使えるじゃん

 先日、娘が欲しがっていたiPodを、誕生日兼進学祝いに贈った。
 iPod nanoの一番安いモデルではあるけれでも、喜んでくれた。

 ところで、これを買う時、店員はあくまでも「USB2.0搭載機じゃないと使えません」と言い張った。大手量販店で、アップル公認スタッフだったから、しょうがないだろうけども。
 ネットでは、初代nanoならUSB1.1でも使えたという報告がたくさんあるが、この第2世代についてはあまり情報がない。アップルのサイトでも、しっかりと「システム条件(Mac)USB 2.0ポートを装備したMacintosh」と明記されているからね。
 娘が使っているのは5年くらい前の白iBook/600MHzなので、USB1.1なんだよね。多少の不安はあったけども、長年Macを使ってきた俺の経験と勘で、前述のnanoを購入。
 もしも娘専用機でダメでも、家族共用のPowerBookG3にアカウント作って、それとシンクロしてもらえばいいなと思って。

 結論としては、データシンクロも充電も、USBポート経由でできた。もちろん2.0じゃないので遅いけど。
 初回の曲転送には時間がかかるけど、日々の更新はそれほどでもないだろうし、最大2GBだから、まぁ、我慢してもらおう。

 ちなみに、USB1.1でのiPod nano(第2世代)データ転送等は、アップルの保証外なので、お試しは自己責任で。
 ファームウェアのアップデートにより、将来的にはダメになるかもしれない。

Apple iPod nano 2GB シルバー MA477J/A Apple iPod nano 2GB シルバー MA477J/A

アップルコンピュータ 2006-09-13
売り上げランキング : 117
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


日本版iPhoneは出るのかなぁ

 アップルの携帯電話「iPhone」、気になる日本での展開は? (2007.01.10 CNET Japan)

 iPhoneが日本で展開される上で、最もネックになりそうなのがその通信方式だ。iPhoneは日本では利用されていないQuad-band GSMという方式を採用している。GSMは欧州で策定された方式で、Quad-bandとは850、900、1800、1900MHz帯の4つの周波数に対応した規格を指す。現在では欧州や米国のほか、アジアやアフリカ、オセアニアなど世界中で広く使われている方式だ。

 iPhoneはこのほか、GSMの高速通信方式であるEDGE、802.11b/gとBluetooth 2.0に対応している。このため、通信キャリアのネットワークが利用できない場合でも、無線LANを利用したデータ通信端末としてならば国内で利用できそうだ。

 んー、アップルのことだから、PDA機能も充実していると思うんだよなぁ。携帯電話、iPod、PDAがひとつになれば、この上なく便利。
 日本では携帯電話として使えないとしても、ぜひ自分で実機を試してみたい。
 ちょっとNewtonの再来かと期待しているんだけども。
 んでも、携帯電話として使えない状態では、アップルも日本語化はしないだろうしな。
 何となく、日本の携帯電話キャリアでアップルと提携するのは我らがソフトバンクが有力のような気がするんだが(笑)。


前バージョンのように市長だけをやっているわけにはいかんのだ

 2度も発売日が延期されていたSimCity4 DELUXE for Mac 日本語版(以下「シムシティ4」と表記する)が、昨日やっと店頭に並んだ。

SimCity4 DELUXE for Mac 日本語版

B000B8V9TC
フロンティアグルーヴ 2005-11-11
売り上げランキング : 2,590

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 前にも書いたが、シムシティは大好きで、このシムシティ4も待っていたものだ。Win版は3年近く前に発売されていたが、うちにはWin機がないし。
 しかし、推奨動作環境が、凄まじい。

 MacOSX 10.2.8以降/PowerPC G4 700MHz以上/空メモリ256MB以上/HDD空容量2GB以上/VRAM32MB以上搭載の3Dビデオカード/DVD-ROMドライブ必須

 日頃の作業では快適にまったく不満もなくサクサク動いている俺の愛機 PowerBook G4/1.5GHz でも、ギリギリのスペックじゃん! うひー。
 かなりドキドキしつつ購入し、早速起動。
 ドキドキ。

 おっ!?

 意外にいい感じじゃん。快適とは言えないが、あまりひっかかるような表示もなく、思っていたほど遅くない。
 っつーか、Xに未対応でclassicモードでしか動かない前作シムシティ3000と比べるとかなり速い(笑)。

 まだチュートリアルと、無計画な試作都市を作ってみただけだけど、コマンドや管理項目も前作よりはだいぶ整理されていて、都市開発に集中でき、永く楽しめそう。
 今回は、市長モードだけじゃなく、神モードもあるんだね。俺はあまり神にはならんが(笑)。

 今日は本格的に始めようと思う。
 もちろん、地域名は「ネオジオン」、最初の都市は「スイートウォーター」と命名。


自宅サーバ計画

 先日、意外なほどに安かったUSキーボードの PowerBookG4/12″/1.5GHz を購入したので(→関連記事)、恒例の家庭内スライドアップグレードを実施。
 今まで使っていた PowerBookG4/12″/768MHz は嫁さんへ。
 嫁さんの iBook 600 は調子が悪かったけど分解掃除したらまともになったので、娘へ。
 ってなわけで、娘が使っていた初代iBook(貝殻型のタンジェリン)が、前線離脱。FireWireもないし、内蔵HDは3GBだし、丁度いい頃合いかもね。中古で2.5万円で購入して、4年くらい使ったので、十分元は取れた。
 しかし、まだ動く。さすがにTigerはインストールできないが、Pantherはなんとか動く。

 昨年末のブログ移転の時に、参考書まで購入して、真剣に自宅サーバ計画も視野に入れてはいた。

4899770308 自宅サーバーfor MacOS X—全部フリーソフトで作る
ラトルズ

ラトルズ 2003-03
売り上げランキング : 4,427
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 結局、FC2がかなり居心地いいので、それは保留になっていたが、この度iBookが余ったので、自宅サーバについて、勉強してみようと思う。
 とはいっても、MacOS X で簡単に構築するだけなんだけどもね。


2003/02/22

故障したiBookはかなりの重症かつワケアリなので(笑)、修理はもう少しまってから。
で、代替えの中古iBookを購入。G3/800MHzので、HDが30MBから40MBへ換装されているのに加えて英米版キーボード化されていた。ローマ字入力派としては、嬉しい。久々のASCII配列で、しかもカナ表記がないスッキリしたキーボードは、気分が良い。
AirMacカードと増設RAMは、壊れたiBook 600から外して再利用。