固まる

 iPhone 3G。Safari でWebブラウズ中に勝手にホームに戻ってしまうことは良くあるのだが、今日はフリーズ連発。
 もっと安定してほしいもんだわ。

 この2週間で音楽を聴いている時にも2回くらいフリーズしたなぁ。初期のiPod並みだぜ(笑)。

 でも、元・寒中水泳部員の俺からすれば、iPhone 3G は、温水プールどころか、温泉のような心地よさだ(笑)。

 注:
 かつてアップルより、PDA製品第2弾(PDA第1弾は、Macにも接続できるCDプレイヤー)として携帯情報端末Newton MessagePadが夏に発売され、それから半年近くたった翌年の春、Newton日本語版発売について「(今年の)泳げるようになる頃」とコメントされた。しかし冬が過ぎても次の泳げる頃にも日本語版は出なかった。そんな状況下で、先達たちが作り出したフリーの日本語環境などを駆使して、英語版Newtonで、独自に日本語を使っていた。そういう人たちを、「日本語版が発売されないのにNewtonを使う=全然「泳げる頃」が来ないのに泳ぐ。しかも独自日本語環境という苦境の中で」ということから、通称「寒中水泳部」と呼んだ。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/11168/trackback

固まる” への2件のコメント

  1. いやはや、携帯PCとして物欲を刺激されていたけど、温水プールでも溺れるPDA初心者には扱える代物ではないんですね。

  2. さなだむしさん江
     あー、いや。携帯電話やPDAとしてではなく、携帯PCとしてというか、携帯インターネット端末として見れば、素晴らしいですよ。
     アップル製品の美点である「直感的に使える」というのは継承されてるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください