釧路旅行記2

 という事で、2日目その1。

 9日明け方4時。咽が渇いて目が覚める。寝る前に缶チューハイを2本飲んだから、余計に渇くんだな(笑)。
 トイレ行って水飲んで、ついでに窓の外を見る。視界が曇っているよ。これが、釧路の夜霧か?
 それにしても、寒い。室温20度。うへー。布団にくるまって、もうひと眠り。

 さて。釧路の2日目。
 朝食を済ませ、すしバーさんが車で迎えにきてくれるまでの1時間、ホテル前にある市役所の庭で、清々しさを満喫する。子供たちは、木の実があっただのと、どんな些細な事でも遊びにしてしまう。見るもの全てを、何らかの形に吸収するんだろうね。

 すしバーさんが迎えにきてくれると、早速出発。今日は湖めぐりだよ。
 まずは、阿寒湖へ向かう。途中で娘が少し具合悪そうだったけど、なんとか持ち堪える。昔から乗り物に弱い子なんだけど、これでもかなり大丈夫になってきたんだよ。すしバーさん、許してね。

 途中のトイレ休憩で寄ったバスターミナル。その入口に、「パンク」と大きくかかれた謎の看板があった。
 まぁ、調べたら(気掛かりを残して帰るのは嫌なので、調べたよ)、タイヤ交換など簡単な修理をする店への案内だったんだけど。

 そして、阿寒湖遊覧船へ。途中のまりも保護観察センター展示館もセット。
 本物のまりもを、初めて見たよ。ここは小規模ながら、天然まりもの誕生から死までの資料を一覧できるので、面白かった。

 土産屋に「まりもおやじ」があった。これ、やばいんじゃないの?と思ったけど、ちゃんと水木プロとの版権処理をクリアしているんだね(笑)。凄いぞ、まりもおやじ。(翌日、空港でストラップを購入してしまった)。

 遊覧船から戻ると、近くのお店「モカ」で昼食。
 俺は「モカ風スパゲティ」にオプションの「カツ乗せ」を注文。このスパゲティ、釧路独特らしい。簡単かつ乱暴に表現すれば、「オイルやタマゴをからめていないカルボナーラに野菜が一杯」という感じかな。んー、うまく言えない。とにかく、それに「カツ乗せ」。普通のトンカツが乗っているのね。
 実は、それがちょっと失敗。ボリューム大過ぎ。
 ガッツとか行っているすしバーさんお勧めのお店という事を考えるべきだった!
 でも、もちろん、すごく旨かったよ!

ねこぱんち!
釧路旅行記1(自己)
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 釧路、にわかガイドの事件簿 温泉湯煙の向こうに何が見えた?
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 釧路−阿寒観光ルート 湖に消えた女(追加2004.08.13)
ブログってなあに?: 釧路のアルバム ♪(追加2004.08.13)

※記事に一部加筆しました。(2004.08.13)

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8820/trackback

2 thoughts on “釧路旅行記2

  1. 釧路旅行記3

     2日目、8月9日の旅行記続き。  腹も一杯になった事だし、次の目的地に移動。  このころになると、子供たちも元気を取り戻している。  摩周湖方面の硫黄山へ。 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください