MacBook Airの画面解像度の落とし穴?

 ガンダム以外の事も書く(笑)

 仕事部屋ではiMac Retina 5K 27インチを使っているが、どうしても出先でも作業しなければならない時のために、サブ機としてMacBook Air Retina 2018もあり、こちらにもParallels DesktopでWindows 10環境が動くようにしている。

 画面が小さいのは承知の上なのでどうしようもないが、Windows 10を起動した時に、画面が汚いんだよね。いや、Macに比べてWindowsのDesktopはセンスがないという毎度の話(笑)ではない。
 CADで平行線を何本か引いた時、まったく同じ設定の線なので太さが違って見えるという状態。目の錯覚ではない。

 まぁ、結論からいってしまうと。画面解像度の設定で解決したのだが。

 このMacBook Airは、システム環境設定での画面解像度のデフォルトは 1440×900 となっていて、俺は通常「スペースを拡大」を選択し、1680×1050で使っている。Windows 10を起動した時は、Retinaなのでその2倍、3360×2100で200%としていた。
 文字やデスクトップアイコンはまぁ問題なしなのだが、CAD上で前述のような気持ち悪い事になる。
 ならば、Mac側のデフォルト設定1440×900の2倍で2880×1800、200%ではどうか。これでもぼやける。一旦Parallelsを終了し、Mac側もデフォルト解像度にしてもダメ。
 もしやと思い、今さらながらApple公式サイトで仕様を確認すると、MacBook Air Retinaのネイティブ解像度(画面ピクセル数)は、2560×1600となっている。つまりは、デフォルト設定からひとつ拡大表示にした1280×800か! それ以外は、 “デフォルト設定”すらもスケーリング解像度だったとは。
 こんなの普通は気付かないよ。

 ということで、Mac 側で1280×800にしてからParallels、Windows 10を起動、Windowsでは2560×1600、150%に設定すると、全体がはっきりと表示されるようになった。CADでの線も問題なし。200%だと小さすぎるので150%にしてみたが、これが丁度良い。他の比率ではボケる。

 今どき1280×800では狭すぎて使い物にならないので、面倒くさいけれど、Windowsを使う時だけ、その前に解像度を変更するようにしている。
 まったく、Windowsってホント面倒くさいな(笑)。


iPad mini Retina

 発売日にアップルストアオンラインで注文したiPad mini Retina Wi-Fiモデル64GBが届いた。
20131122_ipad_mini_retina_1
20131122_ipad_mini_retina_2
 開封の儀。

20131122_ipad_mini_retina_3
 電源アダプタは、10Wタイプに戻ったね。初代iPad miniのはiPhone用と同じもので、兼用できて便利だったのだが、やはりRetinaになりバッテリ容量が増量されたためか、以前のような高出力のに戻ったのかな。

20131122_ipad_mini_retina_4
 初代と並べてみる。左が初代、右がRetina。色以外は同じに見えるが(ホワイトモデル同士だったら、もっと見分けがつかないらしい)、Retinaは、背面上部にマイクがひとつ追加された。音声入力用だそうだが、だったら俺はあまり使わないな。
 0.3mm厚くなったらしいが、平らな所に並べて比べれば解るかなぁという程度。

 iPadは、初代、2、miniと使ってきたので、今回が初めてのRetina。もちろんiPhoneを毎年買い替えてきた身としてはRetinaの美しさは解っているが、やはり綺麗だね。ましてminiはiPad Airに比べてピクセル数は同じで画面サイズが小さいから、余計高精細に感じる。
 iBooks等で電子書籍を読む時に目の疲れが少なくなりそう。

 初代miniの時とは違い、今回は現時点での最高峰であるiPad Airと同等の性能で登場したのも嬉しい。個人的にはminiに慣れてしまうと、たとえRetinaにだろうとも標準サイズのiPadには戻れなかった。
 これから大活躍してくれそうだ。