ってことで、GPSロガーに移行

 前回の記事のとおり、Eye-Fi Pro X2を購入したものの、俺の希望の目的にはかなわずガッカリしたのだが、もはや「I-10で撮影した写真にも簡単にジオタグを付けたい」熱は高まる一方。
 今まで気になってはいたけど、買わずにいたGPSロガーを買ってしまったよ。

 選んだのは、ソニーの GPS-CS3K というやつ。
SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
B001U65SL4

 こいつは、電源を入れると、GPSによる測位結果を粛々と記録してくれるというもの。公称値で単三電池1本で15時間程度使えるらしい。
 これを持ち歩けば、俺が移動記録をため込んでくれる。
GPSロガー
GPSロガー
 で、この小さい機器本体だけで、デジカメ写真にジオタグを付与することができるんだよ!
 デジカメで撮影した写真が入っているメモリースティックDuoかSDカードをそのまま挿入することができて、撮影日時と記録された位置情報の日時を照合して、写真にジオタグを追加してくれる。もうね、ひじょうに簡単だよ。
 付属ソフトはWindows用で、Macでは使えないけど、上記のとおりGPS-CS3K本体のみでもサクっとできるので、問題なし。
 ちなみに、付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、マスストレージデバイスとして認識されるので、Macでも位置情報ログデータをコピーすることは可能。それを汎用のデータ型式に変換するフリーソフトもいくつかあるらしので、MacでもログからGoogleマップに移動ルートを表示させる事とか可能のようだ。

 明日から色々使ってみる。


CATVを解約

 今月いっぱいで、CATVを解約する。
 6年間くらいお世話になったが、最近ノイズがひどいし、回線補修工事を頻繁に、しかも昼間や夕方にも行っていて、とてもじゃないが視聴できやしない。
 サポートに電話しても、まず機器まわりの接続を疑ってくるし。

 昨年までの社宅の時はこんな事なかったので、現在のマンション周りの回線が劣悪なのかもしれない。いや、同じCATVの回線で地デジも引かれているのだが(これは無料、というか管理費に含まれている)、それはノイズもでないから、マンション内設備にも問題ないと思われる。

 解約手続きの電話をした時に「差し支えなければ解約理由を教えていただきたい」と言われたので上記の事と、サポートに何度問い合わせも配線の問題を疑われて嫌気がさした事を伝えた。
 回線の調査をしたいと言ってきたので、断って解約。ばいなら。

 で、スカパー!e2に乗換える事にした。基本パックの料金はCATVと同じで、視聴でも専門チャンネルは増える。CSアンテナはマンション共聴設備として設置済みなので、導入コストもかからんしね。


単四→単三

単四を単三にするアダプタ
 エネループ。単三24本と単四14本を持ってるんだけど、単三を使う機器の方が多いので10本も多いのに、充電済待機分は単三2本単四6本という現状。
 単三を買い増しするのがいいんだろうけど、せっかく1000回も充電して使えるエネループ。たくさん回さないとね。
 なので単四→単三アダプタを買ってきた。とりあえず4個。
 もちろん、単四の方が容量が少ないが、家で使う髭剃りやリモコンなんかはこれでも良いと思う。


Mac Fan 縮刷版DVD-ROM発売

 3年分の全編集記事を検索できる「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM」の予約販売を開始(2009.12.03 マイコミジャーナル)

月刊のMac専門誌「Mac Fan」は、過去3年分の編集記事をPDFデータ化しDVD-ROMに収めた「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM 2007-2009」を2010年1月29日に発売する。価格は5,980円(税別)だが、現在、1,000円安い4,980円(税別)で購入できる事前予約キャンペーンを実施中だ。

 決して毎日コミュニケーションズの回し者ではないけど、これを待ってました! と言いたい。
 昔買っていたMac PowerやMACLIFEという雑誌は、毎年こういう縮刷版CD-ROMを販売していて、重宝してた。物理的な紙バックナンバーを保存しておくには場所の確保が必要だし、家庭でスキャナで読込んでPDF化するには、かなりの時間と労力が必要。もしくは楽をしようとすればそれなりの高性能の機器やソフトを揃える必要がありコストがかかる。
 うちの複合機だと1ページスキャンするのに1分近くかかる。Mac Fan 1冊で広告を抜いても約200ページ。作業に専念して4時間で終わればいい方って感じかな。以前1回やったことあるけど、(専念じゃないけど)ちょこちょこと3日くらいかけて、しかもすげー疲れたよ。毎月そんな事するなら、3年分で5000円なら安いと思うのだわ。
 縮刷版を熱望してて、時々、アンケートを送信する時の自由意見欄に要望を書いていた。やっとかなって嬉しい限りだ。

 事前予約キャンペーンサイト


通常の8倍

 iPhone 3G/3GS用カメラキット「PIP-CK1シリーズ」新発売

 プリンストンから、iPhone用の光学8倍ズームレンズが発売される。

「PIP-CK1シリーズ」は、iPhone 3G/3GS搭載のカメラで光学8倍ズーム撮影や三脚で固定しての撮影が可能になる望遠レンズキットです。
本キット付属のiPhone 3G/3GS用ケースには、ズームレンズを取り付ける事が出来るレンズ穴が装備されており、ズームレンズを簡単に脱着することができます。ズームレンズは、フォーカスリングをまわしてピントを調整するだけで、標準では撮影ができなかった遠景を撮影する事が可能です。
小型アルミ製三脚と固定用ホルダーも付属しており、iPhone 3G/3GSを平坦な場所に設置して集合写真や夜景を撮影することも可能です。また、様々なカメラアプリケーションと組み合わせる事で、撮影できる幅がさらに広がります。

 これだけのパーツがついているキットが、実売3980円ってのが、どうなのかね。安っぽいかもしれない。でも、安いんだからしかたがない。まぁ、プリンストンなら、iPod/iPhone用の周辺機器をたくさんリリースしていて定評があるし、大丈夫だとは思う。
 こういうバカな周辺機器って、大好き。欲しい。


EmergencyBatteryの不具合品交換

 先日購入した、iPhone用の補助バッテリーパック EmergencyBattery。これは、単四乾電池3本を入れて、iPhoneの緊急用外部バッテリーとする周辺機器なのだが、この記事のとおり、電池の出し入れが非常に固くて、不良品っぽいので、4日前にメーカーに問合せメールを送っておいた。
 その返事が本日届き、正常品と交換してくれるとのこと。連休中にメールを送っておいたら、平日になった本日早々に返事をもらえて、その対応の良さに感心した。
 もちろん、製品に不具合がないのが一番なのは当たり前だが、返事のメールも簡潔かつ的確な中にも丁寧さが感じられ、今回は、このトリニティ社については、好印象を持った。
 というわけで、早速、該当品を発送した。


Macのシェアが10%へ

 世界のOSシェア,Windowsが90%割る一方で,Macが10%台へ (2009.01.03 メディア・パブ)

世界のOSシェアで,Macが間もなく10%台に乗せることになりそうだ。

 Net Applicationsが測定した2008年12月のOSシェアによると,Webにアクセスしたパソコンの10%近くがMacであった。Macのシェアが11月の8.87%から 12月の9.63%へと大きく跳ね上がったのだ。一方,ダントツのOSであるWindowsは逆に,シェアを11月の89.62%から12月の 88.68%へと減らしている。

 おお。正月早々、嬉しいニュースだねぇ。確かに、15年くらい前のMacブームの時よりも最近のMac人気は熱いように思う。
 確実に対応周辺機器やソフトも増えている。現在のMacはWindowsPCと共通の部品も多く、周辺機器もWin/Mac両用にしやすいとか、MacでもWindowsがネイティブで動くようになったってのもあるだろうけど、基本的に企業としては売れる見込みの無い製品は製造・販売しないわけで。
 いやぁ、めでたいなぁ。


iPhone、500mAでの充電も可能になっていた!?

 iPhone FAN(^_^)v「太陽の光で充電できるiPhoneバッテリー登場。」という記事中に、下記の記述が。

そういえば、iPhoneは1Aの入力がないと充電できなかったのですが、iPhone2.2のアップデートで、500mAでも充電できるようになったそうです。
これまでiPod用で使えなかった充電グッズで使用可能になったものもあるかもしれませんね。

 言われてみれば、先日外出先で応急的にエネループ・モバイルブースターKBC-E1で充電した時、珍しく途中で充電停止にならずに単四2本が空になるまでiPhoneに供給できてたな。もちろん、エネループの容量が少ないので、iPhoneをフル充電にはできなかったけど。

 上記モバイルブースターはエネループしか使えない。
 以前iPodの応急充電用に購入した電池式簡易充電器AVD-DCAA2なら、アルカリ乾電池も使える。もしかしたら、これでもiPhoneが充電できうようになってるかも知れない。

 以上は、アップル及びソフトバンクでは認めていない情報です。試す時は自己責任で行ってください。この方法を実行したことによる又は実行できなかったことによる機器の破損・不具合・その他不利益等については、当方は一切の責任を負えません。また、これについてリンク元並びに各メーカー等に問合せはしないでください。


アップルケアだった

 iPhoneは、あんしん保証パックに加入できない。ソフトバンクからiPhone発売決定の発表された当初に「他のアップル製品同様のiPhone専用長期保証サービス導入を予定している」となっていたが、導入されたのは、そのまんまアップルケアだったとは。まぁ、Apple製品なので当然といえば当然かも知れないけどね。
 日々持ち歩く機器なので、アップルケアにも加入した。一括7800円の払いでサポートが2年間に延長される。あんしん保証パックが月498円なので、この7800円ってのはかえって安いかも知れない。
 しかし、Mac等と違い、アップルケア登録はiPhone購入と同時にソフトバンクショップ側で行われた。通常は購入したアップルケアのパッケージを自分で開封し、パソコンからアップルのサイトにて登録処理を行うのだが、そんなパッケージもないし、ユーザ側では何もやらなくて良いんだと。このまま待っていれば後日、Mac等の時と同様にアップルケア登録書(保証書のような物)が郵送されてくるらしい。うーむ。信用していない訳ではないが、その登録証が届くまでは少し不安だわ。