MG Zガンダムver.2.0製作(4)

 今日は、ウィングと武器の組立て、墨入れと部分塗装を施し、MG Zガンダムver.2.0完成!
[写真クリックで拡大]

 眠いので、取り急ぎ箱絵風のポーズの写真を掲載。
 背景がゴチャゴチャしてるけど、ご勘弁。
060104zg2-8.jpg[写真クリックで拡大]
 可変MSなのに、腰が動く!わずかなんだけどね、前屈と左右回転ができるんだよ。Zのキットで始めてじゃないかな。っつーか、Mk-II ver.2.0よりも腰が動くぞ(笑)。
 それと、ヒジ関節が、意表をつく新構造になってる。今後のキットでは、この構造がいかされていくんだろうか。
 既に報告しているとおり、パーツの合せ目は皆無。パーティングラインやヒケも少なく、素組派はそのままでいいと思う。
 俺は今回は、膝の下と上腕のパーティングラインを消したけど。
 塗装派にとっても、面倒な表面処理は、シールドとスタビライザーくらいかな。
 あと、一見無意味と思われる隠れた部分のモールドもすごい。
 内部フレームは、完成後も外装を外せば大部分が露出できて楽しめるMG標準仕様だけど、外装裏はもとより、組んでしまったら二度とは見えない、腕のミサイルボッド内の弾倉なんかもあって、こだわりすぎ!
 可変についても、MS、WRの両形態とも、各パーツじゃカッチリと保持されて、アクションフィギュアのように動かして遊ばない限りは、へたらないだろう。

 正月休み、実に楽しめた良好キットだった。

 現時点でのバンダイの技術の集大成といっても過言ではないね。少しでもガンプラに興味がある方には、このキットを組んでみることを、無条件でオススメする。

Tag(s) [ガンダム]


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10021/trackback

7 thoughts on “MG Zガンダムver.2.0製作(4)

  1. まず、スタイルがいいですよね。
    今にしてみれば、クローバー社のやたら四角いガンダムが懐かしかったり・・・。

  2. びといんさん、明けましておめでとうございます。
    格好いいですね! 久しくガンプラなど作ったことのない私ですが、写真を見ると「おお!」と唸ってしまいます。

  3. ガンプラとか作ってみたいとは思うんですけども、できあがった後が困りますわ。
    何かを飾るってあんましないもので・・・

  4. スタイルも良いし、可動範囲も良好。
    PGより良いキットかもしれないなぁ。

    しっかし4000円オーバー。
    ジワジワと値段上げてきてますねバンダイ。

  5. すしバーさん江
     昔のクローバーの超合金ガンダムは、当時のレベルでもひどかったですよね。ガンダムの肩にミサイル発射装置をつけたりしてました。
     番組スポンサーの商品なのにパチモンに近かったです(笑)。

    Yuseumさん江
     明けましておめでとうございます。
     このガンプラは楽しめますよ。

    あるてぃさん江
     確かに飾ろうとすると困りますね。
     俺は、組立てたすぐのとかお気に入りの数体だけを飾っておいて、他のはティッシュに包んで箱に入れてしまってあります。

    genさん江
     PGは大きいので関節がへたってしまい、うまくポーズがとれませんし(笑)。
     このキットは定価5000円ですけど、PGよりはかなり安いし(笑)。

  6. 完成おめでとうございます♪
    かっちょいい!
    しっかりと劇中のイメージどおりですね。
    ちゃんとカミーユの乗っていたMSですよ。
    ver.2.0と銘打つだけはありますわ。
    パーツの合わせ目も見当たらないですし。
    ここまでくるとMGジ・オのリリースが待たれますね。

    でも意外に高いんですね…知りませんでしたw

  7. somedayさん江
     えぇ、くどいようですが、合せ目は皆無ですよ。
     MGジオ、今年あたり来そうですね。
     5000円は高いですよね。ZZでも4000円でしたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください