iMacでもMacBookのようにキーボードの手前にトラックパッドを置きたい。


 昨年夏、仕事場のメインのパソコンを、MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)から、iMac (Retina5K, 27-inch, 2017)に更新した。
 長年Macを使っているが、公私含めてもデスクトップ型を購入したのは20年ぶりくらいかな。

 iMacの梅モデル(笑)をCTO(購入時の純正カスタマイズ)でストレージを2TB Fusionドライブに、入力デバイスをトラックパッドに、キーボードをテンキー付USに、それぞれ変更。メモリは純正はクソ高いので、別のところで16GB 2枚セットを購入し、元の8GBと合わせて40GBに。それでも、素のMacBook Pro 15-inchより安かった。
 単純には比較できないけれど、やはりラップトップ機は割高だなぁと改めて思ったわ。

 それはさておき。
 承知して購入したとはいえ、テンキー付Magic Keyboardは横幅が予想以上で「長っ!」と言ってしまった。
 CADを扱うためマウスも必須なので、キーボード、トラックパッド、それにマウスをも横に並べると遠くて使いづらく、右手首の横移動が多くなり腱鞘炎にもなりかねない。
 また、MacBook風にマジトラをキーボードの手前に置きたい。
 でも、純正のキーボードもトラックパッドも、断面は手前が薄い同じ楔形になっていて、もちろん横に並べるとピッタリと合うのだが、手前に並べると段差ができてかなりの違和感。スペースキーが押しにくいこと山のごとし。

 同じ事を思う人は多いらしく、いくつか自作記事を拝見したし、これを解消するようなキーボード台も売っている(売っていた)ようだが、テンキー付のは見つからなかった。
 工作は好きだが、アクリル板の加工や接着はちょっと大変そうなので、自作はしたくない。
 これまでは段差解消にキーボードの下にダンボール紙を敷いていたが、少し沈むし、切断面がほつれてゴミがでるし、なにより見栄えが良くなかった(笑)。
 で、最近、キーボードと同サイズ(110mm×420mm)の6mm厚アクリル板に変えた。

 すべり止めに、百円ショップで購入したゴム足を底面に貼る。快適。

 段差6.5mmに対して板6+ゴム足2.5=8.5と、キーボードが2mm高くなったが、問題なし。
 元々が薄いkeyboardなので、5mmが12mmになっても違和感はない。

 ちなみに、今回はアマゾンのこちらで注文。
 中国からの出荷で10日くらいかかるのと、注文前にメールやり取りでサイズ指定するのがちょっと手間だけど、カット精度はピッタリで近所のホームセンターより安かった。
 注文前のサイズ指定メールのやりとりは、ちゃんと理解できる日本語で丁寧に対応していただけた。
 もっと早くこうすれば良かった。


iPadが届いた

 5月11日にオンラインのアップルストアに予約注文した iPad が、昨日28日に届いた。

iPad

 購入したのは、Wi-Fi 32GBモデル。3G回線(ソフトバンクの携帯電話回線)モデルは店頭予約しかできなかったので出向くのは無理ってのもあったけど、iPhone を使っているし、外に持ち出すとしても路上で使う事はあまりないだろうと。
 んでもね、実は、iPad購入の準備で Pocket Wi-Fi(ソフトバンク版)を既に契約済み(笑)。

iPad

 さて。Amazonに合皮のブックカバー風ケースを注文しているんだけど、まだ届かないので、とりあえず昨日、ヨドバシアキバで Simplism の クリスタルカバーを買ってきた。液晶画面保護シートも付属しているので、表裏を保護できる。
 iPhone用のを愛用していて、性能については不安はなかったが、やはりいい感じだ。
 本体の美しさを損なわず保護できる。

iPad

 液晶保護シートを貼るのは、自信があるんだ。もちろん、風呂場で全裸で貼る。
 気泡混入ゼロ。

iPad

 基本的にiPadでもiPhone用アプリはほとんど動く。「ほとんど」というのは、カメラやGPSなどiPadに物理的に搭載されていない機能に頼るアプリは無理だという事。
 充電マニアとしては(笑)、バッテリーログもそのまま動く(今のところ正常動作している)のは嬉しい。

iPad

 iPadと同時に注文してあった Apple Wireless Keyboard をBluetoothで接続すると、文字入力が格段に便利になる。
 まだiPad本体を立てて置けるケースが届いていないので、実際の作業はやりにくいけどね(笑)。

 もう少し使ってみて、あらためてレポートを書こうと思う。


MacBookにWindowsXPをインストールなメモ

 Intel CPU搭載のMacでWindowsがネイティブ起動させるためのツール BootCamp1.1.2βによる、MacBook(2006前期モデル)へのWindowsXPインストールを行った。

 その方法は至極簡単だし、すでにいろいろと報告されているが、今回俺がつまずいた事について、メモを残しておく。

・WinXPのセットアップ開始時、キーボードを選ぶところで、Mac(特にノート機)は、キー配列が違い、下手なのを選ぶと、後で苦労する。とりあえず、[S]その他のキーボードに進み、USキーボードなら「USB Keyboard」を、JISキーボードなら「106 Japanese Keyboard」を選択しておけば良さそうだ。

・AirMacによる無線LAN。インストールに失敗する確率が高いっぽい。ドライバインストール4回目で、やっと認識された。
 Winの場合、プラグアンドプレイに対応していない機器のドライバを後でインストール/更新するのは、どこでやるのか分からなかった。分かったあとも面倒。Macの場合は、ドライバが提供されていれば、それを環境設定に放り込めばいいだけなのに。

・分かっちゃいるが、deleteキーの挙動がまるで違うので、戸惑う。

 こんなところかな。MacはIntel CPUを搭載していてもBIOS起動ではないし、レガシーポートは一切ついていないので、その辺りのドライバが一部悪さをしているかもしれない。微妙な所であり、まだ個体差による影響も多いかも。
 でも、基本的なドライバはアップルから提供されているし、エミュレーションではないので、予想以上に快適な動作速度だ。

 そもそも、ネイティブでMacOSもWinも動くのはMacだけだ。MacならMacOSもWinも動く。PCではMacOSは動かない。これだけでも惹かれるね。
 Winに固執して居ない場合は、特にMacを薦めやすくなったのは、間違いない。

 ちなみに、Windowsは、Mac用増設メモリと一緒に購入したXP/HomeのDSP版。正規ユーザーです(笑)。