iPhoneのApp Storeの表示が重たい時はGenius for Appsをオフにすると良い

 iPhoneのApp Store(アップストア)で画面切替えや一覧表示がやたら遅く感じる。顧みればiOS 6になったあたりからそうなったような気がする。
 で、ネット検索してみたら、あっさりと対処法が見つかった。
「ゆふきちのiPhone Life|iPhoneのAppStoreアプリが重い。。そんな時はGenius for Appsをオフに!」など多数あったので、有名な症状なんだね。

 設定アプリでで、プライバシー>位置情報サービス>システムサービス の「Genius for Apps」をオフにするだけ。
130805_iphone01

 なるほど!重たくなくなった。

 iTUnes(ミュージック)などもそうだけれど、個人的にはGeniusって重たくてうざったくて大嫌いなんだよね。こういう余計な負荷もあるし。

 あ、アップルストアのGenius Bar(ジーニアスバー)には時々お世話になり助かってます(ここも、お世話にならずに済めばなによりなんだけれども(笑))。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/13647/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください