MG Zガンダムver.2.0製作(1)

 恒例行事の年越しガンプラ。
 今年は、当然のようにZガンダムver.2.0をチョイス。
[写真クリックで拡大]
 相変わらず、無塗装素組派。
 昨日から始めて、2日間(実作業約5時間)で、両足と腰まで。
 普通は、一端組み上げてから全身の表面処理をしているが、今回は、パーツをランナーから切り出す度に、その都度表面処理(ペーパーがけと荒目コンパウンド磨き)、部分塗装を施しているため、組み上がるまでの時間はかかる。

 今のところ、ヒケも少なくて、表面処理も楽。パーツ分割も考えられていて、合せ目は皆無というのがウリで、組立て説明書を眺めたところ、確かにそのとおりらしい。
 合せ目じゃないけど、膝の下というか、外装のスネ前面というか、そこにある縦のパーティングラインが目立つので、せっかくだから消してやろう。無塗装なので、丁寧にヤスってペーパーがけして、微細コンパウンドまで施す。

 可動やポーズ保持も素晴らしい。それは、完成後の最終報告にて。

Tag(s) [ガンダム]


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9256/trackback

5 thoughts on “MG Zガンダムver.2.0製作(1)

  1.  かっちょいいです。お写真からもゼータの鼓動が聞こえますです。

     写真を見ても思ったんですが、無塗装でもかなりな完成度ですな。
     しかも合わせ目が見えないと?
     すげぇなあ。最近のガンプラはものすごく考えられてますなぁ。ウェイブシューターという黒歴史がウソのようだ(笑)。

     今回のゼータ、僕も買いたくなってきました。
    ( ̄▽ ̄)

  2. ろぷさん江
     エッジが立っていて面構成がハッキリしてるので、写真映りがいいです。
     組立てやすいし、かっちょいいし、お薦めですよ。ろぷさんもぜひ組んでみてください。

     ウェーブシューターなHGは早く絶版にしてほしいですね。

  3. >合せ目は皆無
    すげー!挑んでみてー!
    リリース以前はHGUCのダウンサイジングじゃないかと賛否両論でしたけど
    意外に大好評みたいですね。モデグラ誌では120点をあげてましたよ。

    てなわけで僕も年越しガンプラに挑みます。
    お互い楽しみませう♪

  4. 写真を拡大しました。かっこいいっす!
    色塗りしないで済むのがかなり魅力的ですが、まったく作ったことのない俺には難関なのでしょうね。
    初級者向けで無塗装っていうとどんなのがあるんでしょ?
    こんど教えてください!

  5. somedayさん江
     完全変形のベストプロポーションが、普通に組立てるだけで手にできるってのは、ウェーブシューターの時代には考えられなかったろうなぁ(笑)。
     HGUCもかっちょいいですよね。

    マンガーさん江
     1/144のHGCUシリーズとか、いいかも。組み上がったらお子さんにあげるとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください