気分はヒビキさん

 嫁さんと、秋葉原へ買い物にいった。
 注文した商品のセットアップに30分程度時間がかかるというので、その間お茶でも飲んで待つか、ということになった。
 で、交通博物館の裏手にある、甘味屋「竹むら」に行く。
 昭和初期のままの建物で、東京都から保護指定を受けている。
 入り口を通る時に、「おやっさん、いる?」とか言いそうになった。
 気分はヒビキさんな俺。
(この店は、よくドラマにも登場してて、最近では「仮面ライダー響鬼」で、柴又の団子屋「たちばな」としてロケに使われている)

 ちょっと高級な甘味屋さん。でも、気兼ねなく入れる雰囲気は、さすが下町。ここから歩いて数分のところには、銭形の親分がいたしな(謎)。
 席につくなり、
「あの階段の途中に忍び返しがあるんだよな」
「おやっさんはいないの?」
「厨房の奥から、猛士事務局へいけるんだよ」
 などと、怪しい会話をかわす、我ら夫婦。

 やっぱり、事務局への入り口は極秘らしいね。発見できなかった(笑)。

 あ!
 俺は「田舎しるこ」、嫁さんは「粟ぜんざい」を注文した。
 しつこい甘さじゃなく、美味しかった。
 子供たちへの土産に、「揚げまんじゅう」も買った。
 まんじゅうの天ぷらって感じなんだけど、これも絶品。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8882/trackback

7 thoughts on “気分はヒビキさん

  1. お、おお・・・!
    すごーい!
    ロケとして使ってるってことはそりゃまぁ実物として存在してるってことだろうけども、まさかまさか。
    いいですねぇ。
    私も行ってみたいですわ。

  2. 奥方のブログで どこにあるのかな?と思い
    びとさんのところで解明(笑)
    街中にあるなんて思えない
    風情のある建物だね。

  3. あげまんじゅうは、かなり好物ですね。
    ここで出してるんですか。
    中華のチーマーカオ、東京のあげまんじゅう、和菓子風アンドーナツ、とにかく揚げてあるあんこものは好きですね。
    ええ、糖尿ですよ。

  4. あるてぃさん江
     外観だけじゃなく店内もドラマで使われているようですね。見覚えのあるレイアウトでした。

    す〜ちゃん江
     神田には、こういう古い建物の小料理屋とか蕎麦屋とかが何軒もありますし、丸の内や八重洲方面に歩いていくと、洋風建築や復元建築が点在してます。
     もしも建築探検の類いに興味がおありでしたら、ぜひ散策してみてください。

    すしバーさん江
     じゃぁ、今度上京する機会がありましたら、ご案内しましょう。
     汁粉も美味かったです。
     糖尿でも大丈夫なんですか?

  5. あー!マジであの店っすか!
    つーかセットじゃないんだ!ひゃー!
    ところで神戸みゆきたんはいましたか?

  6. somedayさん江
     えぇ、セットじゃないんです。
     度々前を通ってはいたんですけど、実は入ったのは初めてだったんですけども。
     度々ドラマに登場しているのも東京では有名です。
     神戸さんはいませんでした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください