MG ギャン 製作(1)

 初回出荷早々に購入だけはしてあった、MG ギャンを、今日から組みはじめる。

 今日は、右足のフレームを組立てた。
 

 前回作ったZガンダムver.2と比べると、パーツ構成はシンプル。
 全体的にもMGとしてはパーツ数は少なめ。

 でも、フレームだしね。完成すれば外装に覆われてほとんど見えなくなる部分だし。考えようによっては、コストダウンと組みやすさが増したということで、もちろん悪い事ではない。
 たとえば、足首のすぐ上には、MG恒例?のシリンダーが見えるが、このギャンは、そこが可動せず、下腿フレームに一体成型されたモールドとして処理されている。
20060628_mg-gyan2.jpg

 その代わり、つま先に可動点が2つもある!
 すげー。
 これが、完成した時にうまくアクションポーズを決めるポイントになるのだろうか。楽しみだ。

1/100 MG YMS-15ギャン 1/100 MG YMS-15ギャン

バンダイ 2006-06-01
売り上げランキング : 4373

Amazonで詳しく見る by G-Tools


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9604/trackback

2 thoughts on “MG ギャン 製作(1)

  1. HGUC版にくらべてガッシリとした体系なのがいいっすね。
    HGUC版ver.2が出ないかなっと…

  2. somedayさん江
     HGUCはどれもスマートなスタイルにリファインされてますよね。
     MGギャンは外装にスジ彫なども少なくて、アニメ劇中のイメージもありますよ。
     HGUCのVer.2……かなり無理なリクエストかと(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください