映画「スティーブ・ジョブズ」を観た(ネタバレなし)

 一昨年亡くなったアップルの創業者 スティーブ・ジョブズさんの半生を描いた映画「スティーブ・ジョブズ」を観てきた。

 賛否両論あり、先んじて8月に公開されたアメリカでは酷評だったとの噂も聞く。
 俺自身は、好きなジョブズさんの映画なので観に行くつもりで、どんな批評もシャットアウトしていた。逆に言えば、期待せずに「ジョブズさんの映画だからとりあえず観る」という程度だったとも言えなくもない(笑)。

 この作品、極近年の実話を元にしているため、基本的にはストーリーは多くの人が知っているはずで紹介するまでもなく、かといってそれ以外は何を書いてもネタバレになり、ここではたいした事を書けないので雰囲気感のみをば。

 俺としては、結論から言ってしまえば、面白かった。
 ストーリーは史実のうち細々した所は省かれているが、最低でも今回盛り込まれたエピソード程度のアップルの歴史は知っていないと楽しめないかも知れない。
 話の流れが速いとか、史実とは時系列が変わっていたり、いくつかのエピソードをひとつの出来事にまとめたりといった——日本でも長編原作のドラマ化などでよく行われる——事があったが、エンターテーメント性と尺の関係でしかたないことだろうし、これはドキュメンタリではないのだから、そこは突くべき事ではないと思う。
 共同創業者のひとり、スティーブ・ウォズニアックさんは「違う!」と激怒したという噂もあるが(苦笑)、個人的にはそんなに逸脱した脚色はなかったように思う。

 ジョブズ役のアシュトン・カッチャーさんは、瓜二つと言っていいくらいそっくりだった。他も一部を除いて(笑)かなり似合いの配役だったな。

 ともかく、始終「ジョブズ目線」で進み、娯楽作品としてとても楽しめた。

 余談だが、Windowsの試作品(?)を見たジョブズが「パクリだ!」と怒るシーン(←こんなのは皆知ってる伝説なので、ネタバレにはならんよね(笑))の時、映画館の椅子が大きく揺れて「すげー、連動して椅子が振動するのか!」と一瞬思ったが、この時地震があったそうで。


この記事へのトラックバックURL: http://between.musoubitokikaku.com/archives/13792/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.