「機動戦士ガンダム00」第12話を観た

 ユニオンのエース、グラハム。
「あえて言わせてもらおう、グラハム・エーカーであると!」
 いやいやいや、もういいわ。あえて言わんでもいいぞ。
 ダブルオーの劇中、従来ガンダムシリーズのファンへのサービスとやらで、ファーストやZ、Gガンなどの名セリフの引用がたくさんあるのだが、グラハムの上記セリフは、使い方が一番ひどい。しかも、2〜3回目だよね、このセリフ言うの。見栄口上のつもりなのだろうか。勘弁してくれ。

 っつーか、スメラギさんをもっと出せ!

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10837/trackback

4 thoughts on “「機動戦士ガンダム00」第12話を観た

  1. 私もそれは言っちゃあいけねぇな、と思いました。
    グラハムって人、身なりが SEED のムウさんに似てるせいか、もうちょっとカッコ良い役どころかと思っていたのですが、どうもそうでもないみたいですね。

  2. 同感です。
    なんか過去作を意識した演出は逆に閉口するんで、ちゃんと新しいことをやってほしいもんです。
    こんなことするからアンチから叩かれるんだよぅ…

  3. somedayさん江
     何話だったか忘れたんですけど、セルゲイ中佐が「戦いは常に二手三手先を読んで行うものだ」って言ったような気がするんですよ。気のせいかなぁ。かっこよかったんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください