「龍馬伝」キャスト発表

 来年のNHK大河「龍馬伝」のキャスト決まる お龍に真木よう子(2009.07.14 msn 産経ニュース)

 歌手の福山雅治が主役の坂本龍馬を演じる来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主な出演者が14日、発表された。龍馬が組織した貿易結社、海援隊を金銭面で支えた実業家、岩崎弥太郎に香川照之、龍馬の幼なじみの武市半平太に大森南朋が決まった。
 また龍馬を取り巻く女性たちには、幼なじみの平井加尾を広末涼子、妻の楢崎龍を真木よう子、姉の坂本乙女を寺島しのぶ、道場の娘の千葉佐那を貫地谷しほりが演じる。

 いい配役じゃん。と思っていたら……。

 このほか、勝海舟には武田鉄矢、西郷隆盛には高橋克実が決定した。

 え!? 見間違いじゃないよね。
 んー。勝海舟といえば「江戸っ子丸出しキャラ」だが、武田鉄矢さんは、とても江戸弁をしゃべるようなキャラに見えないんだけど……。
 武田さんは嫌いではない。いや、むしろファンだよ。CD全部持ってる。だがなぁ、勝海舟はなぁ。

福山さんが龍馬に決定

 「龍馬伝」主役に福山雅治さん 10年の大河ドラマ (2008.11.06 asahi.com)

 NHKは6日、10年の大河ドラマ「龍馬伝」の主役で幕末の志士・坂本龍馬役に、歌手で俳優の福山雅治さん(39)を起用すると発表した。福山さんは、NHKの連続ドラマ初出演。出身の長崎市は、龍馬が結成した日本初の貿易商社「亀山社中」(後の海援隊)のあった土地でもある。

 2010年の大河ドラマが「龍馬伝」だと発表されて以来、配役が気になっていたが、そうかぁ、福山さんね。なかなか似合ってそうだわ。玉木宏さんは最初から最期まで違和感ありまくりだった(笑)。
 NHKの「龍馬伝」情報サイトに、福山さんのメッセージが掲載されている。

 既にさまざまな作品を通じて普遍的ヒーローとしてのイメージを持たれている「坂本龍馬」ですが、これからの一年をかけて十分な準備をし、2010年という時代だからこそ、そしてこのスタッフだからこそ表現することができる「坂本龍馬」を作り上げてみたいと思います。我々の挑戦にご期待ください。

 うむ。期待してるよ。

検索ヒットなど(2006.11)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの11月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:12420 (10月 12564 対先月比 -144)
 ユニーク数: 8489 (10月 8093 対先月比 +396)

 先月と同程度の傾向。

続きを読む

検索ヒットなど(2006.09)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの9月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:8801 (先月比 -478)
 ユニーク数:5202 (先月比 +61)

続きを読む

検索ヒットなど(2006.08)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの8月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:9279 累計228603(先月比 +474)
 ユニーク数:5141 累計127673(先月比 +449)

続きを読む

海援隊の隊旗だったのかよ!

 ボーダフォン、新ブランドロゴの「ソフトバンクモデル」発売へ (2006.08.16 japan.internet.com) というニュース。

 かねてから予告されていたとおり、10月1日に「ボーダフォン」が「ソフトバンクモバイル」に社名変更しブランド名も「ソフトバンク」になるのに伴う、新しいロゴマークが発表された。
「=」みたいな記号と「SoftBank」の文字が並ぶおなじみのものだが、イメージカラーは黄色ではなくシルバー。
 うむ。地味で良いね(赤の方が好きだが)。

 それはともかく、だ。

新ブランドロゴマークは、坂本龍馬が率いた海援隊の隊旗より着想を得たソフトバンクグループの企業ロゴマークをベースとしている。

 げっ! 海援隊の隊旗がモチーフだったのかよ! 知らなかった。

俺の音楽分野における黒歴史

 日本語以外は理解できないからね。
 聴く音楽は、いわゆるJ-POPとかフォークソングとかばかり。持ってるCDも、もちろん日本人アーティストばかりだ。
 例外として、BoAさんの韓国語ヴァージョン。それと、10年前くらいにブームだった、日本の歌謡曲の英語カバーね。

 いずれにしても、最近はあまりCDを買わなくなったなぁ。買っているのは、サザンオールスターズ、海援隊、BoAさん、くらいかな。
 レンタルも2カ月に1枚程度だな。
 300枚あるCDは、ほとんどが結婚前に買った物。別に結婚後は余裕が無くなったとかという訳ではないないが(笑)。

 所有CDを改めて見てみる。すぬお。さんと同じく、女性ボーカルが多い。ほぼ全て揃っているのは、石川優子さん、刀根麻理子さん、少女隊、柏原よしえさん(「芳恵」に改名する前(笑))、斉藤由貴さん……うわぁ、古っ!

マジに泣いてしまう曲

 今までは、こんなことなかったんだけど。
 最近……1年前くらいからかな……。
 歌。いわゆる流行歌、歌謡曲、J-POPの類いの、極普通の歌なんだけど、聴くと泣きそうになってしまうというのがある。

 まず、「チキンライス」(浜田雅功と槙原敬之)
 これは、もう、てきめんにダメだね。俺の子供の頃の体験にすごく近いから。今日、墓参りの後カラオケに行って、歌ったんだけど、途中でマジに泣きそうになった。涙声になっちまった。
 終盤に「赤坂プリンスを押えとけ……」ってなくだりがあるんだけど、あそこが特に応えるなぁ。虚勢を張ってるという描写なんだよね。

 それと「コスモス」(武田鉄矢)
 海援隊を一端解散してソロになってた時期の中ごろだから、もう20年近く前の曲。ファンなので、もちろん当時からずっと聴いている。
 だけど、最近は、この歌詞を深読みしちゃって、寝る前にiPodで聴いていたりすると、その歌詞の世界に入り込んでしまう。
 サビの部分「たったひとりの女のために、去年と違う秋が訪れ、たったひとりの女のためにタバコが少し増えました……」というあたり、「彼女ができた」ってのと「失恋した」ってのと、どっちにもとれる歌詞で、聴く時々によって、受け方が変る。
 個人的には、武田さんの作詞の中でベストワンだな。

 カラオケで弟に「あにき、涙もろくなったな。歳とったな」と言われた。そうかもしれないね。
 ま、いいか。

「桜中学」が統廃合、新設校の校歌制作に小山内さんと海援隊

「金八先生」脚本家が贈る言葉、ロケ中学の校歌制作へ(Yahoo!ニュース 社会 2004.06.25)

 ドラマ「3年B組金八先生」の舞台「桜中学」役として使われてきた東京都足立区の区立第二中学校が、今年度一杯で廃校となり、来春からは区立第十六中学校と統合され、千寿桜堤中学校が新設されるのに伴い、地域にゆかりのある金八先生関係者へ、校歌制作を依頼し、快諾されたとの事。
 脚本家の小山内美江子さんが作詞、海援隊メンバーの千葉和臣さんが作曲を担当する。

 ファンとしては嬉しいことだけど、ひとつ思う事が。新設校の名称、いっそのこと「桜中学校」にしちゃえばよかったのに。
 版権の問題があるのかもしれないけど、ここは、そういう粋な事やって欲しかったなぁ。
 もし今後ロケに使う時にも、名称をその都度架け替えなくても済むし(笑)。