風呂敷廃棄命令


 昨年のクリスマスイブ。嫁さんと買物に行き、いつものように愛用の風呂敷にワインボトル等々を包んで運搬していた帰り道。結び目が解けて風呂敷包みを落下させてしまった。歩道に広がるワインの香り。
 とりあえずは、ワインが滴る風呂敷包みを嫁さんが持参していたレジ袋に突っ込み、帰宅した。

 我が家ではハレの日に飲むのが恒例のネコワインことドイツのシュワルツカッツを開けるのを楽しみにしていたのに……。

 帰宅して、キッチンシンクの中で風呂敷包みをそっと開ける。もちろんネコワインはダメだが、一緒に包んでいた——これまたいつも愛飲している——タカラ焼酎ハイボール<ドライ>缶のひとつにボトルの破片が刺さってぴゅーぴゅーと中身が吹き出している。想像を絶する状態だった。
 この穴の空いたハイボールは、その場でスタッフがおいしくいただきました。

 さて。ボトルの破片を片づけて早く風呂敷を洗おう、と思ったが、生地に刺さっている微細なガラス粉砕片を取り除くことができず、怪我をしそう。
 嫁さんも
「危ないよ。お気に入りだろうけれどサヨナラした方がいいよ」という。
 そうだね。安全に処理しきれないので、泣く泣く廃棄することにした。

 この「いせ辰千代紙『かまわぬ』柄」の風呂敷。
 とても気に入っていて、普段は仕事用のバッグに常備して携行、荷物が増えた時にも重宝した。近所への買物の時や、仕事で書類を持っている時にももちろん使う。風呂敷はホント便利なのよ。
 かまわぬ風呂敷は、だいぶくたびれてはいたけれど、こんな事がなければまだまだ使えたはず。

 先日、やっぱりどうしても同じ風呂敷が欲しくなり、ネットショップで注文した。
 その時ついでに、この風呂敷はどのくらいつかったっけ? と過去の日記を検索してみたら、買った(注文した品が届いた)のが、2010年12月25日。廃棄したのが2020年12月24日なのでちょうど10年使ったことになる。
 もちろん、このちょうど10年というのは偶然なのだが、改めてそれを確認した今、廃棄してしまったことをとてつもなく後悔している。

 今日、新しい風呂敷が届いた。二代目かまわぬ風呂敷さん、末長くよろしく。

クリスマスイブ

 まぁ、家でまったりと過したのだが。もちろんそれは幸せなことなのだろうなと思う。
 家飲みだと、そんなに量を飲まなくても酔うことがあるよね。気分(機嫌)がいい時はなおさら。
 今日は、ワイン1本のうち3分の2くらいと、焼酎を2合くらいかな。
 まだテレビを見ながら最後の一杯(焼酎水割り)を飲んでいるけど、そろそろタイピングも怪しい(笑)。
 ぐだぐだ。おやすみなさい。

にゃあ
 ※写真はイメージであり、本文とは関係ありません。

山利喜@森下

 昨日、森下にある山利喜へ行った。本館は改装のため仮店舗営業、やきとんがないらしいので、新館の方へ。
山利喜
 17時開店なので、ご一緒していただいたキングピンホールさんと16時45分に森下駅で待合せし、すぐ近くの新館へ行ったのだが、すでに40人くらい並んでいる。相変わらず人気ある。ちなみに、土曜日は予約不可。
山利喜
 この店の名物「煮込み」。もちろん玉子入りを注文。あとガーリックトースト(写真撮るの忘れた)もね。
 フランスでのシェフ修行経験があるという三代目の現店主が改良した煮込みは、良好なワインを惜しげもなく投入してじっくり煮込んだそうで、豚モツとは思えない美味さ。大げさではなく、本当に口の中でとろけるような食感。
 これにガーリックトーストが絶妙にマッチするんだよね。
 ワインを注文している客も多かったな。
 俺たちは焼酎だったけど。
山利喜
 店オリジナル銘柄の麦焼酎。飲みやすく、ふたりで1本、あっという間に空けてしまった。俺が3分の2くらい飲んだんじゃないだろうか? ごめんなさい(笑)。途中の記憶が飛んでいるだけど(笑)。
 やきとんも食べた。これも美味かった。
 あとメニューで気になったので注文したのが「フランス産うずら(半身)」ってやつ。
「うずらの玉子って、すごく小さいですよね。それの半身って、どんな量なんだろ」
「550円って結構な値段だし。フランス産の超高級なんでしょうかね」
 などと話をして待っていたのだが、出て来たのは、てりやき。
山利喜
 勝手に玉子だとばかり思い込んでいたので、これを見て二人で爆笑してしまった。
 味は、チキンと変わらなかった。

 キングピンホールさんとご一緒すると、ついついガンダム話で盛り上がってしまう。楽しかった。
 山利喜は5〜6年ぶりだったけど、相変わらず美味かった。ガンダム話もたくさんできた。満足、満足。

 この後、もう一軒で軽くやって、解散。

「紫いものお酒ImoImo」試飲モニター

B-Promotion(ビープロモーション)」のモニタープロモーション参加の記事。サントリー「紫いものお酒 ImoImo」

imoimo
 メーカーサイトによれば、新発売のこのサントリーImoImoは「スイートポテトな味わい」のキャッチコピーで、紫いもを茹でて搾汁した濃縮汁に白ワインやブドウ蒸溜酒をブレンドし、程よい酒らしさが感じられるまろやかな味わいが特徴なんだとか。
 どうしようかと思ったが、酒の試飲って事で、応募してみた。

imoimo
 とりあえず、ロックで飲んでみた。色鮮やかで、ワインみたい。
 しかし、甘い。甘すぎる。ごめん、俺は、そのままでは飲めないや。

imoimo
 届いた箱を空けて、ボトルを見た瞬間から、嫁さんは興味津々。その嫁さんにも一緒に飲んでもらった。まずは同じくロックで少し。わりと気に入った様子。嫁さんは、次に、牛乳割り。飲みやすくてお手軽で美味しいカクテルになったと。

imoimo
 俺は甘すぎて、正直いって、大好きにはなれないが、確かに、素朴な味わいは、カクテル好きには好まれるかな、と思った。紫いもベースとのことだが、それほど主張してもいなくて、メーカーサイトで紹介されているように、牛乳、緑茶、オレンジなどで割って飲んでもおいしいだろう。

 このImoImoの感想を集めたWebページが近々オープンするんだって。ImoImoに興味ある人は、他の人の意見も参考にして、お試ししてみてはいかが?

キャンペーンバナー

サントリー紫いものお酒「Imo Imo」

「機動戦士ガンダム00」第11話を観た

 お。意外に何度も視聴感想記事を書いてる俺(笑)。

 とはいっても、見どころはスメラギさんだけなんだけども。
 ところで、酒って苦いかねぇ、アレルヤ君。焼酎にしてもウイスキーにしても、若干甘みがある酒の方が多いと思う。ワインなんかは渋味だしね。苦い酒ってビールくらいだと思う。まぁ、そんな事はどうでもいいや。誕生日おめでとう。
 ほろ酔い状態のスメラギさん、いいねぇ、うん。

 あ、あとハロがたくさん登場。ポッドに乗ってガンダムの修理してたね。今回のハロは、スター・ウォーズのR2D2みたいな感じの役目で、なかなかいいね!

酔ってませんよ?

 12日は午後から東京で開催される講習会に参加しての直帰だったため、余裕で帰宅。
 3月末の結婚記念日の前に買って置いた2本のうちの残り、とっておきの猫ワイン(ドイツ産のプリカッツ)を開けて、飲んでいた。


 えぇ、ジョッキで(笑)。色気ねぇー!
 江戸っ子なので、宵越しの酒は持たない主義。開けたら飲む。
 ちょっといい気分だが、酔ってませんよ?

 明日も飲み会だし、寝る!

結婚記念日2006

 日付が変り、本日3月31日は結婚記念日だ。
 時期的に職場の送別会と重なることが多いのだが、今年は金曜日ということもあり、見事に合致。
 当然、勤務地である高崎駅周辺で開催されるので、一次会のみで失礼したとしても帰宅は22時を越えるだろう。

 とりあえずワインだけは30日の帰宅途中に買っておいたよ。
 遅くなると思うけど、帰ったら、乾杯しようね。

Tag(s) [雑記][生活]

MG Zガンダムver.2.0製作(2)

 昨夜の年越しガンプラで一気に完成させる予定だったが、ワイン1本空けた後、手元が怪しくなり危険だったので(笑)、胸部だけで中断。
[写真クリックで拡大]
 これを下半身に取り付けてみる。
060101zg2-3.jpg[写真クリックで拡大]
 脚が長いね。劇中よりもスリムな印象だな。

 ところで、この胸部を組んでいる時に、失敗しちゃった箇所がある。
060101zg2-4.jpg[写真クリックで拡大]
 写真の○部分。E8パーツのくぼみ。これ、本当は裏のE7パーツ側に突起があって、それが合わさると面ゾロになるんだけど、E7とE6をランナーから切り離した後、ゲートだと思ってナイフで切り飛ばしちゃったよ!
 酔っぱらってたわけじゃないぞ。突起を切った後に丁寧にペーパーがけまでしたしな!
 まぁ、完成後は目立たない箇所だし、凹モールドだという事にしちゃうけど、これ、絶対に間違えた人は俺だけじゃないと思うなぁ。
 おいこらバンダイ! 組立て説明書に注意書きを入れる修正をしておくように。

 さて。続いて腕を作ろ。

Tag(s) [ガンダム]

結婚記念日 1991-2005

 結婚記念日。
 長距離通勤のため、残業をしなくても、帰宅時間は20時近くになってしまう。妻子は夕食を済ませていた。
 風呂に入り、夕飯をいただく。
 数日前に「その日は何が食べたい?」と聞かれたので、リクエストしておいた。そのとおり、夕食はハンバーグ。
 ワインで乾杯。娘・息子とも、オレンジジュースで乾杯。
 お。子供らは、なんだかフルーツを食ってるぞ。メロンとかパインとかじゃん。すげー。さすが結婚記念日だね。
 嫁さんからネクタイ、子供たちからはシャープペン(嫁さんと色違いらしい)のプレゼントをもらった。ありがとう。
 1991年に結婚して、14周年。
 色々なことがあったが、結婚してからの年月は、もう人生の3分の1以上を占めるんだね。

 25歳で、ガキのままで結婚して、今でもガンプラや食玩を買いあさる俺。
 子供らとゲームをするときは、マジになって得意な分野なら、遠慮なく叩きつぶす。
 まぁ、君らの前では本音で生きられる証だと思ってくれ。
 でもね、やっぱり君らのおかげだよね、今があるのは。
 家族。大好きだよ。ザクと同じくらいに。