エスカレーターの片側に…っての「マナー」か!?

 日本沈没地図「あなたの地方、エスカレーターを歩くのは右側・左側どっち?」 に、ねこぱんち。

 エスカレーターに乗って整列する側。主に関東では左、関西では右。
 では、その境界はどの県か? それを探ろうというのが、「日本沈没地図」の今回のお題。
 実は、去年、同様のネタを、「トリビアの泉」の「トリビアの種」コーナーに投稿した事がある。没になったらしいけど(笑)。

 でね、今ではそれをちょっとばかり反省しているんだ。
 今でも、この境がどこなのか気になるし、たぶん、俺は今後もずっと、不都合がない時は左側に乗り、歩いて追い越す時には右側を上り下りするだろうと思う。
 じゃ何を反省しているかというと、片側に並ぶのがマナーだと思っていた事と、トリビアに投稿した事。

 去年末に右足を骨折して、まぁ、しばらくしてPTB装具を着けて片松葉杖で外出できるようになった時に、上記の反省をしたんだけどね。
 右足骨折の場合は、左手に松葉杖を突いて歩くんで、つまり、エスカレーターのベルトは右手で持つわけだ。東京の「マナー」とは逆だよ。
 こっちは怪我人。好きで右側に居るんじゃねーよ、と思ったし、まぁ、これだけ目立つ格好だからぶつかってくる人もいなかったけど、通勤中なんかはラッシュな訳で、流れを妨げている状態に、気まずさや申し訳なさを感じた。
 時期を前後して、エスカレーター内や回転ドアでの事故が何度も続いてた事もあり、「こんなのマナーじゃない。強いて言えば集団的習慣だ」と痛感した。
 まさに「身をもって気づいた」の典型かな。

 ってことで、誤解を恐れずに書けば、エスカレーターで片側に寄る事は、別に悪いこととは思わないけど、決してマナーではない(迷惑にならないなら、今まで通りの慣例で結構)。でも、事故を起こすような事は絶対にしちゃいけない。当たり前だけどね。
 ましてや、マスメディアがおもしろおかしくとりあげるネタとしては不適切なように思う(だからトリビアで没になったのかなぁ)。
 このお題、せめて「並ぶのはどっち?」にしてればよかったのに。まぁ、そういう問題でもないけど。

 OCNさんへ。今回の「日本沈没地図」のお題を決めてくれた方々へ。こういう意見を思い出す機会をくれてありがとう。って意味ではホント感謝してます。:-P

関連
ブログ人からのお知らせ: 沈没地図の新お題「あなたの地方、エスカレーターを歩く人は右側・左側どっち?」

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8864/trackback

6 thoughts on “エスカレーターの片側に…っての「マナー」か!?

  1. なるほどぉ…
    まさに「身をもって」ですな。
    っていうか、頭でしか考えたことの無い僕には実感を持って「リアルに」考える事は出来ないんだろうなぁ…

    風習、習慣、常識…
    これら「暗黙の了解」って、普通に暮らす分には合った方が絶対便利ですよね。イチイチ決めてたらラチがあかないし。
    んでもそれってあくまで「他人に迷惑をかけないため」ってのが一番底にあって始めて機能するんですよねぇ。

    もしも…
    びといん氏のようにケガという、仕方の無い理由がある場合でも「マナーがなってない」って言う扱いになると…

    正直、ちょっと怖い社会ですよね。
    手段が目的になっちゃってる。

    …うーん、イロイロ考えちゃいました。

  2. ろぷさん江
     そうですね。おっしゃるとおりです。
     記事中にも書きましたが、「暗黙の了解」はあっても良いんですよ。迷惑かけず安全であればね。
     まぁ、幸い、こういう事例の場合、怪我人にまで「マナーだ。片側に寄れ!」というような非道なヤツには出会ったことがないです。

  3. 沈没続出

     ブログ人、日本沈没地図お題。「エスカレーター」という最悪のお題で評判を落とし、沈没続出!と前にも書きましたが、 なにしろ、駅にエスカレータがあるか?急ぐ人…

  4. エスカレータを歩くな!

     これはどちらかといえば「歩くな!」「走るな!」と言いたい。 エスカレータの乗り場に必ずある案内にはこう書いてあるではないか。 「手すりにつかまれ」…

  5. TBありがとうございました。
    左でも右でも、「そこは歩くんだから空けておけ」というのは横暴だと思います。

  6. HOOPさん江
     まぁ状況にもよりますが、横暴とまでは思いませんです。
     ただし、マナーだとも思ってません。習慣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください