手持ちのエネループのいくつかを処分


 エネループ。言わずと知れた充電式ニッケル水素電池の大御所。我が家にも単三型だけでも常時20本近くが稼働、大活躍している。

 先日、仕事部屋にあるMacのBluetoothキーボードに装填したエネループがわずか2日目で切れた。使用時間は正味20時間未満。
 取り外して充電するも、想定満充電にはなっていない。バッテリーチェッカーで測ってみると、電圧1.0V。著しく劣化してしまったようだ。
 すべてのエネループを調べて、電圧が1.1V以下だった2本を処分。

 エネループはもう10年以上愛用しているから、その初期に購入したものはヘタっているのだろう。
 2本1組として10組以上にマジックで通し番号を付けてきちんとローテーションで使っていたので、各々は多くても平均月2回くらいの使用だったはず。10年間で500回くらい。
「1000回(第二世代以降のは1500回)繰り返し使える」という宣伝文句には及ばなかったという感覚だが(笑)、それにしても一番最初の方に買った物は500回じゃきかないかも知れない。昔のニッカド充電池よりは遥かに長持ちだった。
 いずれにしても、トータルコストではアルカリ乾電池よりはかなり安く。元を取ったとは思う。

 現在は、合計30本くらい所有(稼働16本程度、ストック14本程度)しているので、まだ当分買い足し(処分した分の代替購入)は必要なさそう。
 エネループ、これからもお世話になります。


エレコム モバイルバッテリー

 エネループ・スティックブースターが、フタの接触不良を起こしてうまく動作しない事が多くなったので——これで2本目だぜ。いい加減に見切りをつけた——、今度はエレコムのスマートフォン用モバイルバッテリ DE-U01D-1908(以下1908) を購入した。
エレコムモバイルバッテリ
 買った後で気付いたのだが、外見がそっくりで型番違いのがある。DE-A01D-1908 というのが、「iPhone/iPod用」モバイルバッテリなのだが、製品はまったく同じに見える。ちょっと心配ではあるが、開封。
 スティックブースターは単三エネループ2本を入れて90分でiPhoneを約半分充電できた。1908は単三電池4本でiPhoneを1回フル充電できる。スティックブースターにはかなわないものの、邪魔になりにくい形状だ。
 アルカリ乾電池対応も明記されていて、最初にそれが4本同梱されている。アルカリ乾電池も使えるというのは確かに緊急時に便利だけど、俺は単三エネループを使いたくて、わざわざリチウムイオンタイプのではなく、こういう単三装填タイプを選択しているのだ。アルカリ乾電池の付属は無駄。エコじゃないだろ(笑)。

 さて。簡単に使用レポートを。まず初回は同梱されていたアルカリ乾電池を装填して試す。
 iPhone 4S がバッテリ残量12%になった状態から充電を開始。
 1時間経過したところで37%。おい。1時間で15%しか増えていないってのは遅すぎるだろ。途中で10分くらいWi-FiでiOS5へのアップデートを実施はしたし、赤(20%以下)からの充電開始だったのが原因かもしれないが、それにしても遅いな、と不安になりつつ見守る。
 2時間経過、63%。うー。51%増加。遅すぎる。通常の倍くらいかかっているじゃん。
 その後どんどんペースが落ちていき、結局5時間近くかかって100%に。だめだこりゃ。
 もしかして「iPhone用」じゃない方を買ってしまったからか?という思いが頭をよぎる。

 次の日。今度は満充電にして1週間おいてあった単三エネループを装填して試す。
 iPhone 4S のバッテリ残量15%から充電開始。
 30分経過したところで35%、1時間で60%。お! いい感じだわ。
 その後も順調で、2時間で100%になった。

 最初の試供品アルカリ乾電池がヘボだったのか?アルカリ乾電池だとどれでもあんなもんなのかも知れないな。
 とにかく、エネループを装填すれば普通に使えることが解った。

 ちなみに、今回の満充電エネループ1組で iPhone 4S を約1.5回充電できた。最初満充電にうしている中、iPhoneをあまり触っていなかったからかもしれない。そこそこ使いながらだとやっぱり1回のフル充電がいいところだろうな。

 うん。満足なり。
 しかし、やはりiPhoneユーザは、ちゃんと DE-A01D-1908 を買いましょうね(笑)。

ELECOM iPhone4/4S/3GS/3G/iPod対応 モバイルバッテリー 乾電池 ホワイト DE-A01D-1908WH
B005M175Q4


電池がない

 家の掛け時計用の電池が欲しいんだけどね、単一マンガン電池なんだけど、どこにも売ってない。
 元々あまり在庫がなかったのに加えて、地震以後の買い占めによる品不足なんだろうな。
 単四と9Vの四角いヤツくらいしか残ってない。
 ちなみに当方は東京。食料や燃料関係の買い占めはあまり必要ないと思うのだけどな。まぁ、災害時の備蓄は必要。だから、こんな時に焦らずに、以前から備蓄しておくべきなんじゃねえの?
 買い占める分で、被災地にまわせよ。

 単一乾電池がないので、単三を単一にするスペーサーに単三エネループを入れて使ってる。
 まぁ、このまま行くか。


小物収納インナーケースGRID-IT

「ゴムベルトがデジモノアクセサリなどをしっかり掴んで放さない!! 使いたい物がすぐ取り出せる!!」
 そんな宣伝文句を少し前にネットサーフィン中に見つけて一目ぼれ。しかし人気商品で入荷待ち状態だったのを予約してあったのだが、それが予定より数日早く届いた。

 COCOON社製のGRID-IT(輸入販売サンワサプライ社)
20101128_gridit_cpg5.jpg
 CPG5という、約B5サイズのを購入。
 エネループ(スティックブースター、単三×4本)、iPhone接続USB Dockケーブル、Pocket WiFi標準バッテリ&標準電池カバー、Pocket WiFi充電USBケーブル、iPad用自作スタイラスペン。
 これら毎日必ず携帯する充電グッズを収めるのにちょうど良い。
 小物を収納する時、パズルみたいで楽しい。
 ちなみに裏面にはファスナーポケットが付いている。
 嫁さん用にはA4サイズのCPG10を買ってあげたが、そっちもいい感じだった。

 これ、オススメ!


乾電池ケース

 収納の奥から、発掘した。
 古のPDA(笑)Newton MessagePad のバッテリーケース。

バッテリーケース

 Newtonのバッテリーは単三乾電池大のセルを4個くっつけた形状で、このバッテリーケースも単三乾電池4本が丁度入る。
 再利用するか。単三エネループを入れて携帯しよう。
 現在も4本入りケースを使っているが、これで合計8本携帯できる。


単四→単三

単四を単三にするアダプタ
 エネループ。単三24本と単四14本を持ってるんだけど、単三を使う機器の方が多いので10本も多いのに、充電済待機分は単三2本単四6本という現状。
 単三を買い増しするのがいいんだろうけど、せっかく1000回も充電して使えるエネループ。たくさん回さないとね。
 なので単四→単三アダプタを買ってきた。とりあえず4個。
 もちろん、単四の方が容量が少ないが、家で使う髭剃りやリモコンなんかはこれでも良いと思う。


スティックブースター

 昨日、エネループ ルティックブースターを購入した。

 前にKBC-E1Sを買ったんだけど、これだとiPhoneに充電できなかった。それは自分のリサーチ不足とか、承知の上で購入したので、しょうがない。

 で、スティックブースター。これはね、快適。iPhone 3GSで、空になった状態からの充電で60%まで、残り30%の状態からでフル充電ができたよ。単三エネループ2本を装填しての、給電専用としてこの性能は大満足。
 単三エネループをたくさん持ってるからなぁ。4本持って行けば、どんなにヘビーに使っても1日以上持つだろう。

 KBC-E1Sは、職場に、空になったエネループの充電用に置いておこう。


エネループ8色カラーパック

 サンヨー(三洋電機)のエネループ。その世界出荷数1億個突破を記念して、単3形の8色カラーパック(簡易バッテリーチェッカー付き)を発売する。

 いいねぇ、これ。
 我が家では電池は全てエネループにしていて、従来の乾電池はほぼ駆逐完了したのだが、ローテーション管理のために、エネループ充電池本体に油性ペンで通し番号を書いている。
 それが不要になるかな。
 いや、色の順番を覚えないといけないから、番号書いた方が便利かな。
 そもそも、エネループは、既に20本以上持っていて、必要数は足りているので、とうぶん買わないんだけど。

 これからエネループ化していくって人にはいいね。


iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。


Newton MessagePad130発見

 Newton MessagePad130本体も残ってたよ。
Newton MP130
  お約束。iPhone 3Gと並べてみる。Newtonでかっ! MP130は、VHSビデオカセット程度の大きさ。そして重い(笑)。
Newton MP130
 ACアダプタはすでに別の箱に詰め込んでしまったので、エネループを入れて起動。バックライトが点灯せず。現在のMacとは接続できないので、何もインストールする事も出来ず、素の英語環境のまま。バックアップ等もできない。ってことで実用は不可能。
 でも、一応保存しておこうかな。