HGUCアッシマー制作経過

 HGUCアッシマーの素組と表面処理が完了。
 劇中のイメージよりスリムな印象だが、素早い変形による飛行・奇襲用の可変MSという雰囲気はアップしているので、これはこれでいいんじゃないかな。
 っていうか、このナイスなプロポーションから差し替え無しで飛行形態へ完全変形するってのは、実際に手に取ってみると、感動物だ。
 1/144のガンプラで完全変形アッシマーがリリースされるなんてのはファンの悲願だったからね。
 ディスプレイスタンドも付属するので、様々なポージングが可能。
 ひとつ気になったのは、肩をボディに取り付けるポリキャップが若干緩いという点。
 ライフルを持たせた右腕を肩から水平に上げると、30秒程度しか保持できず、30度くらいまで下がってしまう。ボディ側の軸に微量の木工用ボンドを付けてから接続してみた。
 この緩みは個体差の範囲内かもしれないけど、右腕はよく動かす部位なので、残念だ。
 しかし、まぁ、総体的には素晴らしいキットだ。
 明日以降、ガンダムマーカーでゲート跡等のリタッチとポイント塗装、墨入れをして、完成。
 おまけ写真。「劇場版・星を継ぐ者」での活躍シーン風のアングルで撮ってみた。
 気分はブラン・ブルターク。

B0009WFSZ6 HGUC 1/144 アッシマー

バンダイ
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8884/trackback

3 thoughts on “HGUCアッシマー制作経過

  1. ビームサーベルを装備してないのが玉に瑕ですが、空中戦のアッシマーはカッコよかったです(劇場に足を運んでないのでTVだけど)。
    バズーカの散弾の描写、好きでした。

  2. モノアイが光って見えるのは気のせいですか?
    完全変形、やっぱスゴイです。

  3. 少佐さん江
     空中戦、かっちょいいっすよね。
     劇場版だと綺麗な画で、スピード感もアップしてて、感動しますよ。

    genさん江
     モノアイは毎度付属の光沢シールを貼ってます。デジカメのフラッシュが反射したんでしょう。言われてみれば3枚目の写真のモノアイは、発光しているっぽいですね。
     完全変形は、真ん丸じゃなく、楕円なんですけど、違和感のないアレンジです。さすがカトキ氏!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください