長野温泉オフの記録(3)完

 29日(2日目)

 8時。部屋の電話が鳴り、目を覚ます。
 二日酔いというほどではないが、身体がだるい。そのまま布団の中でうずくまっていたら、誰かが「朝飯ですよ」と迎えに来てくれた。
 その声に、窓際に寝ていたgenさんが起き上がった。が、具合が悪そうだ(笑)。

 チェックアウトは10時なので、朝飯の後、部屋でテレビを見て、だらだらと過ごす。
 おっさん数人を含む男約10人が魚河岸のマグロのごとく転がって皆でプリキュアを見ている図ってのは、どうよ?

 チェックアウト後、車は宿の駐車場におかせてもらって、朝の温泉街を少し散策。
 途中、高台の神社へ登る長い階段があったが、酒臭くてダルダルの連中を尻目に、果敢に駆け上がる二人がいた。あるてぃさんとマンガーさんだ。
 いやぁ、10年の歳の差もなんのその、張り合ってがんばる、おっさん代表・マンガーさんは、マジでかっちょよかった!

 昼食と土産屋のために、蔵作りの町・小布施に移動。
 昨夜の酒が残っている人も多いので、蕎麦屋に入った。男性の多くはざるそば大盛りを注文。凄い量で、やっとの思いで完食。
 ちなみにマンガーさんは、この大ざるに焼きおにぎりも注文していた(笑)。

 食事の後、自由行動で各自土産を買ったりして凄くと、いよいよ帰路に出発。
 ロバ子さんの挨拶により、温泉オフ会終了、解散。
 翌日東京で用事があるというgenさん(まだ体調復活していない)が関東チームのknockさんの車に移り、関西チームとは、高速に乗ったらすぐ別れるため、ここでお別れになる。
 また逢いましょう!

 横川で、くろおびさん、knockさんと別れ、genさん、マンガーさんがすぬお。さんの車に移り、ラストスパート。帰りは途中で事故渋滞に見舞われたものの、伊集院光さんのラジオ番組を聴きつつ(俺は半分寝てたが)、18時過ぎには平和台まで帰ってきた。
 すぬお。さん、てりこさん、送り迎え、有り難うございました。
 俺とマンガーさんgenさんは地下鉄に乗った。ホームで新宿へ向かうお二人とも別れの挨拶。

 19時30分、帰宅。

 幹事のロバ子さん、運転をしてくれた方々をはじめ、参加者のみなさん。とても楽しいオフ会にご一緒させていただいた事、本当に感謝いたします。
 ありがとうございました。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9535/trackback

6 thoughts on “長野温泉オフの記録(3)完

  1. オフ会お疲れ様でした。

    えっ!!マンガーさん大盛りの上に焼きおにぎり頼んでたのですか?

    漢だ!!

    実はこの蕎麦屋、以前に来た事があったのですが、今回あの大盛りが来るまでアノ量である事をすっかり忘れていました(爆)

  2.  えぇ、マンガーさんは、間違いなく漢です。
     でも、注文した時に、店員さんに「並でもあの量があるんですけど?」と言われてました(他のお客さんに運ばれた並ざるを指して)。
     最初は意味が解らなかったけど、運ばれてきた大盛りを見て、すぐに納得しました(笑)。

  3. 参加された皆さんの写真が見たいですよ、各地のエントリーを読んでると。

  4. 少佐さん江
     俺が撮った写真で公開できるのは記事中に掲載したやつくらいです。
     皆さんの写真って、顔ですか?
     んー。プライバシー保護と肖像権の問題から、ブログには掲載できません。

  5. 温泉オフ会の感想

    どうも、温泉オフ以降ハンドルネームの由来が誤解されてるようで(≡д≡)でもテリーマンも嫌いじゃないから別にいいかなーと思い始めてたりしてw今回のは感想だけにとどめようかなぁ〜。だって、みんな細部にわたって説明してくださってるからいまさら私が言うこと何にもな�

  6. 長野オフ〜その2〜

    大阪組との合流地点に早々と到着した関東組 待ち合わせの時間まで随分と時間があった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください