ドラマ「東京タワー」を観た

 夏放送予定だったのが、諸般の事情により今日になった作品。
 それはさておき。

 まず、予想どおり、やばい。
 泣いた。滅多にテレビドラマで涙流さないのだが。

 いやいや、リリー・フランキーさんって昭和40年代前半生まれってことで、俺と同年代。
 結末は分かり切っている作品なんだけども、無頼漢なおやじと、無邪気で人気者のおふくろってのもそっくりで。大きく違うのは、うちの場合、おやじが癌で亡くなりおふくろは健在という事。

 正直いって大味な内容のドラマだったけど、俺はピンポイントでやられたクチですな。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー

扶桑社 2005-06-28
売り上げランキング : 31
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9919/trackback

ドラマ「東京タワー」を観た” への5件のコメント

  1. 私も ズビズビしながら見てました。
    原作読んでるから ここで来るぞ、ってわかってるんだけど ダメね。
    ちょっと中学〜高校〜大学部分が飛ばされていたけど
    (この部分 かなり面白い)
    だんだん「おかん」が大好きになってる自分(笑)

    大泉洋 ピッタリだったね。

  2. す〜ちゃん江
     なんか、感動とは違う感じで泣けました。
     そうか、やっぱり学生時代あたりは大幅に端折られてたんですか。多感な頃の親との係わり合いって、その後の人生にモロに影響与えますから、面白そうですね。
     原作も読んでみたくなりました。

     大泉さんの「抑えた演技」は久し振りに見ました(笑)。

  3. ボクも番宣を見てかなり見たいなぁと思ってたんですけど…飲み会で見逃しました。ビデオセットすることも出来なくって…。かなり残念。本を読む気力はないし、、、まわりでだれかビデオ撮ってないかな…。

  4. ka2-yukiさん江
     見逃しましたか!
     すぐにDVD化されるでしょう。そしたらレンタルでもぜひ見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください