おやじギャグ

「ふとんが吹っ飛んだ」
 俺はおやじギャグが好きだ。
 誰でも、一度ならず口にしたことがあるであろう、おやじギャグ。
 今までは、何気なく軽くかましていたが、このおやじギャグについて、真摯な態度(?)で取り組んでいらっしゃる方がいる。

 ひろの小部屋

 その中の「おやじぎゃぐへの誓い/おやじぎゃぐ五箇条」で、管理人のひろ氏が書かれているところによると、
 ・「老婆心」が老婆だけに使われないのと同様、おやじぎゃぐはおやじに限らない皆に与えられた共通の財産。
 ・バカウケするものはおやじぎゃぐではない。「寒さ」を与えよ。
 ・ect…
 なるほど。さらに氏は、おやじぎゃぐで人間国宝になる事を目指しているそうだ。密かに応援したい。
 まったく頭の下がる思いだ。そして、今までのおやじギャグに対する考えが間違っていた事を恥ずかしく思う(笑)。心を改めて、これからも精進していきたい(笑)。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8630/trackback

2 thoughts on “おやじギャグ

  1. そうなんだぁ… ココまで真摯なスピリッツでオヤジギャグに臨んでるサイトがあったとはしりませんでした。

    もちブクマ登録いたしました。

    日々、精進ですナ♪

    どいつがドイツ人だ?

  2. ろぷさん江

     おやじギャグは、立派な文化なんですよ。

     俺も、日々精進してますよ。

     昨夜は少し体調が悪かったのですが、「意外と胃が痛い」と一発披露し、娘(中1)に寒さを与えてやりました。大成功です。

     体はってます!

     供に頑張りましょう。ジーク・おやじギャグ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください