MGザク[Ver.2.0]製作(5)

 MGザクVer2.0製作レポート。

MGザクver.2.0
 外装パーツは表面処理(ペーパーがけ)をしながら組んでいるので、毎晩1時間くらいの作業では、遅々として進まず。まぁ、楽しんでチマチマやってる。
 レポートと呼ぶには内容がないよう(おやじギャグ)。

MGザクver.2.0
 腕外装パーツのランナー。
 この写真で右側に、ヒジ側面外装パーツのブロックがあり、この部分と上腕外装パーツのブロックは、金型差替を考慮されたスイッチジョイントで繋がっているね。ランナータグもその間にある。
 これって、今後のバリエーション展開を予想させるランナー構成だよね。

 このヒジ側面外装パーツのブロックに、プリン型のそれが納められた、黒いザクのキットが出てきそうな気配を感じる。

1/100 MG MS-06J 量産型ザク Ver.2.0 1/100 MG MS-06J 量産型ザク Ver.2.0

バンダイ 2007-04-29
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10519/trackback

2 thoughts on “MGザク[Ver.2.0]製作(5)

  1. これって本当にフレームに凝った作りをしてますね。
    スパイクアーマーの内部までって!(笑)
    もしかしたら昔懐かしいカットモデルを作る人も出てきそうですね。
    バリエーションはやっぱり人気のある06Rあたりからですかね。
    案外それで終わってしまいそうな気もしますけど…(笑)

  2. somedayさん江
     まず外装は組立て後に完全に外せるので、それだけでもモデグラ6月号表紙みたいな飾り方は可能ですね。
     フレームも絶妙なパーツ割なんで、いくつかのパーツをサポート請求すればカットモデルができそうです。しかも、通常形態とのコンパチで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください