書かれているブログということで、ウルトラシリーズのファンである俺は、一目散に訪問した。
 ところが、いわゆる著名人ブログという雰囲気ではない。
 ひし美さんの本音が炸裂していて、いい意味で普通のブログ。

 で、カテゴリがね、「アンヌのひとりごと」「地谷子のひとりごと」「百合子のひとりごと」「ゆり子のひとりごと」となっていて、その趣旨に納得。

 がんばって続けていただきたい。
 ひし美さんもMacユーザらしいし(笑)。

実相寺監督、ご逝去

 訃報 実相寺昭雄さん69歳=映画監督 (2006.11.30 Yahoo!ニュース)

「ウルトラマン」「帝都物語」などで知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日午後11時45分、胃がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。葬儀は12月2日午前10時半、文京区湯島4の1の8の麟祥院。自宅は非公表。喪主は妻で女優の原知佐子(はら・ちさこ=本名・実相寺知佐子)さん。

 特撮好き、ウルトラマン好きの俺としては、もうたまらなく悲しいぜ。

 斬新なカメラワーク、不条理な演出。さらにはその特撮番組においての約束事をも破る演出。
「慌ててカレーライスのスプーンを取り出してウルトラマンに変身しようとしたハヤタ」は「ヒーローに間抜けな事をさせるな」と叱られ、「アパートの一室(貧乏臭い和室)に潜むメトロン星人とちゃぶ台を挟んで座り対談するモロボシダン」は「海外への輸出を念頭に置いているので、なるべく日本風な描写はするな」と叱られた、などは有名なエピソードだ。
 だが、叱ったのは番組関係者で、上司にあたるような立場の人達であり、上記のエピソードは、俺たちファンの脳裏には焼き付いて離れない、印象的なシーンだ。もちろん、何度見ても楽しい。

 実相寺監督の作品としては、Vシネでリメイクされた「シルバー假面(かめん)」が遺作となってしまった。

 数日前の27日には、「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの作曲を手がけられた宮内國郎さんも亡くなった。

 今ごろ、お二人で、新作の主題歌についての打合せでもしているのだろうか。

 ご冥福をお祈りします。

夏はウクレレ

 数年前のブームの時に安物を買って、ちょっとは弾けるようになった所で飽きたウクレレ。
 俺のウクレレは、部屋の隅で埃をかぶっているが、やっぱり夏になると、あの音色が心地よいね。

 ってことで、気になっていたCDを購入。

ウクレレ ウルトラマン ウクレレ ウルトラマン
オムニバス ウクレレカフェカルテット 松宮幹彦

ジェネオン エンタテインメント 2006-04-05
売り上げランキング : 5643

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ウルトラシリーズ放送40周年。俺も40歳。ウルトラQ第1話が放送された日に生まれた俺は、まさにウルトラマンと共に育ったわけだ。
 閑話休題。
 このCD、もちろん企画物ではあるが、実に楽しい。
 やっぱりウクレレの音色は愉快になるね。

 面白いのが「帰ってきたウルトラマン」。ご存知のように、この曲は「ウルトラマンのうた」をアレンジしたもので、基本テイストは同じ。
 でも、このCDに収録されている物は、(当然といえば当然だけど)更にアレンジが加えられて、まったく違った雰囲気になっている。しかし、聞けば「帰ってきたウルトラマン」だと分かる。確かに新マンだ!

 それと「ウルトラQメインテーマ」は、ウクレレで演奏されても、やっぱり不気味だ(笑)。

ウルトラマンメビウス(第1話)

 今日から始まった、ウルトラマン40周年記念番組 ウルトラマンメビウス

 宇宙警備隊員(ウルトラマン)のルーキーが友情の星・地球に派遣される所から、物語は始まる。
 地球は、過去25年間怪獣が現れず、そういう意味では平和を保っており、かつて地球を救ってくれたウルトラマンも、半分伝説化している時代。

 もう、これだけで、解りますな!
 今回のメビウスは、ストレートに、「M78星雲から来た光の超人」のシリーズの直接的続編。25年前っていうと、ウルトラマン80の事だしね!

 前作のウルトラマンマックスは「原点回帰」がテーマだったが、今回は「源流継承」とか。うむ、納得。

 でも、安易な続編(?)ではないね。

 まず、地球防衛隊GUYSは、25年間の平和の間に腑抜けになっている。
 っつーか、防衛隊資格が、単なる国家資格になっていて、対象年齢になれば誰でも受験できるって設定と、冒頭に登場した隊長の言動が、組織の形骸化を端的に表現していてナイス!

 ってことで、怪獣出現に伴い、再編成されたGUYSのメンバーも、ルーキーばかり。

 あと、びっくりしたのが、怪獣とウルトラマンの戦いの後を見たアイハラ隊員の「ひどい戦い方だ!こんなに街を壊して!」(違うかもしれないけど、こんな意味の事を言ったよね)。
 戦闘後の街の崩壊状況について言及したのは、珍しいんじゃないかな?
 禁句にすらなってたよね。
 この台詞が、今後のストーリーにどう影響するのかは解らないけど、大風呂敷で終わらんでほしいぞ!

ねこぱんち!
通勤マンガーZ : Breast Fire 新しき光の戦士ウルトラマンメビウス 第一話「運命の出会い」

ウルトラマンメビウス ウルトラヒーローシリーズ2006 01 ウルトラマンメビウス

ウルトラマンメビウス ウルトラヒーローシリーズ2006 01 ウルトラマンメビウス
バンダイ 2006-04-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [テレビ番組][特撮]

不惑

 当然、記憶はないけど、ビートルズが来日したり、ウルトラマンの放送が開始された年の生まれらしい、俺。
 ウルトラQ第1話放送日に生まれたってのが、こっそり嬉しい。
 ってことで、1月2日。
 めでたく40になりました。
 不惑の年らしいけど、個人的にはまだまだ戸惑うばかりでございます。
 戸惑い、うろたえ、しかしテキトーに暮らす日々。

 相変わらず「思った通りに突っ走る。できることならリーダーになりたい。けど、さまざま失敗したらすぐ謝罪」の方針で、やりたいことやっていこうと思います。

 っつーか、前厄なんだよね。わはは!

 三遊亭円歌師匠って、やっぱり上手いな!

はみだしYouとぴあ

 前々から思ってた事なんだけど へ自己トラックバック。

 実はこれ、昔、情報誌「ぴあ」の「はみだしYouとぴあ」欄に投稿したネタ。没だったけど(笑)。
 最近はぴあを読んでないけど、まだ「はみだし〜」はあるのかな。
 中学生の頃は、「はみだし〜」で仕入れたネタを、翌日の学校で披露しあって喜んでいたものだ。
「渡辺貞夫とウルトラセブンの頭(アイスラッガー投げた後)はそっくりだ」なんてのは、痛烈に記憶に残り、未だに忘れていない(笑)。

 なんか今日は馬鹿記事ばかり(笑)。

スゴ録のEPG

東京では今日の深夜から始る「ウルトラQ dark fantasy」を楽しみにしていて、スゴ録の「まる録」に「ウルトラ」とキーワード登録してあったのに、
さきほど確認したら、リストアップされていない。
EPG番組表を見てみると……「ウルQ」と省略されていた……。
深夜番組とはいえ、ひど過ぎる。
今後の安全を考えて、毎週録画にしといた。

編み物趣味の人が「手芸」と登録しておいたら、お笑い番組がたくさん録画されていた、という話もあるらしい。
「若手芸人」でヒットしたんですな(笑)。

余計に録画されてしまうならまだしも、録画漏れは困ったもんだ。EPGのデータ内容の充実を期待したい。