2002/11/10

午前中、子供たちの小学校の公開授業を参観。
その後駅前のラーメン屋で、嫁さんと昼食(子供たちは給食があった。振替で火曜日が休み)をとり、その足で実家方面へ。
おふくろと待合せをして、親父の入院している病院へ。
急を要する状態でないので、まずは安心した。
「今週、風邪程度だと思って、無理しちゃったからな」と、親父。
「歳なんだから、たとえ風邪だけでも、用心しなければだめだろう」
「うん。でも、来てくれて、元気が出たよ」そう言いながら、腕の、点滴の繋がったあたりを隠す親父。
「まあな。生きているうちに顔見とかないと、後で後悔するかもしれないと思って、来たよ。せっかくの休みに。間に合ってよかったよ」親父の腕は見ないふりをして、笑いながら答えた。
「大丈夫だよ。迷惑かけねーよ。迎えが来たら、ひとりでそれについていって、ひっそりと山奥で朽ちるぜ」親父も反論して笑う。
「そうか。そりゃ助かる。でも、行く前に知らせろよ。俗世間では、色々な手続きが必要だからね。そういう面倒かけないためにも、親父だけ簡単に行くなよ」
「そうだな。俺は憎まれっこだから、まだまだ世にはばかるよ」
「うん。遠慮せず、面倒かけろよな、できることはするから」
矛盾だらけの会話だった。
まったく、親父と長男の会話って、素直じゃないね。
しかし、俺が帰る時に、ぼそっと「お前が顔を見せてくれるんなら、時々入院するのもいいかな」と言った親父の言葉は、何とも……。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8151/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください