復活のモブログ、その後。

 過日、「復活のモブログ。Instagram〜WordPress〜Twitterの連携。」という記事を書いた。
 それから二週間。時々設定を微調整しつつ、モブログ環境を再構築していた。

 Instagramへの投稿だけで当ブログへの記事投稿、そこからさらにTwitterへの投稿という連動は、面倒がなくて良い。良いのだが、写真の全てがなんでもかんでも当ブログで公開されてしまうのはさすがにアレだなと、改めて感じた。もちろん Instagrate Lite プラグインは悪くない。むしろ歓迎すべき素晴らしいツールだ。Instagrate Lite の機能/仕様云々がが論点ではない事は言わずもがなだろう(笑)

「モブログ」の定義自体は(最近あまり見聞きしないし(笑))曖昧な部分もあるが、写真付の投稿だけではなく「出先でもブログを更新する」事であるので、WordPress公式のiPhone用アプリも使っている。
 ブログ更新はこちらをメインにして、Instaglamへの投稿と同時にWordPressにも投稿することにした(連携ではなく、それぞれ)。

 それが、俺にとっては一番な気がしている。今のところは。
 あー、Instagramは当面やめるつもりはないよ。


復活のモブログ。Instagram〜WordPress〜Twitterの連携。

 このWordPressによるブログで設定してあるTwitterへの更新通知、いわゆるTwitter連携のプラグインが少し前から調子悪くて、他のプラグインを試していたら、良いものを見つけた。

 Next Scripts: Social Networks Auto Poster Options

 長い名前(笑)だが、通称 SNAP と呼ばれているらしい。
 多くのTwitter連携プラグインは記事タイトルとURL程度しか送れないが、SNAPは記事内の画像も付けて送信してくれる。しかも、当方ブログへのリンクではなく、Twitterへの画像投稿として。
 これは使わない手はないだろう。

 導入や設定方法は、こちらのサイトを参考にさせていただいた。
 各種SNSに記事公開と同時に自動投稿してくれるプラグイン Social Networks Auto Poster

 写真はほとんどInstagramにアップしていて、InstagramからTwitterへの連携投稿にしているのだが、フォロワーさんとのやりとりで、「それだと、Twitterのタイムラインに直接表示されず、写真を見るのに一手間かかるからなぁ」と言われた。
 俺はTwitterはiPhoneアプリのTweetbotでしか利用しておらず、これだとInstagram写真もタイムラインで直接表示されているため、上記仕様をすっかり忘れていた。そうだ、そうだったなぁ!

 そんなこんなで、いっそInstagramも連携させたい。もちろん、そういうWordPressプラグインもあった。

 Instagrate Lite

 以前はInstagrate to WordPress という名前だったのが改名されたようだ。
 導入や設定方法は、こちらのサイトを参考にさせていただいた。
 InstagramからWordPressへ自動投稿するのをIFTTTからプラグイン「Instagrate to WordPress」に変更しました

 このふたつのプラグインにより、WordPressをハブにして、Instagramへ写真を投稿すると自動的にこの(WordPressで構築された)ブログの記事として投稿され、それが自動的にTwitterへも投稿される、という素晴らしい連携ができた。
 Instagramの投稿がWordPressへ反映されるまでに5分〜15分、WordPressからTwitterへの反映にも数分のタイムラグがあるが(日曜深夜零時前後で)、手動で個々に投稿する手間を考えたら十分に許容範囲内だ。
 また、連携投稿された写真に白い枠がついてしまう。これはInstagramへの投稿写真を正方形にしていないから悪いと言われればそれまでだが、長方形での投稿に対応して久しいのだから、変な枠をつけて無理やり正方形にしないでそのままのサイズでWordPressへ持ってきてほしい。SNAPのせいかInstagram側のせいかはわからないが、俺はできれば正方形ではない方がいいのだ(笑)。

 俺はなんだかんだ言ってもブログが好きだ。このシステムが性に合っている。今でこそ仕事が忙しいのと、簡単な事はTwitterへの投稿——まさにつぶやき——に軸を置いているので、ここ2、3年は月に数件しか書いていないが、それでもこのブログの更新は続けている。けっしてネタがないわけでもない。
 そして「なるべくデータは一元管理したい」主義だ。ゆえに、ここのタイトルも「ねこぱんち統合整備計画」という。別にマ・クベが好きだからではない。FZザクは好きだが。いや、そんなことはどうでもいい。とにかくブログが好きなので、ここがメインなのだ。今でも。
 Instagramに写真投稿するだけで、昔懐かし「モブログ」になるんじゃね?

 ちゅるる〜ん。でででで〜ん! 復活のモブログ。

「いや、モブログならこの目で確かめたい。キシリア殿に笑われようが私にも意地というものがあるのでな」


パーマリンクの末尾に拡張子が付かないのが、ちょっと気持ち悪い

 当ブログは、今年に入ってからWordPressにてサイト構築しているが、各記事の個別URL(パーマリンク)の末尾に、“.html”とかの拡張子が付かない。
 SEO的にどうなのとかそんなのは眼中にないが、ちょっと気持ち悪い。
 いや、生成される記事パーマリンクに“.html”を追加する方法は簡単にわかったのだが、しかし最近Google検索経由でのアクセスも増えているようで、せっかくGoogleにインデックスされた既存記事のURLが無効になってしまうのも嫌で。
 ……とウジウジするのもまた嫌だな。えぇい!設定変更、ポチっとな!


現在利用中のWordPressプラグイン

 どれも定番ばかりだけど、備忘のため、現在使用中のプラグインを記述しておく。
 現時点で常用が固まったものたち。

 Akismet
 スパム対策。標準装備だったので。

 WP-SpamFree
 同上。

 WP Multibyte Patch
 よくわからんけど、日本語を含むマルチバイト言語環境の場合は入れておくべきらしい。

 WP Super Cache
 キャッシュ管理により表示の高速化(WPtouch と併用する場合はちょっとした追加設定が必要)。

 WPtouch
 サイト表示をiPhoneに対応に自動変換してくれる(WP Super Cache と併用する場合は、そちらでちょっとした追加設定画必要)。

 Movable Type and TypePad Importer
 MT型式のデータをインポートするのに必要。

 All in one Favicon
 ファビコンを追加する。

 Better Delete Revision
 記事更新毎に増える履歴を手動で消去してデータベースを整理する。

 Japanese Autotag
 記事投稿時にタグを自動設定(Yahoo! Japanのアカウント、アプリAPI設定が必要)。

 SI CAPTCHA Anti-Spam
 コメント投稿時にスパム対策の画像認証を追加。

 Simple Tweet
 記事投稿時に自動的にTwitterへ送信。

 Yet Another Related Posts Plugin
 関連記事の表示。

 この他に20個くらいのプラグインをインストールして試しているけど、常用には至っていない。

WP Super Cache と WPtouch の併用でハマった件については別途記事を参照されたし。


えぇぃっ!WordPressのカスタマイズは化け物か!?

 サイトデザインを、なるべく移転前の雰囲気を再現しようと、孤軍奮闘している訳だが、WordPressのテーマファイル(テンプレート)をいじるのは難しい。

 デフォルトテーマである「Twenty Eleven」の解説書も買って、だいぶ理解は進んだんだけど、まだまだだねぇ。まぁ、とりあえず html を生成する php や css を“半分は勘で”いじって、サイトがうまく表示されたらそれでオッケー、みたいなのの繰り返し。
 このやりかたでは、大きな不具合は発生しないと思うけれども、カスタマイズが大きく進展することもない(笑)。

 今日は、タイトルバックの画像を移植した。たかがこれだけなんだけど、えらく苦労した。構成ファイルや変数が多すぎる。
 本当は、サイトキャッチフレーズ(「ねこが前足で〜」の文)の下に、名台詞表示スクリプトを置きたいんだけど、このヘッダー部分の高さを可変にする方法がまだうまくいかないので、保留。

 ちなみに、このタイトル画像の「ガンダムを蹴るシャアザク」は、移転前サイトでも長年使っていたものだが、可動フィギュア「エクステンド モビルスーツ イン アクション」を使い特撮(シャアザクの腰や脚などは、外してパースを付けて撮影したりしている)で作ったオリジナル。

 でも、現時点では、iPhoneで表示させるとヘッダー部分がゴチャゴチャになるね。ごめんなさい。スマートフォンの場合は、モバイルテーマをオンにしてください。


WPTouchでのモバイルテーマ切替えの問題が解決

 WordPress(現バージョンは3.3.1)環境に移行した当ブログだが、デフォルトテーマである「Twenty Eleven」をちょこっと改造したテーマを適用している。
 この Twenty Eleven は、CSS3のメディア・クエリーとかって機能を使い、「レスポンシブWebデザイン」というのになっているんだって。俺は良くわからんけども(笑)、要するにひとつのCSSで、パソコンのみではなくタブレット端末やスマートフォンにも対応できる可変レイアウトなんだとか。パソコンのWebブラウザで表示していても、幅を狭めていくと1カラムになりサイドバーが下に行き(いわゆるサイドバー落ちとは違う)、フォントサイズも調整されて細幅モードになる。凄い。
 当ブログでは、それとは別に、スマートフォン用の簡易表示に変換する WPTouch(現バージョンは1.9.38)という定番プラグインも導入してあり、これも、プラグインを有効にすればiPhoneなどに最適化された表示にしてくれるという優れもの。
 WPTouchを有効にすると、iPhoneでアクセスすると一番下にモバイルテーマのON/OFF切替えボタンが付くのだが、これがどうにもうまく動作しなかった。表示項目などの設定変更してもすぐに反映されないことから、何かしらのキャッシュが影響しているのだろうなと考え、WP Super Cache プラグインをオフにしてみると、的中。モバイルテーマの切替えがちゃんとできるようになったよ。
 しかし、WPTouch も WP Super Cache も使いたいので、どうしたもんだろとググってみたら、それらの共存方法が見つかった。
 「WPtouch と WP Super Cache を併用するための設定 | さあ WordPress をはじめよう」 を参考に、下記の設定をして、無事解決。

 WPtouch の設定で「Advanced Options」の “The currently enabled user-agents are:” 以下を選択しコピー。
 WP Super Cache の設定で、「詳細」タブで “Mobile device support. (External plugin or theme required. See the FAQ for further details.)” をチェック。
「除外するユーザーエージェント」の一番下に、WPtouch でコピーしたテキストを貼付け、ユーザーエージェントの間の、半角スペースとカンマを消してそれぞれ改行し、[UA 文字列を保存] をクリック。
「簡易」タブで「キャッシュを削除」ボタンをクリック。

 以上。
 解決してよかった。


サイト構築(の勉強)中。

 国家試験取得のために1年以上保留していた独自ドメインによるブログツールでのサイト構築について、年明けからWordPressをいろいろいじり始めたのだが、なかなか難しいね。
 というか、ここFC2などの既成ブログサービスがいかに簡単で、ある意味ではとてもありがたい存在なのだと言うのが改めてよく分かる(笑)。
 自分で用意したサーバに構築プログラムやらデータベースやらのインストールや、基幹の動作設定からやらなきゃならない。レンタルサーバによっては、いわゆる簡単インストール機能がある所も多いが、それでも、インストールされたファイル群の役割も全く知らないで運用し続ける訳にはいかないだろう。
 適切な表現ではないかもしれないが、既成ブログサービスでいう「ブログ管理者」なんて、たかが「投稿者」に過ぎないと思い知らされる。

 今更ながら、自由になんでもできるという事は、逆に言えば全部自分でやるという事かもね。とても勉強になる。

 実は、そもそも最初のインストール直後の設定で3日くらい悩んだり、テンプレートをいじっていたら、突然日本語が表示出来なくなったりしたんだけど、収拾がつかなくなったら全部消去してインストールし直しからやっているので、気楽なものだ(笑)。
 HTML5だのPHPだのと言われても、まだよくわからないのだが、一応、十年前はWebサイト構築のためにHTMLだのCSSだのをテキストエディタで構文を手入力してたもんな。
 性分として、簡単なサイト構築ツールってのも好きではないし(笑)。
 じっくり勉強しよう。
 とは言え、もちろん早く公開したいものだが。