スペシャルドラマ「必殺仕事人2007」を観た

 だいぶ前の制作発表以来楽しみにしていた、15年ぶりの「必殺」が放送された。
 発表当初から、主水も登場するがジャニーズのタレントが主演とされていたので過度の期待はせずに観たが、なかなか良かった。
 単発スペシャルということもあるのだろうけども、旧テレビのシリーズ後半みたいに、仕事人がやたら多くなって散漫になったのとは違い、メイン仕事人の3人の背景なんかも簡単かつ明瞭に表現してくれてたね。

 主演の同心役に東山紀之さん。藤田まことさん演じる中村主水が町回りから書庫番へ異動になり、その後任ってことで、ポジションも設定も主水。殺し技も主水同様に刀。
 毒を仕込んだ筆が武器の絵師役にTOKIOの松岡昌宏さん。絵草紙屋の正八(火野正平さん)と三味線屋勇次(中条きよしさん)や組紐屋竜(京本政樹さん)が混ざった感じ。
 からくり玩具職人役で、関ジャニ∞の大倉忠義さん。こちらはカンザシ職人秀(三田村邦彦さん)や花屋の政(村上弘明さん)のポジションだろうか。じゅんのすけ(漢字失念、ひかる一平さん)も混ざってる?

 まず、ヒガシと松岡さんは安心して見ていられる。特にヒガシはやっぱり巧いしズラが似合う。
 最初はヒガシが主水(ふうの役回り)ってどうかなぁと思ったが、いい感じだったよ。藤田まことさんのイメージが強いので比較してしまうというだけで、けっして貫録不足というわけじゃない。
 主水が初めて登場した「必殺仕置人」の当時、藤田さんは40歳。今のヒガシと同年代だったんだよね。

 今回、ひょっとして主水が元締めになるのか?と思ったけど、そうではなかったね。
 あ、「戦慄コンビ」も健在でよかった。菅井きんさんがお元気だったのが嬉しかった(笑)。

 続編ができそうな雰囲気を残しつつ終わったけども、連ドラでとは言わないが、このメンバーでまた定期的にやってくれないかなぁ。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10599/trackback

3 thoughts on “スペシャルドラマ「必殺仕事人2007」を観た

  1. とりあえず、もしかしたら若返って復活もありえますね。
    中村主水をどうするか?が問題だったのですが、わりと、東山でも問題なさそうですね。
    あと、松岡の役も、食い物にこだわるってあたり、梅安を踏襲捨てますし、何より水川あさみがエロい!
    あの歳で、あの顔はエロすぎます!

  2.  いやぁ、面白かったです♪ ヒガシはカッコ良かったし、主水とは違うパターンの「ムコ殿」も良い味出してたと思います(笑)。 松岡の怪演(←褒め言葉ですよ!)と、毒だか酸だか分からない武器も観ていて楽しかったですわ。
     できれば昔やってた時間で連ドラ化して欲しいですが、あの時間帯は某ニュース番組が…(汗)。あと、エンディングはやっぱり不思議な色合いの川の風景と歌で締めくくって欲しかったですねぇ。キャストのクレジットの最後に「中村主水 藤田まこと」の文字が起き上がってくるのを期待してましたから…。 

  3. すしバーさん江
     あ、梅安も踏襲してますね。
     今回の3人に、今までの必殺シリーズの有名キャラを破綻なく集約させてた感じで、面白かったです。
     水川あさみさんは出過ぎです。風林火山にも出ているんですけど、まぁ、あっちよりは似合ってましたね。
     あと、確かにエロいかも。

    かめっチさん江
     松岡さん、意外に大柄で、もしかしたら念仏の鉄も似合うかもしれませんね。毒薬というのも珍しい武器でした。
     昔のエンディング、味がありましたね。
    「春と思えば夏が来て 夏と思えば秋が来て しょせん最後は寒い冬〜」とか、
    「行かないでぇ〜〜」とか、歌詞の一部は今でも覚えてますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください