ドラマ「セーラー服と機関銃」第1話を観た

 ネームバリューにおんぶしている感はあるけども、まずは、単純に楽しめる作品になっていたので、期待して待っていた身としては、一安心。

 目高組組員が、なんか倍の人数(といっても5人)に増えてる。でも、設定を2006年にしたことと合わせて、各組員のキャラも明確に特徴付けされていたと思う。
 堤真一さんは、やっぱり上手いよなぁ。かつて渡瀬恒彦さんが演じた佐久間の雰囲気もキッチリと再現しているし。

 あと、うちのすぐ近所が出てきたので、びっくり。
 家から徒歩5分の所でロケやってたのかよ!

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9851/trackback

2 thoughts on “ドラマ「セーラー服と機関銃」第1話を観た

  1. 予想とは違って面白かったですね。
    薬師丸ひろ子が渡瀬恒彦にキスしたように
    長澤ちゃんにもあるのかなんてドキドキしてますがw

    けどもう何度も書いてますけど
    東京の河は本当に絵になりますね。

  2. somedayさん江
     泉が組長になるまでの描写が丁寧で、よかったですね。ドラマ版ならではのキャラの立て方もちゃんとやってくれてるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください