いなり、まどろむ

 5月の時候の挨拶に「軽暑の候」というのがあるが、東京はすでに結構な暑さ。
 いなりは、大好きな和室の腰窓でまどろんでいる。窓でまどろむ(おやじギャグ)。
20130505_inari_1
 気持ちよさそうだな。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/13534/trackback

2 thoughts on “いなり、まどろむ

  1. ぽちさん江
     いなりが乗るのにちょうどいい幅なんで、お気に入りです。
     仕事中にこの姿をみてしまうと、自分まで昼寝したくなっていかんです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください