言葉を選ばなくなった

 約1年半くらい、ことえりを使ってきたが、ここ最近、変換効率がかなり悪化してきた。長期間使うと、ふいに変換学習を忘れてしまうというか、なんだか妙な学習をしてしまい、以後は使えば使うほど莫迦になっていくような現象は、あいかわらずだった。
 もう少ししたら、かわせみがリリースされるのだけど、それまでの数週間が待てない。そろそろ我慢の限界だ。
 ってことで、1年半前に削除したegbridgeUniversal2を再インストールした。Leopard対応アップデータを適用すれば、SnowLeopardでも動くらしいので。
 もちろん、環境設定類やユーザ辞書は、CD-Rに保存してある。

 で。無事に動いているよ。うん。
 快適。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/11714/trackback

2 thoughts on “言葉を選ばなくなった

  1. MacBookを買ってからずっとことえりを使ってるんですが、ボクも最近変換に違和感を感じます。びといんさんのこの記事を読んで、そういう仕様だったとは驚かされました。(泣) 最初はふつーに使えて、良い感じだったのに。やっぱり専用の変換ソフトを導入した方が良いのかな。ボクも検討してみたいと思います。 win(IME)では、変換が常時異常でしたがね。w

  2. ka2-yukiさん江
     ことえりは、4になってかなりマシになりましたが、そんなに過大評価しちゃダメですよ(笑)。
     あくまでも想像ですが、ことえりって、学習データの格納量に上限があるような気がします。ホント、昔から、使えば使うほど変換効率が下がるんですよ。
     個人的にはATOKよりはことえりの方が好きですけどね。
    「かわせみ」がリリースされたら、購入を検討されても良いと思います。ダウンロード販売だけですが、安いし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください