俺の音楽分野における黒歴史

 日本語以外は理解できないからね。
 聴く音楽は、いわゆるJ-POPとかフォークソングとかばかり。持ってるCDも、もちろん日本人アーティストばかりだ。
 例外として、BoAさんの韓国語ヴァージョン。それと、10年前くらいにブームだった、日本の歌謡曲の英語カバーね。

 いずれにしても、最近はあまりCDを買わなくなったなぁ。買っているのは、サザンオールスターズ、海援隊、BoAさん、くらいかな。
 レンタルも2カ月に1枚程度だな。
 300枚あるCDは、ほとんどが結婚前に買った物。別に結婚後は余裕が無くなったとかという訳ではないないが(笑)。

 所有CDを改めて見てみる。すぬお。さんと同じく、女性ボーカルが多い。ほぼ全て揃っているのは、石川優子さん、刀根麻理子さん、少女隊、柏原よしえさん(「芳恵」に改名する前(笑))、斉藤由貴さん……うわぁ、古っ!

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10053/trackback

5 thoughts on “俺の音楽分野における黒歴史

  1. しかも、女性歌手の全てが一線から消えてしまっているというのがまたなんとも哀愁を感じさせるラインナップになっております!
    刀根真理子は、もしかすると、ジャズシンガーとして活動してるかもしれませんが。

  2. 温故知新ともいいますが
    ここは女性アーティストの新規開拓ないぞいかがでせう?
    大丈夫、さがせばいい人がいますから!

  3. すしバーさん江
     他に岡村孝子さんとか西村知美さんとかも集めてました(笑)。
     刀根さんは、引退して何かのボランティア活動をやっているんじゃなかったかなぁ。

    somedayさん江
     今はBoAさんと一青窈さんがお気に入りです。

  4. トラックバックありがとうございます。

    私は渡辺美里さんが好きで、アルバムが出る度に買ってましたね。
    今思えば、西武ドーム行っとけばよかったです。
    あとはPSY・Sや谷村有美さんのCDがあります。

  5. すぬお。さん江
     渡辺美里さんも、初期のアルバムを何枚か持ってますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください