達者でな

 東京ガスのCM。妻夫木聡さんの部屋に歴史上の有名人が訪れる(洋服タンスがタイムマシンになってる)シリーズ、特に信長編が大好き。
 その信長編も、今の第3回が最終回。

「腹減った〜何か作ってよ」と、相変わらずの脳天気さでタンスから登場した信長(ピエール瀧さん)。で、料理を食べて満足した後。
「じゃあな。本能寺に戻るわ」
「え?どこですって?」
「本能寺」
「そこには戻らない方が……」
 心配そうな妻夫木さんの声をあえて無視するかのように、明るく「これ、お前にやるよ!」と印籠(?)を渡す信長。プリクラシールが貼ってある(笑)。
「達者でな!」
「……達者でな……」
 つぶやきながら見送る妻夫木さん。

 んー、泣ける。
 これ、名作CMだと思うぞ。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10758/trackback

3 thoughts on “達者でな

  1. これね〜、毎回、見るたびに「行っちゃダメ!」ってテレビに向かって呟いちゃいます。
    でも、行っちゃうんですね。後に残る切なさが、何とも言えません。

    おっしゃる通り、名作だと思います。

  2. 缶ピースさん江
     大和田さんはマルコ・ポーロに似合わなかったですね。

    sugarさん江
     やっぱり「言っちゃだめ!」って呟きたくなりますか! ピエール瀧さんがまた絶妙な味をだしてくれるんですよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください