iPad用シェルカバー(暫定的なもの)

(null)
 iPad 9.7インチ(2017)用のシェルカバー、特に風呂蓋こと純正スマートカバー対応はまだ良いのがなさそうなので、暫定的に300円のを買ったら分厚いしり欠きが小さい。
 これ、スマートキーボード装着用の切り欠きじゃね? Proじゃないのでスマートキーボードは使えないんだけれど。
 まあ、バカ安の商品で暫定的なのでしょうがない。スマートカバーと干渉している部分を適当カットする改造をした。少しの間これで我慢する。


10度20度30度。スマイ……じゃなくてiPad mini の純正Smart Coverで角度無段階調整を

 公私にわたり絶賛愛用中のiPad mini Retina。

 先日、Smart Cover(スマートカバー)を低い状態でのスタンドにして装着し、仕事の資料を表示していた。で、充電したいと思ったのだが、その時の机上の物の配置の都合により、iPad miniを横画面でLightningケーブルは右側から差したかった。言うまでもなくiPad は四方向どちらにも画面表示が回転するので、Smart Coverをスタンド状にせず平置きであれば、Lightningコネクタを右にもできるのだが……。

 などとちょっと考えて、気付いた。
 Smart Coverを外して、iPad miniを反対向きにして乗せればいいんじゃね? 磁石で固定はできないが、スタンドとしては十分だろう。

 見事、うまくいった。これだと置く位置によって高さが無段階調整できるし!

 試しに、iPad mni Retinaの上にコンパスアプリ——の水平器モード——を起動させたiPhone 5を乗せて、角度を計測してみた。

 普通の装着状態で約10度。
20140608_ipadmini_cover-1

 4分の1のところに置くと約20度。
20140608_ipadmini_cover-2

 限界である真ん中で約30度。
20140608_ipadmini_cover-3

 この方法だと、縦画面でもスタンドに置ける。
20140608_ipadmini_cover-4

 すげー、大発見だ! いや、まぁ、たぶん既に他の人に発見されているだろう。一応「iPad Smart Cover 角度調節」でネット検索した限りでは検索上位には見つからなかったけど。


iPad mini Retina

 発売日にアップルストアオンラインで注文したiPad mini Retina Wi-Fiモデル64GBが届いた。
20131122_ipad_mini_retina_1
20131122_ipad_mini_retina_2
 開封の儀。

20131122_ipad_mini_retina_3
 電源アダプタは、10Wタイプに戻ったね。初代iPad miniのはiPhone用と同じもので、兼用できて便利だったのだが、やはりRetinaになりバッテリ容量が増量されたためか、以前のような高出力のに戻ったのかな。

20131122_ipad_mini_retina_4
 初代と並べてみる。左が初代、右がRetina。色以外は同じに見えるが(ホワイトモデル同士だったら、もっと見分けがつかないらしい)、Retinaは、背面上部にマイクがひとつ追加された。音声入力用だそうだが、だったら俺はあまり使わないな。
 0.3mm厚くなったらしいが、平らな所に並べて比べれば解るかなぁという程度。

 iPadは、初代、2、miniと使ってきたので、今回が初めてのRetina。もちろんiPhoneを毎年買い替えてきた身としてはRetinaの美しさは解っているが、やはり綺麗だね。ましてminiはiPad Airに比べてピクセル数は同じで画面サイズが小さいから、余計高精細に感じる。
 iBooks等で電子書籍を読む時に目の疲れが少なくなりそう。

 初代miniの時とは違い、今回は現時点での最高峰であるiPad Airと同等の性能で登場したのも嬉しい。個人的にはminiに慣れてしまうと、たとえRetinaにだろうとも標準サイズのiPadには戻れなかった。
 これから大活躍してくれそうだ。


ソフトバンクの007Zを解約しようと思う。それとは別だが機種変更月=契約更新月とは限らないと初めて知ってショックだった件

 ポータブル無線LANルータ ULTRA WiFi Softbank 007Z を契約したのは一昨年の11月。それまでにも同じソフトバンクのPocket WiFi を使っていて、それからの機種変更。
 当時はiPhone 4、4sで、パケット定額は二段階制だったのとiPad Wi-Fiモデルも使っていたこともあり、iPhoneのモバイルデータ通信がオフにしてパケット代は下限額に押さえつつiPadも外で使えると、Pocket WiFiを契約した。
 通信可能エリアや速度等に不満がないわけではないが納得の上での導入なので、もちろんそれで便利に使っていたし、大活躍してくれた。

 去年、iPhone 4sからiPhone 5に機種変更した時に、テザリングを利用するにはパケットし放題フラットに変更しなければならず、二段階制のが使えなくなるし、そもそもテザリングができるようになればポータブルWi-Fiはいらないなと判断。それまで1年間使っていた007Zを、パケット定額料を固定額のデータし放題フラットからデータし放題(1400円〜4980円の二段制)に変更し、月月割との相殺で0円塩漬けしてた。
 で、解約料のかからない契約更新月を迎えたので、今日、ソフトバンクショップへ行ってきた。
 しかし、俺の場合、007Zの更新月は11月1日〜12月31日で、11月分(12月支払)まで割賦残金と月月割があるので、解約するなら12月の方が良いと。
 ふむ。来月になったら忘れずにもう一度ソフトバンクショップへ行こう。
 当然、新型のWi-Fiルータを勧められたが、iPhoneのテザリングを使うので解約する、と突っぱねた。

 ついでに、現在使っているiPhone 5sの更新月も念のため再確認しておこうと店員に聞いたら、6月だと。何!? これを買ったのは今年10月だぜ?
 同一の基本プランでの機種変更では、契約更新月以外でも解約料がかからないが(たぶん機種変更と同時に別のプランに変更しても解約料はかからないと思うけどね)、実は契約期間単位(二年縛り)は継承されるのだそうだ。俺の場合、5年前の6月にガラケーからiPhone 3Gに機種変更した時に、ホワイトプランからホワイトプラン(i)に変更したので、それからずっと二年単位なんだって。
 機種変更月が契約更新月だとは限らない。これ知っている人はそんなに多くないと思うな。
 解約する時は気をつけよっと。まぁ、よほどの事がない限り、ソフトバンクはやめないつもりだけど。


iPhoneで外部からAirMac Diskへアクセス

 そもそもは、iPhone/iPadをiOS 7へ、MacをMavericksへそれぞれアップデートしたあたりから、iTunesでの音楽の同期が不安定極まりなくなった事に端を発する。
 今までよりかなり時間がかかるうえに、同期がうまくいかない事が多くなり、音楽は極最小限だけをiPhoneに入れておき、あとは自宅のファイルサーバからクラウドで再生しようかと、腹を括った(←大げさ)。

 まず試したのは、物入の奥にしまい込んで久しい(笑)Pogoplug。デスクトップ用の同期ツールはフォルダ単位でのアップロードが出来ないとか、iOS用の専用アプリでは表示が遅いとかはあるけど、さすが簡単にクラウド構築できる。でも、再生できない音楽ファイルがある(DRMがかかっていないAACでも)。
 とかなんとかやっていると、TimeMachineバックアップも調子悪くなってきた。それを調べるついでに、TimeCapsuleのAirMac Disk機能も試してみたら、あっけいないほど簡単に使えてしまったという訳。
 AirMac DiskはLAN内でのアクセスだけだと思ったら、iOSアプリ GoodReaderで、LAN外からもアクセスできたので、ホントに簡単なのだが、メモとして残しておく。
続きを読む


【ラジオ】第14回 iTunes同期がうまくいかない

 ねこぱんち統合整備計画ポッドキャスト第14回。
 iOS 7やらMavericksやらになってから、MacとiPhoneとの同期に不具合が出ていて困っています。
続きを読む


ついにGoogle MapsがiPadに対応、だけれどiOS純正くそマップをなんとかしてくれ

 2012年9月にiOS 6が発表された当時、多くのiPhone/iPadユーザが驚愕したのが「マップ」だろう。日本のマップはランドマークアイコンが本来とは全然違うところにあったり——「ガンダム駅」とか、おもしろネタもあったが(笑)——道路の路線名が違っていたり、施設名称がスカスカだったりと、使い物にならなかった。
 今では多少マシにはなったものの、なぜそれまでのGoogle Mapsベースをやめて、アップル独自のにしたのか理解に苦しむ。
 そのあまりにもヘボい仕様に「くそマップ」とも呼ばれ、俺も代替の地図アプリを使っている。早々にGoogle Mapsアプリも早々に登場したのだが、iPadには最適化されておらず、iPhoneアプリの2倍拡大表示となり、見難かったので、俺はiPadではMaps+というGoogle Mapsベースのユニバーサルアプリ(iPhone/iPad両対応)を使っていた。
 が、今日やっと、Google MapsアプリがiPadにも対応した!
 慣れ親しんだ画面。経路検索では電車にも対応。
 いやぁ、嬉しい。本当に嬉しい。

 しかし、Google Mapsがあろうが、他のアプリから住所などで地図を呼び出す時に、純正くそマップに飛ぶので困るのだ。早く純正マップアプリをGoogleなみにしてください。お願いしますアップル様。

 Google Maps(iTunes Store)


MiniSuit NewYork iPad mini Bluetooth ワイヤレスキーボードはしょぼいけどステキ

 iPad 2ではロジクールの「キーボードケース For iPad TK700」を使っていたのだが、iPad miniを購入した時、当然サイズがあわず、家族にiPad 2本体とキーボードをセットで渡してしまったので、iPad miniでは今まで外付けキーボードは使わずにいた。iPad mini用にもTK700みたいなのが出ると信じて待っていた。

 そんな折。つい先日、コグレさんのブログ「ネタフル」で紹介されていたのを見て、俺も即、アマゾンで購入。もうね、俺はこういう類のガジェットには弱いのだ(笑)。
 プライム会員なので注文翌日には届いたよ。

【MiniSuit NewYork】Apple iPad mini Bluetooth ワイヤレス キーボード スタンドカバー ハード素材 サテンフィニッシュ 全5色 ブラック

 iPad miniを装着すると、MacBook のミニチュア版という感じの開閉式になる。しかしこのキーボードを甘く見ちゃいけない(色々な意味で)。
 まず、最初に書いておこう。このキーボード、怪しさ満載だし、肝心のキーボードはかなりしょぼい! しかしそれは買う前に知っていた事で、想定内。このキーボードの肝は開閉ギミックなのだ。ショボイント(しょぼいポイント)満載でもいいのだ!

 パッケージには製品名である「MiniSuit NewYork」の文字はない。
 20130313_ipadkb_01
 内容物は、キーボード本体、充電用のUSBケーブル、A5判1枚片面の英語の説明書——というか説明紙——のみ。
20130313_ipadkb_15
 ここまででも十分怪しげだが、説明紙にも早速ショボイント発見。充電端子は Mini USB とあるが、これはMicro USBだよね? まぁ、付属の充電ケーブルはMicro USBなので問題ないのだが。
20130313_ipadkb_05

 iPad miniが黒なので、MiniSuit NewYorkも黒を購入。しかしほんの僅かに緑がかっている。確かにiPad miniもよく見れば緑が入っているような気がするが、それを忠実に再現しようとして失敗した感がショボイント。でも、慣れてくると違和感がなくなるから不思議だ。絶妙なプロのしょぼ師の仕事だな。
20130313_ipadkb_10
20130313_ipadkb_03
 裏面。アップル製品にも似合うようなスッキリデザイン。でもゴム足の自分で百円ショップで買ってきて貼り付けた感がショボイント。
20130313_ipadkb_08

 さて、キーボード。これはもうしょぼい! [J] [K]あたりがちょっと盛り上がっているし、全体的にペコペコする。決してキータッチは良くない。いや、悪い。もとい、しょぼい!
20130313_ipadkb_04
20130313_ipadkb_14
 でもね、左上のホームキー(iPad のホームボタンの機能)、スペースキー左のコマンドキーの存在は便利。これがあるとないとじゃ、入力効率はかなり違う。というか、このふたつのキーの有無——と開閉ギミック——で購入を決めた。

20130313_ipadkb_07
20130313_ipadkb_06
 開閉ヒンジ部分。ここはゴツくてしっかりと作られている。iPad mini を差し込む部分の内側には薄いフェルトが貼ってあるので、差し込んだ後で少しずらして位置調整しても傷がつく事もないだろう。

 iPad mini が、ネットブック()のような体裁になる。これが可愛い。しかも無理やりにWindowsを詰め込んだのではなく、iOSなのだ。
 キーボードのしょぼさなんか吹き飛んでしまう。つか、現在のアマゾンでの価格は3904円。スタンド&開閉ギミックを考慮すれば4千マンエン弱は価格相応でステキだと思う(意見には個人差があります)。俺は大満足だ。
20130313_ipadkb_09
 ちなみに、iPad mini を縦にも差し込む事が可能!
20130313_ipadkb_13

 あ、これまで使っていたiPad mini の背面カバーは使えなくなるので、フィルムタイプのこれも一緒に買った。MiniSuit NewYorkキーボードとたいして変わらない値段だけど(笑)、これもいいものなのでオススメ。
20130313_ipadkb_02
Wrapsol ULTRA Screen Protector System – FRONT + BACK for iPad mini

 この記事中でのiPad mini にはすでに背面フィルムが貼ってあるけど、写真では解らないでしょ?


TUNEWEAR eggshell for iPad mini fits Smart Cover

 iPad mini用のケース。アップル純正の風呂フタと一緒に使える物として、TUNEWEARのeggshell for iPad mini fits Smart Coverのクリアをアマゾンで予約注文していたのだが、入荷予定が2回も延ばされて、もう我慢できないので、同製品のスモーク(これも在庫5個だった)を注文。
20121123_eggshell-1

 早速装着。お。アップルマークがうっすらと見えて、スモークもかっちょいいかも。
20121123_eggshell-2

 当然、スマートカバーを装着する部分は欠きこみされている。んで、そこに貼る保護シールも付属しているという親切さ。
20121123_eggshell-3
 このシールは、荒い梨地で、スマートカバーの機能を邪魔せずいい感じではあるのだが、これ、幅がギリギリなため、iPad mini本体の表面側の縁ピッタリに合わせて貼ると、eggshellの縁側からはがれてくる。なので、1mmくらい背面側にして貼り、eggshellに噛ませるようにした方がいい……ってな説明は、文章だと難しいな(笑)。
 まぁ、貼らなくてもいいかもしれないシールかもね。

 総体的には満足の保護ケース。


iPad 2を「MacBook化」するキーボード付ケース NoteBookCase for iPad2

 サンコーレアモノショップから発売された「NoteBookCase for iPad2」という製品。

 現在愛用している、ロジクールのキーボードケース for iPad2 TK700 もキータッチが良くて素晴らしい製品でなので、乗換えるかというのは悩ましいけどね(笑)。
LOGICOOL キーボードケース For iPad TK700

 キータッチは実物を触って確認しないとわからんのはもちろんだけど、多少なりともパームレスト部分があり、キーボード周囲にTK700のような「枠」もないので、その辺はTK700より快適そうだ。
 キーボードのUSB出力とiPadのDockコネクタをつなぐと、キーボードとiPadを同時に充電できるってのもいい。

 やばいな、これ欲しい。実物を確認してこよ。