iOS 13 で念願の全角スペース入力が!

 昨日、AppleからiOS 13が公開され、iPhoneの標準機能で全角スペースの入力が可能になった。
 日本でiPhone 3Gが発売されて以来のユーザーだが、この十年以上の間、このブログでも何度となく訴えてきて(笑)、ユーザ辞書に全角スペースを登録したり、ユーザ辞書の機能がない頃は「連絡先(アドレス帳)」をユーザ辞書的に準用するなどでしのいできたわけだが、ついに念願がかなった!
 日本語が使えるキーボードであるフリックとローマ字で、全角スペースが入力できる。アルファベットキーボードの場合はこれまでどおり半角スペースとなるようだ。

 いやぁ、iPhone上だろうとなんだろうと、まとまった文章を書く時には基本的には行頭字下げ派で、それには英語圏のようなインデント機能なんかを使うのはすごく嫌だったのだ。「1文字」としての全角スペースでなければね。

 まもなく公開されるiPad OSでも同様に全角スペースが実現されることだろう。楽しみ。


長さ0.5mのUSB – Lightning ケーブル

 iPhoneをモバイルバッテリーで充電している時に、付属の純正ケーブル(1m)では長くて硬く、取り回しが良くない。
 使いやすいのをと、Amazonでみつけたこれを購入。

 BECASO (0.5M*3本) ライトニングUSBケーブル lightning 2重編込の高耐久ナイロン素材

 ナイロン網込み式の、ちょうど良い長さでしなやかなケーブル。
 商品説明の「iOS10認証済」というのがちょっと怪しかったが、好レビューばかりだったので、3本セット999マンエンを購入。
 届いた商品は、やはり「Made for iPhone(Apple認証)」ではなかった(笑)。
 今後のiOSのアップデート後も使えるかが少々不安だが、安いし、見た感じしっかりした作りだ。
 充電中の電流を計測してみたら1.3〜4Aと、純正ケーブル同等に急速充電ができている様子。
 まだ1日目だけれど、満足。

 BECASO (0.5M*3本) ライトニングUSBケーブル lightning 2重編込の高耐久ナイロン素材


ソフトバンクの機種変更で月月割が1ヶ月分減った。

 ソフトバンクで、iPhone 6からiPhone 7へ機種変更した。
 2年間使ったので、ちょうど月月割を24回受けられると——今まで毎年機種変更していたから初めてのことなので——喜んでいたのだが、23回で終わっていた。
 もちろん、2年を待たずして機種変更したら新しい方の月月割しか適用されず、前機種の分は残りの割賦金を全額負担せにゃならんってのと、機種変更契約と割賦金払い/月月割開始に1ヶ月のブランクがあるのは知っている。
 でも、それを考慮しても、iPhone 6の分は月月割24回を受けられると算段して機種変更したのだがなぁ。
 この「機種変更契約とその新機種の月月割適用までの間の空白1ヶ月」も、前機種の月月割は消滅するというのまでは計算外だったわ。
 つか、契約書のどこに、そこまで書いてある?

 盲点っちゃぁ盲点だが、セコいぜ、禿!
 この空白の1ヶ月分は前機種の月月割を残してくれよ。


iPhone 7が届いた

 予約開始日の9月9日16時10分に、ソフトバンクオンラインショップで予約したiPhone 7 128GB ジェットブラックだが、発売日の16日を過ぎても届く気配(在庫確保〜本契約メール)もなく、とてつもない人気らしい。
 ほぼ同じ日時に予約した家族の分(ローズゴールドとシルバー)はちゃんと発売日に届いたってのもイライラ度が増大。
 辛抱できず、17日20時頃に、先のをキャンセルし、改めて、128GB ブラックを予約した。それが昨日23日の昼過ぎに届いた次第。
 当初、どうせならツヤツヤのジェットブラックにしようかなという程度で予約したのだが、いつ順番が回ってくるのかわからない状況なので、ブラック(つや消しの方)に変更した。自分が持つものとしては画面の周りが白いiPhoneは大嫌いなので選択肢はない。
 ジェットブラックは未だに届いていない人もいるらしいくらいに人気で、ブラックでも発売日に届かなかった人が多かったそうだ。発売日に手に入れたいから事前——の予約開始直後——に手続き完了したにもかかわらず、この状態は困ったものだわね。

 しかしまぁ、やっと届いたiPhone 7。よかったよかった。
 というわけで、すっかり出遅れたのでレビューみたいな記事は書きません(手抜き)。

20160924_iphone7


iPhone 7を予約した

 9月9日に予約開始されたiPhone 7を、早速、当日にソフトバンクのオンラインショップで予約。
 日本での取扱いが開始されたiPhone 3Gから6まで毎年購入(機種変更)してきたが、昨年のiPhone 6sにはまったく魅力を感じられず見送り。
 おかげで、iPhone 6は初めて月月割を満額享受できる(笑)。

 iPhone 7は耐水機能、モバイル電子決済、Macのログイン認証解除鍵など、待っていた機能が多く搭載されたので楽しみ。
 特にいわゆるお財布ケータイことモバイル電子決済は、待望の機能。
 Apple Payの体裁を使うものの、日本向けのiPhoneにはFeliCaを搭載したと。各国個別仕様を嫌がり——Apple独自仕様をもって(笑)——世界で同一の商品を売ることにこだわっているAppleにしては異例中の異例。
 日本市場を重要視しているとはいえ、さすがにNFC仕様のままでApple Payを日本に普及させようとするのは断念したと。大歓迎だね。
 交通系は当初はSuicaだけみたいで、他の地域のかたには申し訳ないが、東京在住なので個人的には問題無し。
 最寄りが都営地下鉄と都営バスなので、できればPASMOの方がいいけれど現在は通勤定期券を購入の必要もないので、Suicaでも良い。

 ソフトバンクオンラインショップは毎回、事前予約時点では出荷日がわからない。商品確保の第二報メールで出荷日が確定され、本契約になる。
 予約開始直後の9日16時に予約サイトにアクセスしたが混雑していて、申し込み完了したのが10分くらい。ジェットブラックにしたが、この色が一番人気らしいので、発売日の16日には無理だろうな。

 ともかく、2年ぶりの機種変更、新しいiPhone。到着が楽しみだ。


ソフトバンクiPhoneのスマ放題で無料の留守番電話を使う

 iPhone。仕事で結構発信もするので(というかプライベートではほとんど通話しない(笑))、去年の8月からスマ放題にしていて、2700円/月で国内通話し放題ってのはいいんだけれど、それまでのホワイトプランでは無料でついていた留守番電話サービスがなくなって有料サービスのみになった。
 iPhoneには本体に簡易留守電機能もなく。
 圏外でなければ着信履歴は残るので、出られなかった時はこちらから折り返しでもまぁいいやと、ずっとそのままにしていた。
 が、ここにきて留守電が必要な事が発生し、300円の有料サービスを契約するのもシャクなので少し探したら、いいのをみつけたよ。

 FUSION IP-Phone SMART というサービス。
 050番号を付与してくれるIP電話サービスだが、基本料、登録料、留守番電話サービスが無料。少なくとも今現在の所は、こちらから発信しない限りは一切の費用はかからないみたい。

 契約にはメールアドレス(ここに着信通知が届く)とクレジットカードが必要。
 契約し開通したら(申し込みから開通するまで最長60分かかると案内されているが、俺の場合は15分程度で開通した)、通話に使うつもりはないので、マイページで「留守番電話設定」にチェックを入れ、「呼出時間」を即時に、「着信メール通知+録音デーファイル添付」をチェック。俺はメール送信後データ削除にもチェックした。10件溜まると録音できなくなるそうなので。

 次にMy SoftBankで上記IP-Phone SMARTの番号へ転送設定をすればいい。俺は20秒で転送にした。このくらいが無難だろう。
 なぜかiPhoneからのMy SoftBankだと転送設定終了確認ボタンが押せず完了できなかったので、Macでアクセスした。

 着信通知がメールで送られてくるし、留守番電話のメッセージがあった場合は、それを音声ファイル(WAV)で添付してくれる。いちいち留守番センターへ行きキー操作で再生したり削除したりという面倒なことをしないで済む。
 送られてきた音声ファイルはクリアでとても良い。
 ただ、強いて言えばひとつ難点が。この音声ファイルを聴く時は、いわゆる留守番センターの声を電話越しに聴くのではなく、メール添付の音声ファイルの再生になる。はい、iPhoneで音楽を聴く時の事を思っていただきたい。イヤホンを挿していないとiPhoneのスピーカからメッセージがダダ漏れになる。ミュートしていれば聴こえない。外ではイヤホン必須という事を心得てさえいれば、良好なサービスだと思う。

 ソフトバンクの留守番電話サービスは300円/月。年間で3600円の経費節約になる。
 ありがたいことです。


iPhoneの「ヘルスケア」アプリで日毎の集計が参照できるようになっていた

 先日Apple Watchを購入したこともあり、久しぶりにiPhoneの「ヘルスケア」アプリの設定関係をあれこれいじっていたら、データの日付毎集計が確認できるようになっていた。これ、iOS9から?
 各項目内の「データを共有」を選択し、その画面で「データソース」欄からiPhoneや接続されているデバイスを選ぶと、日付毎の集計リストが表示される。
 この部分が、今までは「すべてのデータを表示」くらいしかなかったと思うのだが。
 日毎の集計はアプリやデバイス毎にしかできないけれども、普通は使用しているのはせいぜい数個だろう。俺の場合はiPhoneとWatchだけなので、その2つの数値を合計すればいい。以前の細かいリストからの集計——とてもやろうとは思わない——とは雲泥の差で便利。


iTunesに読込んだCDがiPhone上だと変にアルバム分割されて困っている

 かなりモヤモヤしている。

 先月くらいからかな。iTunesにCDを読込んでiTunesMatchに同期。そしてiPhoneで聴くと、そのCDが「アルバム」として分割されて表示されるのがいくつかある。
 CD読込みなどライブラリ本体を置いてあるMacBook Proのライブラリ上では、「アーティスト」や「アルバムアーティスト」及びそれぞれの「読み」は全て同じ。MacのiTunes上でアルバム収録曲を選択して一括入力したりと何度も確認しているので間違いない。コンピレーションアルバムでもない。

 ネット検索しても、「コンピレーションアルバムやゲストアーティストが多く、曲毎に「アーティスト」欄が違うと別アルバムになるので、その場合は「コンピレーションの一部」にチェックを入れる」とか「アルバム名に[disk1] [disk2]などと付記されていると別アルバム扱い」とかいう情報しか見つからない。
 いや、そんな初歩的な事は解っているし、コンピレーションアルバムでもない。一応——コンピレーションアルバムではないが——「コンピレーションの一部」をチェックしても、iPhone上ではアルバムが分割されたままだ。

 前述のMacBook Proのライブラリを元にしたiTunesMatchに、同じアカウントでアクセスしている別のMacBook上のiTunesでは問題なし。同じアカウントなのにiPhoneとiPadでは、特定のアルバムが分割されてしまう。しかもiPhoneとiPadで違う分割のされかたで一貫性がない。

 消極的な対処法でしかないのだけれど、どうしてもiOSのミュージックアプリ上では変に分割されてしまうアルバムは、とりあえずその収録曲を選択してアルバムと同じ名前のプレイリストを作っている。このプレイリストを再生すれば、実質、アルバムを再生するのとほぼ同じ。
 さすがにプレイリストの中身までは、iPhone上でも勝手に分割はされないようだ()。

 どうもiTunesを 12.1.2にアップデートして以降に読込んだCDでこの現象が起きている不具合って感じだな。iTunesジェダイマスターである俺様が解決策を見つけられないんだから、iTunesかiTunesMatchかの不具合と断定してしまう。
 もうね、こういう現象ってかなりイライラする性分なのよね。まったく。
 早急に改善して欲しい。iTunesMatchは年間契約の有料サービスなんだしな!


iPhone 6

 毎年恒例(笑)のiPhone機種変更。
 ソフトバンクで9月12日のオンライン予約開始直後16:07に予約完了したものの、なかなか本申込み案内メールが届かずモヤモヤして待っていたが、発売日前日の19日にやっと本申込み。で、今日の午前中に届いた。

20140921_iphone6_1

 購入したのはiPhone 6 スペースグレー128GB。箱は今回は、真っ白でロゴは「iPhone」とだけ。かなりシンプル。

20140921_iphone6_2

 アクティベート。こんにちは。
 なぜか復元(バックアップから戻す)がうまくいかず3回も失敗。初期不良か? と思ったが、4回目でやっと成功した。

20140921_iphone6_3

 画面が5sの1136×640ピクセルよりちょっと大きくなって1334×750ピクセルになり、6対応ではないアプリは拡大表示になるので、老眼には見やすくていいわ(笑)
 本当はケース無しで使いたいんだけど、カメラレンズが出っ張っていて平らに置けないようなので、それを改称するために透明ケースを装着した。
 デザインに関しては後退したと言わざるを得ない。

 2年前のiPhone 5(64GB)を、中古業者に買取ってもらったら31,000円になった。結構な値段。5sの分割残債に充てられる。