日本のおばあちゃん

 去る12月4日、原ひさ子さんが亡くなった。

 俺が子供の頃から、おばあちゃん役で映画やテレビで見て、まるでご近所のおばあちゃんのような気分で、原さんが画面にでると、言い表せぬ安心感を得られた。

 ドラえもんの「おばあちゃんの思い出」って作品があって、俺は昔から機会ある毎に周囲に言っていたんだけど、それに登場するのび太のおばあちゃんが、もろに原さんなんだよな。
 今後この作品を見る事があったら、ますます泣いてしまいそうだ。

 ご冥福をお祈りします。

 ねこぱんち!
ひとりごとの尾頭付き:原 ひさ子さん 死去。。。

映画おばあちゃんの思い出/ザ・ドラえもんズドキドキ機関車大暴走/21エモン宇宙いけ!
藤子・F・不二雄 大山のぶ代 中尾隆聖
B0001DD2JM

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9210/trackback

3 thoughts on “日本のおばあちゃん

  1. はじめまして。

    僕も「おばあちゃんの思い出」大好きです!
    自分の祖母を思い出します。
    アレを観ると祖母に対して優しくしよう、といつも思います。

  2. ああ、「おばあちゃんの思い出」と「さよならドラえもん」は名作ですよね。
    「おばあちゃんの思い出」で、のび太のパパが、おばあちゃんである母親に部長の悪口とかいって泣きつくシーンとかを子供のころ読んで、大人も大変なんだなあって思った記憶があります。
    たしかに原ひさ子さん似てますね。
    ご冥福をお祈りします。

  3. まいたけさん江
     名作ですよね。
     お祖母様を大切にしてください。

    マンガーさん江
     そういうシーンもありましたね。
     あと、未来ののび太がドラえもんの制止を振り切っておばあちゃんに「信じられないかもしれないけど、のび太です」と話しかけてしまうと、「のびちゃんの言うことだもの、疑うわけないじゃないですか」と笑う所。何度みても泣いちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください