相棒season7(第19話)を観た

 相棒season7の最終話。
 さて。最大の関心事は、なんといっても薫ちゃんに代わって右京さんの新しい相棒となった神戸君の登場。
 まずは設定紹介みたいな感じで、神戸君や右京さんにあれこれとお互いを分析し合うようなセリフが多発。まあいいけど(笑)。ところで神戸君は、珍しく「密命を帯びて」特命係に配属されたらしい。「表向きは左遷だが」と言われているが、本当に左遷じゃねーのか? と疑ってしまうね。それは今後のseason8以降で解明されていくだろう。
 表向きは2階級降格での特命係配属、それでも警部補か。性格はもちろん、キャリアってあたりも薫ちゃんとはまったく違うキャラで、思い切った設定だな。
 いやしかし、右京さんがシリーズ初期のようにかなり嫌味な言葉を連発してたのが楽しかった。

 及川さんは、きっとかなりのプレッシャーを受けるだろうけど、今後も頑張って、また新しい「相棒」を人気番組のまま維持していって欲しい。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/11465/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください