バックアップ取ろうよキャンペーン

 ついこの前、11月。
 FC2内の特定のサーバで大きな不具合を生じて、多くのブログでデータ消失を招いた事件があった。
 俺のアカウントがあるblog2とblog12は、幸いトラブル外ではあったが、同じFC2内で起こったことだけに、他人事ではない。

 サポーターブログの雄、「アルキカタ」こと「FC2ブログの歩き方」でも、「バックアップ取ろうよキャンペーン」と銘打ち、最低限の予防策を呼びかけている。

 しかしなぁ、批難覚悟であえていうけど、バックアップをおろそかにしているってのが理解できない。
 バックアップをおろそかにしている人ほど、データ消失事故が起きた時に祭を起したり、泣き寝入りしたりの両極端なんだよな(これ、根拠無しだけど(笑))。

 俺は、2年前のFC2への移転以来ずっと、最低でも週1回程度(だいたい金曜日か土曜日)、その間にも時々は、管理メニューの「データのバックアップ」より全テキストのバックアップを取っている。そのうち最新5個程度を保存。
 アップロードした画像は、自分のHDDのひとつのフォルダにまとめて保存。サムネイルも、そこにドラッグコピー。モブログ時の写真&サムネイルも、帰宅後にドラッグコピー。
 モブログ記事はとりあえず「未処理」カテゴリで公開される設定してあり、写真のバックアップが終わった時点で、記事相応のカテゴリに変更しているので、写真バックアップ忘れは少ない。
 上記テキストと画像のフォルダは、月に1度、CD-Rに焼いて保存。

 ブログサービスのほとんど全ては、有料無料にかかわらず、データ消失について責任を負わないという規約になっていると思う。
 そんな事はともかく、消えた時に、「消えた事そのもの」についてはいくら苦情をいってもしょうがない。現実として、消えた物は帰らないのだから。
 俺としては、サービスとしてトラブルが発生した事や復旧について及び、運営やサポートの体制に対する事と、データ消失は切り離して考えた方が良いと思っているくらいだ。もちろん、ヘボヘボな管理運営でやたらとデータ消失が発生するブログサービスなんかは論外だが(笑)。

 くどくて嫌味な表現になってしまったが、極論をいえばデータ消失は常に覚悟しておくべき、と改めていいたい。

 FC2のバックアップ機能は、完璧じゃないよ。最低限のバックアップ。
 タグ情報は保存されないし、そのバックアップファイルをインポートしても、記事番号は読み込み順になるので、記事中に記述したパーマネントリンクは食い違う可能性が多分にある。

 でも、閲覧体裁と、コメントのほとんどは復旧できるし、バックアップファイルはプレーンテキストなので、二次利用も視野に入れて、とにかく、なんとかなる。

 バックアップ取ろうよ。

bcr.gif

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9945/trackback

3 thoughts on “バックアップ取ろうよキャンペーン

  1. びといんさん、どうも、ご紹介いただきありがとうございます。

    >バックアップをおろそかにしているってのが理解できない。

    ユーザ層が厚くなっていること、パソコン自体に昔ほどエラーが出なくなったことなどから、「バックアップ」の概念が一般常識化してないってのがあるでしょうね。

    今回のキャンペーンは、だから、そういう層にも気付いてもらえればってことで。やることやっといてからなら、管理運営にも物申しやすいってのもありますし(笑)。
    自分とこ(blog9)が被害にあったのが良い機会ではありました(涙笑)。

    パーマネントリンクも、手作業で、なんとか揃えることもできなくはありません。……面倒だけど。やっぱりバックアップは必須ってことで。

  2. こんにちは。
    ぼくももろにやられました。復旧頑張ってくれたみたいで、計20エントリー程度が消失したくらいで済みましたが。
    バックアップについてはそのとおりだと思います。ブログに限らず。でもそれを踏まえてなお、ぼくは面倒くさがりなので(笑)、年に数回くらいしかとらないと思います。
    ホームページみたいに丸ごと保存できると楽なんだけど。

  3. sugarさん江
     うん。おっしゃる事は無条件で納得ですし、十分に理解しているつもりです。
     やはり、うだうだいう前にバックアップなんですよね。
     俺らの世代だと「ローカル保存は当たり前。ネット上で公開してるのは消滅するのは当たり前」って感覚なんですけども(笑)。

    b.k.ノムラさん江
     直撃を喰らったら、ただ事ではないでしょう。
     面倒がらずに、小まめにバックアップをご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください