NHKを見る頻度があがった

 嫁さんがよく「あたしのお父さんはNHKが大好きだった」という。
 その義父程ではないが、俺も、年々、NHKを見る頻度が高くなってきたように思う。もともとそれほどテレビを見るほうではないのだが、最近の民放はだんだん面白くなくなってきて、長年見続けているいくつかの番組だけだなぁ。

 ニュース番組は、VTRにかぶせるBGMやキャスターの珍妙な意見は不要。キャスターは淡々と事実のみを伝えてくれて、解説や意見はキャスターじゃなく解説員にハッキリ分担してくれればいい。
 バラエティーは、どのチャンネルも同じようなのばかりで、今どの局を見ているのは解らない事があるよ。たまにみるゴールデンタイムは、民放は、80〜90年代の懐し歌謡曲かネットから引用した動画も多く——そんなの地デジHD対応のテレビで見る意味がない画質だし——面白くない。
 とある番組がヒットすると、それに似た番組を各局が真似るってのは昔からあるが、そんなの長続きしないって。

 ドキュメンタリは昔からNHKは凄いと思って見ていたし、時代劇が好きなので大河ドラマなども見ていた。バラエティは、のびんりしていて野暮ったいなぁとも思っていたが、近年のNHKのバラエティはなかなかいい感じじゃないか?
 近年のNHKは(NHKも)特にバラエティ系番組は民放っぽくなってきた感じはある。が、80年代のバラエティが面白かった時代のそれっぽい、と俺は思う。

 ともかく、NHKとテレビ東京以外では、テレビ朝日の「相棒」と「タモリ倶楽部」「アメトーーク」くらいかな。他はどうでもいいや。あとはBSかCSの専門チャンネルの方が面白い。

 チャンネル数って、多けりゃいいってもんじゃねーよな。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/12744/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください