玉猫戦隊オーブファイブ ネズ神博士登場(7)

 ネズ神博士登場(7)

 
 オーブクローラーが、採石現場上空に到着した。
「ふぅ。さすがに、わし単身では、あのクローラーとやらには太刀打ちできんな」
 単身……ネズ神博士は、端(はな)から淑大僧正を戦力外とみているようだ。
 見放すかのごとく、岩陰に潜んだ。
「小僧、せいぜい傷でも引っ掻いてやれぃ。ふぉふぉふぉ」

:-

「司令、ネズボルトは、これ以上巨大化はしないようですけど、でも、再生を繰り返してどうしようもありません」
 レッド・ミキが、珍しく泣きを入れている。
『オーブロボの推力強化ユニットを持ってきた』
「強化ユニット!?」
 5人が一斉に復唱した。
『そうだ。バックパック方式になっている』
「でも、まだ見たこともないのに、どうやって使うんですか?」
 ピンク・カオリは心配そうに尋ねた。
『詳しく説明している時間はなかろう。とにかくオーブメカ合体の要領で、こいつをロボの背中に装着させるんだ』
「カオリちゃん、やるしかねぇべ」
 イエロー・マルの言う通りだ。
「ラジャー。司令、お願いします!」
『よし。行くぞ。装着した後は、今まで通りにロボを操縦すればいい』
「ラジャー!」
『猫背、送出!』
 オーブクローラーを見上げるオーブロボ。
「(ユウカ)キャブモーター、オン!」
「(マル)エネルギー110%開放!」
「(カオリ)耐ショック回路、レベル7!」
「(チオリ)背面及び頭部シンクロレーダー、オン!」
 オーブクローラーの左舷格納庫のハッチが徐々に開いてゆく。
「(ミキ)オーブロボ、ジャンプ!」
 飛び上がるロボ。それに合わせて、クローラーのハッチからパーツが送出された。
 シンクロレーダーによって軌道矯正されるとはいえ、ぶっつけ本番とは思えない華麗な動作で、難なく装着すると、ロボは地上に立った。
 背中の上部に、背面メイン推進ノズルをふた回りほど大型化したような具合で、強化ユニットはジョイントされている。まさにロボが「猫背」になったかのようだ。
 シュゥーーン!
 一瞬、停止音のような物を発した後。
 ヴィィン! シューッッ!
 激しい噴出音とともに、ロボの目の光が増し、背面と、腕、口元が発光した。

「うほっ! 猫背装着。ハイパーモードですよ、尾藤さん!」
 肇間は、目を輝かせている。本当に、派手な攻撃が好きらしい。
「えぇ。まだトライアル中のメカですが、やってくれるでしょう、彼女たちなら」
 尾藤は、相変わらず、ネズボルトと一体化した淑大僧正の頭を睨みながら、答えた。

 それぞれのセクションメーターを見つめるオーブファイブ。その表情がみるみる明るくなる。
「す、凄い……5倍以上のエネルギーゲインがある!」
 マルが驚く。
「反応も同じよ!」
 ユウカだ。
「軽くなってる!? これなら、勝てる!」
 ミキが改めて号令をかけた。
「ハイパーモード、発動!」
 シュゥゥーーンッッ!
 まるで身震いするかのように、オーブロボの全身が唸ると、次の瞬間、ロボの口元から、猫ヒゲのような光が噴射。さらに、背面のメインノズルからも大きな噴射が。それはまるで怒りで太くなった猫のシッポのようだ。
 フゥゥゥーーーッッ!
 見栄を切ると、「猫背」のシルエットも加味され、敵を威嚇する猫そのものの姿だ。

「な、何だ!? そんな猿芝居は通じんわ!」
 びびりながらも、なお空元気のネズボルト化した淑大僧正。
「『窮鼠猫を噛む』という言葉を知らんのか」
 腕を振り回す。オーブロボの頭に当たり、ロボが少しよろける。が、問題ない。
「うっさいわね! ほんと、今のあなたは窮鼠! それに、猿じゃなくて、猫よ!」
 ロボは体勢を建て直し、左右に体を振って、フェイントをかけている。
「パンチってのは、こうやるだ。いくどっ!」
「ブギャァァ!」
 ロボのパンチを食らったネズボルトの頭が、どす黒い液体の弧を描いて、吹き飛んだ。
「ふん。本体の頭はこっちだ!」
 ネズボルトの腹部にある、淑大僧正の顔が言った。
「あら、そう。じゃ、失礼っ!」
 今度は、その腹部に、膝蹴り。
「ぶげっ!」
「教えてくれて、ありがとう!」
 もう一撃。
「ぶげげっ!」
 淑大僧正は、緑色の何かを吐く。
「きゃぁっ。ばっちぃ!」
 淑大僧正は、白目を剥いている。しかし、そのまま口を開き、マンダラを唱えてる。
「逝っちゃった?」
「まだです、ネズロン反応がピークです!」
 チオリが叫ぶ。
 淑大僧正の口が更に開き、もうほとんど腹全面が口と思うほどだ。
「さがるわよ!」
 今までとはまったく違う機敏な動作で淑大僧正から離れるオーブロボ。
「司令、全部の機能がパワーアップしてるんですか?」
『ミキ、その通りだが、あくまでも補助パーツだ。稼働時間は短い』

「ラジャー!」
 ミキは、てきぱきと指示する。
「マルちゃん、残りは?」
「お。やる気だな。130%維持で2分だす」
「ラジャー。いくわよ! せぇの!」
「(全員)オーブウェーブ・ハイパー!」
 オーブロボの胸にあるエンブレムから、その大きさ以上の光の束が発射された。ネズボルトの腹部、淑大僧正の顔目がけて突き進む。
「ぐわぁぁっっ!」
 淑大僧正の口からも、緑色の粘土状の束が吐き出された。オーブウェーブ光と衝突。
 バリバリバリ……。
 数秒間混戦していたが、ついにオーブウェーブ光が淑大僧正の口に刺さった。
「ブギャァァァァァァァッッッッッッッッッーーーーー!!」
 ちゅどどーん。
 断末魔とともにネズボルトと一体化した淑大僧正の姿が消滅した。
 ネズボルトは、今までよりも細かい瓦礫になって、もう再生はしなかった。

 尾藤が、慎重に瓦礫に近づく。
 そこに、淑大僧正が倒れていた。
「無様のよぉ……」
 微かな声で、ひとことだけいうと、淑大僧正は、息絶えた。
 黙って見ている、尾藤。
 淑大僧正の姿が、徐々に変って、かつての吉行淑之の顔に戻った。
「……吉行」
 尾藤は、吉行の目を閉じてやった。

 
 (8)[完]につづく

 玉猫戦隊オーブファイブ 第13話「出た!最強最悪の新幹部登場だぞ!」より

 
ねこぱんち!
不条理み○きー:【玉猫戦隊オーブファイブ】 メイン・リンクリスト

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8489/trackback

9 thoughts on “玉猫戦隊オーブファイブ ネズ神博士登場(7)

  1.  あ〜あ、ついに淑大僧正を殺してしまいました。
     次回は、ネズ神博士との初戦です。

  2. 【玉猫戦隊オーブファイブ】 メイン・リンクリスト (全172編 増加中)

    最終更新日:2004.12.17 AM02:05タイトルをクリックすると主題歌が聞けるよ! 「玉猫戦隊 オーブファイブ」をご愛顧いただき、有難う…

  3. ★びといんさん
     いやぁ!壮絶気絶また怪絶に淑大僧正、ぶっ飛びましたね。
     「猫背」も良いです。^^
     「アンビリカルケーブル」みたいっす。
     「ネズ神」の初戦も楽しみです。

  4. ぷよぱぱさん江
     はい。壮絶に吹き飛ばしました(笑)。
     やられる時恒例の「邪魔皇帝陛下ーーーーーっっ!」は、元人間である大僧正には、あえて言わせませんでした。

     伏線の件も了解してますので!

  5. 推力強化パーツ、猫背とは考えましたね。
    だんだん敵も味方も強くなっていくのですね。

    淑大僧正が死んでしまって、
    もうこのキャラクター、使えないんですね。
    ちょっと寂しいです。
    ネズ神博士、どんな人物なんでしょう。

  6. ああ、わかりますね。猫背、描けますよ。かなりイメージつかめました。

  7. 装着シーンが格好いいですね。
    装着後にロボの目が光るあたりが今回のツボです。
    あと、最後に吉行の目を閉じてあげる尾藤さんが格好いいですね。
    ああ、俺も書かなきゃ。

  8. agricoさん江
     えぇ、この話は「猫背」を出したいために書いたようなものですから(笑)。
     淑大僧正は、今後も使っていいんじゃないでしょうか。この話より前の出来事にしちゃえばいいだけですよ。

    すしバーさん江
     猫背装着後のハイパーモードの絵は、何度か挑戦してるんですけど、あまりうまく書けませんでした(笑)。
     すしバーさん、書いてください!

    マンガーさん江
     目が光るのがツボでしたか!
     シッポは?

  9. 玉猫戦隊オーブファイブ ネズ神博士登場(8)[完]

     ネズ神博士登場(8)[完]   「ふぉふぉふぉふぉっ」 「何者だ!?」  尾藤が、そう叫んで立ち上がると、吉行の亡骸が、ぼぅっと青く光り、消滅した。 「ご挨…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください