遂にクリエが終局を迎える

 ソニー、クリエの新機種投入を終了(PC Watch 2005.02.22)

 そろそろ来るかと思って、覚悟はしていたんだけど、遂に正式発表されちゃった。
 ソニーのPalmOSベースのPDA、CLIE(クリエ)は、VZ90をもって終了。今後新機種はでず、現行機種の生産も7月まで。
 1999年にPamlデバイスに惚れてIBMのWorkPadを購入し、その次にCLIEのPEG-740C、ついでPEG-NX60と買い替えた。特にNX60は、もう2年以上使っていて、気に入っている。年末から若干不調ぎみなんだけど、なんとか使えているので、これが無起動になるまではもう少し使うつもり。
 んー、しかしCLIEが市場から消えるのは寂しいなぁ。
 PalmOSは、使いやすいんだよね。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9360/trackback

8 thoughts on “遂にクリエが終局を迎える

  1. 最初にZaurusからPalmに乗り換えたときには、その速さに感動しました。
    それ以来、graffty入力から離れられません。
    ちなみに私のPalm歴は、こんなんです。
    PalmPilot(US robotics製) -> Visor -> m505(現在)

  2. そうですかさん江
     実はPalmの前は、あの伝説のApple Newtonを使っていたんですよ。そのNewtonにも通じるものがあって、さらにPalmOSは軽快で、まぁまぁの妥協点でまとまっているんで、離れられないですよね。
     最近、Linuxなザウルスにも惹かれるんですけど、やっぱりクリエの方がいいです。

  3. そのりなざうも終息の気配が出て来てますからねぇ。
    未だにあのCLIEのまま、Newtonのメモリカードも未だ読み出せぬまま。

    EinsteinにはMP130エミュとPCCardエミュができるようになることを期待してます。

  4. Clie死亡遊戯

     ほ〜っ、ほあっ! ほあ〜ちゃちゃちゃぁ〜!! Clieはすでに死んでいる(リーじゃなかった)。 おっす! オラSONY! Clieにはびっくりしたぞぉー。全然儲からないんだもんな! じゃっ、Palmデバイスビジネスも止めるとすっかぁー。PSPもヨロシクな!!

  5. Newton! イカす!!
    Appleの黒歴史ですね。
    PalmOSはMacのデスクトップを参考にして開発したって創業者のおっさんがいってました。

    SONYの失敗はClieで大きく儲けようとしたことじゃないでしょうか。
    Palmはじっくりとユーザの手で広まってきたんですし。

    ともあれ、Palmは健在なんで、僕はPalmを応援していきます

  6. Koningさん江
     お。こちらでは初めましてですよね?(笑)
     まぁあのCLIEを使ってますか。
     俺のNX60は、未使用新古品を購入したんですが、2年間で、何度も自由落下耐久テストをやってしまいましたからねぇ(不本意に(笑))。
     それに、そろそろバッテリーもへたっているでしょうし。

    amerioさん江
     Newtonは、Appleの黒歴史ですか。ジョブズによって封印されたんですな(笑)。
     もちろんPalmが好きなんですけど、中でもCLIEのNX60前後が最強だと思うんですよね。
     確かに、ソニーはCLIEにVAIOのミニチュア版を期待したのかもしれませんね。
     まぁ、Palmはなんだかんだといっても8年近く、デバイスを市場に送り続けていますからね。これは凄いことですよ。

  7. あ、そうですね(笑)>こちらでは初らしいです。
    ウチのも落下テストは数限りなく。まぁ、Newtonも含めて落下テストの雨霰でよくぞ生きてるもんだと。

    しかし、バッテリのへたれは深刻で、ホストマシンのHDDがすっ飛んで入れ替える時にデータすっ飛ばしてしまいましたよ。
    なんてこったい!って感じです。

    こうやってデータ無くしてくんですよね。いやはや。

  8. Koningさん江
     落下テストの餌食になるのは、PDAの宿命でしょうな(笑)。
     で、こにさんは、ブログやらんのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください