アリ観察1

 嫁さんの話では、昼間、ミーティング風景を観察できたとのこと。

 今現在、巣穴は、縦に約4センチ。その中央あたりで横へ分岐している。横道は、約1センチ。
 みんな、動かない。寝ているのかな。
 1匹は、縦穴の中。他の4匹は地上で。うち3匹は、寄り添っている。

 しかし、この記事のカテゴリを「ペット」とするのはどうかと思うけど、面倒なので、このままにする(笑)。

 ねこぱんち!
 →アントクアリウムを購入(自己)

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8801/trackback

3 thoughts on “アリ観察1

  1. >カテゴリを「ペット」とするのはどうかと思う

    ↑いや、立派なペットでしょう。

    んでも、気を付けてくださいね。
    友人に聞いた話では、ヤツラ、いつのまにか容器から逃げ出してたらしいです。しかも台所まで壮大なキャラバンを築いて自給自足生活を始めたもんだから、専門の業者を雇って駆除したんだとか…

    意外と頭良いらしいですよ。アリって。
    …そりゃ、まがりなりにも社会を作ってるくらいですしね。

  2. ろぷさん江
     すでに1匹逃げてます(笑)。
     最初、2.5ミリくらいの小さい種類を入れたんですが、そいつら、フタの隙間や空気穴から脱走しやがるの。
     なもんで、一旦全部を放して、新にオオクロアリを捕獲しました。今度は隙間を通れませんので、大丈夫。

     まぁ、元々我が家は、クモや虫がたくさんでるので、アリごとき、問題なしですが(笑)

  3. アリ観察2

     今日、帰宅してみると、2匹死んでいた。やはり、哀しい。合掌。  1匹は、巣穴の途中で息絶えているので、そのままにしてあるが、これ、仲間が地上へ運び出すのかなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください