iOS5.1アップデート

 日本時間の本日3.8未明、新しいiPadとiOS5.1アップデートが発表されたね。
 iPadは、そんなに物欲が湧かないんだけども(現在、iPad2 Wi-F 32GBを所有)、iOS5.1は待望のアップデート。

 その内容は、アップデート時のダイアログ表示によれば、下記の項目。

このアップデートには、次のような機能向上とバグ修正が含まれています:

•Siriで日本語をサポートします(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合があります。)
•フォトストリームから写真を削除できるようになりました
•iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになりました
•カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるようになりました
•iPad用のカメラAppを再設計しました
•iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
•iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化しました
•再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
•KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加しました
•バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました
•発信側の音声が途切れることがある問題を修正しました

 まさに「改善を待ち望んでいたよ!」という項目ばかり。

 帰宅して早速アップデート。先の5.0から、Mac/PC無しでもiOSデバイスのクラウドバックアップや無線LANによる単独アップデートに対応しているんだけど、速度なんかを考慮して、愛機 MacBook Pro にUSB接続して——iTunesを起動し——バックアップの後にアップデート。
 iPhone4S、iPad2ともに、難なくアップデート完了。

 上記のアップデートによる公式項目は、ほぼ満足できるもの。
 あと、動作がキビキビした印象。これはアップデート時にキャッシュとかが再構築されたからかもしれないけども、OSアップデート後に早くなったと感じるのは、プラシーボ効果だとしても悪くはないだろう(笑)。

 日本語対応を楽しみにしていた、音声入出力アシスタント“Siri”、これは、色々な意味で素晴らしい。実用的であり、遊び相手でもあり(笑)。

20120308_siri2
 あ、細かい事では、ロック画面からワンステップでカメラが起動できるようになった。これはすげー便利。
 それと、ほぼ毎日音楽を聞きながら寝る時に使っている、時計>タイマーの「タイマー終了時」内の「iPodをスリープ」が「再生停止」に表記変更。5.0で「iPod」アプリの名前が「ミュージック」に変わって時に、タイマーには「iPod」が残っていたのでちょっと気になってはいたんだが、今回、ちゃんと整合性がとられたのね。
20120308_timer
 バッテリ関係と、通話中に音声がスピーカーフォンから聴こえない事がある不具合については、もう少し様子見。アップデート後数時間の状況では、不具合の再発はないけどね。
 ちゃんと改善されているといいな。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/12610/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください