懲りずにマーキング

 早々にはがれてしまった、携帯電話のジオンマーク。もちろんまったく諦めていない。
 かくなる上は、ステッカーの自作、だ。
 まず、大元になるジオン公国章。ガンプラMGグフカスタムの組立て説明書表紙をスキャンした。それを下絵にして、Expression3で左半分の輪郭をなぞる。この地道な作業で、ベジェ曲線をほぼマスターしたね!
 半分描けたら、それを反転コピーして、全体像完成。
 このデータをIllustrator形式で書き出して、Photoshopに読み込んで、色々拡大縮小して、A6判にレイアウトして、インクジェット用耐水ステッカー用紙(クリアタイプ)に印刷。
 おお。カッチョイイ。
 しかし、結果は、失敗。クリアタイプのステッカー用紙を使ったため、下地が透けてしまった。ホワイトタイプじゃないとだめなんだね。いずれにしても、ナイフで切り出す労力は同じなんだしな。
 それと、こういう作業する時には、やっぱりIllustratorが欲しくなる。Expressionは、画像のベクター化ができないんだよね。
 でも、Illustratorは高価だから、年に数回使うくらいじゃもったいない(笑)。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9036/trackback

懲りずにマーキング” への5件のコメント

  1. 何かを作り始めると、すごいですよね。
    とりあえず、形になるまでちゃんとやっちゃうし・・・。

  2. すしバーさん江
     えぇ。ボルテージが上がると、なんらかの成果を出すまでは一気にやっちゃう性分です。成功ばかりじゃなく、失敗と見極めたり限界を予測するためにも。

  3. びといんさんはフォトショがかなり使えるみたいっすね。
    僕は毎回掲載している画像の補正とweb用に保存くらいしか…orz

    あとピンセットはタミヤ?
    デザインナイフはオルファですねw

  4. somedayさん江
     俺も、だいたいそんなもんですよ。まぁ、絵を描くソフトはこれしかインストールしてないので、何でもやってしまいますけどね。
     しかし、PhotoshopといってもElementsですよ。ver3になって高機能になったので、これでいいっすわ。
     Illustratorも入門用の安いのだないかなぁ。

  5. 我が心、この旗のもとに!

     ケータイに貼るステッカーの自作。前回はクリア用紙を使ったために失敗したので、今度は、白い用紙を買ってきて、作り直し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください