【解決済】Mac/iOS標準の「メモ」のデータ破損?

 Mac/iOS 標準の「メモ」で、iCloud同期をオンにすると古いメモの残骸が復活し、削除してもいつのまにかまた戻るという現象に悩まされていて、使用を断念していた。SafariでiCloud.comにアクセスし、そこで問題のフォルダを削除しようとするとエラーになる始末。
 以前、Evernoteのノートブックの読込み、フォルダ名変更、移動、削除なんかを何度も繰り返しているうちに、消せなくなってしまったフォルダがまだ残っている状態なので、データ構造に矛盾が生じているのだろうが、面倒くさくて放置。

 まぁ、結果としては、割と単純な方法で直ったのだが、メモに残っているメモを諦める覚悟で挑んだ(笑)

 まず、全ての端末で、「メモ」のiCloud同期をオフにする。俺の場合、残っているメモは十数件だったので、手作業でテキストファイルにコピーし、端末から全メモを削除。
 次に、システム環境設定>iCloudの中の「管理」(iPhoneなら設定>一番上の自分の名前の所>iCloudの中の「ストレージを管理」)で、「メモ」のデータを削除。これで、クラウド上のデータも消えて、まっさらな状態から正常に戻った。

 直ってよかった。
 実は、EvernoteからApple標準のメモへの移行を検討しているのだ。


iOS 7の写真アプリで重複があるのでフォトストリームを削除

 iOS 7にアップデートしたら、大きく様変わりした写真アプリ。
 撮影した写真を閲覧するものだが、年別>コレクション>モーメントという、サムネイルが豆粒から従来のアルバム大までの3段階になるモードが新規搭載された。年別では豆粒なのでそこでどうこうできるものではないが、見ていて楽しい。
20130922_iPhone_photo_1
20130922_iPhone_photo_2

 しかし、なんか重複している写真がたくさんある。どうもフォトストリームの分が2枚になっているようだ。
 俺は、Mac版iPhotoの方でフォトストリームの自動読み込み/自動アップロードを設定して、iPhotoに読み込みが確認された写真はiPhoneのカメラロールからは随時削除している。MacとiPhoneをiTunes同期するとアルバムがiPhoneへコピーされるので、カメラロールは空にして良い。同期コピーされた写真の方が縮小されているため容量節約にもなるし。
 話を戻すと、重複しているのはiOS 7にする以前からフォトストリームにある写真みたい。
 フォトストリームの写真はiPhoto起動時にMacローカル上に自動読み込みされているので、削除しても問題ない。そもそもフォトストリームは最新の千枚しか保存されず古い写真はどんどん消えてゆく「一時的保存」に過ぎないのだし。ということで、フォトストリームを一旦全削除。アップルのサイト「iCloud:フォトストリームから写真を削除する方法」 http://support.apple.com/kb/HT5125?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP を参考にし、まずiPhotoで一括削除した後、各iOSデバイスに残ったいくつかをそれぞれ個別削除。
 これでスッキリ。

 ちなみに、iOS 7にした後にフォトストリームに追加された写真は、重複表示されていない。カメラロールに残しておくと、フォトストリームを読み込んだiPhotoアルバムから同期された写真(ややこしい)とカメラロールとで重複してしまうが、前者はiPhone用に縮小されていて別物だから仕方ないし、前述の通りカメラロールは随時空にしているので問題なし。


iOS 6で全角スペースの入力も楽になった

 前記事の通り、iOS 6によって——Macの「ことえり」のユーザ辞書とiCloud同期できるようになり——iPhone 4Sのユーザ辞書の管理が楽になったわけだが、全角スペースの入力も多少は楽になった。

 iOSでバイスでは、相変わらず全角スペースがダイレクトに入力できないようだが、以前「連絡先」アプリをユーザ辞書風に使う技(iOSの日本語変換時、「連絡先」の姓名欄の内容が変換候補として現れる事を逆手に取った技)の時は、“ @”(全角スペースと全角のアットマーク)をよみ「す」などでMacの「アドレスブック」に登録し、iPhoneと同期していた(iPhoneでは他からのコピー&ペーストでも、頭に全角スペースが入る文字列を登録できない)。iPhoneでは「す」で変換した“ @”から“@”を削除して、全角スペースを入力していた。

 これが、iOS 6になって、“ ”(全角スペース)のみをユーザ辞書に登録する事が可能になった。

 まず、ことえりの単語登録で、「よみ」を“す”(ここでは、スペースの“す”。その他ご自由に)、「単語」に“ 
”(全角スペース)を入力。無品詞で登録。
120923_iosjisyo-01
 iCloud同期により、ほぼリアルタイムで、iPhoneの「ユーザ辞書」にも反映される。
120923_iosjisyo-02
「す」と入力すると、全角スペースが変換候補に登場(最初のうちは第一候補ではない場合もある)。
120923_iosjisyo-03
 そのまま確定すればオッケー。“@”を削除するという手間がなくなっただけでも、ちょっと楽になったよ。


iOS 6の「ユーザ辞書」と「明るさの自動調節」について

 今日は、iPhone 5の発売日。先週14日の予約開始日、20時頃に、ソフトバンクオンラインショップで予約したのだが、俺のはまだ入荷連絡メールが来ない。(´・ω・`)。
 とても待ち遠しい日々だが、昨日一足早くiOS 6 がリリースされたので、早速iPhone 4Sをアップデートした。
 200以上の新機能が搭載されているそうだが、目立つ機能はあちこちでうまいレビューがされているだろうから、ここでは——ちょっと地味だけど——個人的に気になった件2つについて備忘メモをとっておく。

 iOS 6デバイスとMac(OS X Mountain Lion)の「ことえり」で、ユーザ辞書の同期が可能になった。

 各デバイス、MacのiCloud設定で、「書類とデータ」の同期をオンにすれば、以後、単語登録されたものは、iCloud経由で同期されるようになる。
 ただ、今の所、「ことえり単語登録」で個別にひとつずつ登録した単語のみで、ことえりで「テキストや辞書から取り込む…」で一括読み込みした単語は同期されない感じ(時間が経つと反映されるのだろうか?)。
 ことえりで複数のユーザ辞書を使っている場合は「ユーザ辞書」というメインのユーザ辞書に全てを統合してから、iOSデバイスをiOS 6 にアップデートすると、全部の単語が同期されるかもしれない。俺は複数ユーザ辞書のままでアップデートしてしまったので、上記事象が起こったが。今更、こんな記事を書いても、役に立たないね(笑)。
 つか、egbridgeから後継の「かわせみ」をずっと愛用していたので、そもそもことえりはしばらく使っていなかった(笑)。ことえりも、軽快だし、かなり賢くなっているんだね。
 ともかく、これで、登録が面倒だったiOSの「ユーザ辞書」が「連絡先」をユーザ辞書風に使うという技ともばいなら。

 もう1件。
 iOS 6で「明るさの自動調節」の挙動が変わった。
 なんだか異様に明るくなったり暗くなったりするけど、色々試してみた結果、どうやら下記の設定方法で正しく動作するようだ。

・「明るさの自動調節」をオフ。
・ スライダーを“現在いる場所、部屋”で最適(好み)に見える明るさにする。
・「明るさの自動調節」をオン。
・ iPhoneを一旦スリープして、またつける。

 これで、設定した場所での明るさを基準に(そこより暗い場所なら暗く、明るい場所なら明るく)、自動調節が働く。
 それと、明るさの変化に合わせて、スライダーがリアルタイムに動くようになったね。見ていると面白い。
 しかし、晴天下では目一杯近くまで明るくなってしまい、バッテリの持ちが心配。

 これら2件って、事前に公表されていたっけ? まぁいいけど。
 こんなところかな。


MacとiPhoneのSafariブックマーク同期がうまくいかない

 iCloudを使うようになって以後かなぁ。最近、MacとiPhoneでブックマーク同期がうまくいかない。
 iPhoneで登録したブックマークはMac——のSafari——に同期できるが、Macで登録したものはiPhoneへ同期されない。片方で削除したブックマークが別の方では残ったままだったり。

 ググってみると、同じような症状のひとがたくさんいるようで、その解決法もいくつか紹介されていた。
 その中で、今回は下記サイトを参考にさせていただき、正常に同期できるようになった。

 iCloudのブックマーク同期がうまくいかない人へ。Mac/iPhone/iPad間のSafariとChromeでブックマークを完全に同期させる方法と気を付けるべきこと | loveMac.jp

 詳細は上記の記事をご覧いただきたいが(手抜き)要は、

 iOSデバイスのiCloudブックマーク同期をオフ
 ↓
 MacのSafariブックマークを書き出す(バックアップ保存)
 ↓
 MacのSafariブックマークを削除
 ↓
 MacのSafariブックマークを読込む(先のバックアップを)
 ↓
 iOSデバイスのiCloudブックマーク同期をオン

 で良いみたい。

 さらに、Xmarksのサービスを利用していると、ちょっと不都合が起こるらしい。俺もXmarksを利用していたのだが、今はSafariがメインブラウザのため、これを機にXmarksは停止(同期ツールをアンインストールし、アカウントも削除)させた。
 もう、GoogleChromeやFirefoxではブックマーク保存はしない事にする。


iTunes Store が機能強化、iTunes in the Cloud が日本でも提供開始

 昨日アップルから突然発表され、iTunes in the Cloud が日本でも提供され(→アップル公式サイト:iTunesの新機能)、それに関連してiTunes Storeも機能強化された。それについては他所の記事の方がずっと詳細に解りやすく解説しているだろうから、ここでは割愛(笑)。
 下記あたりを参照されたし。

 アップル、iTunes in the Cloudを始めとする新機能でiTunes Storeを強化 – ソニーの一部楽曲も取り扱い開始(マイナビニュース 2012.02.22)

 もちろんiTunes in the Cloudの国内提供開始は歓迎すべき素晴らしい出来事で、俺自身も喜んでいるが、一度買った曲の再ダウンロードが無料化されたのと、アルバムの中の数曲を単品購入したあとでアルバム全曲が欲しくなった時にアルバム価格(多くは単品購入より安く設定されている)から単品購入済価格分の差額で残り曲が購入できるようになったのが嬉しい。

 あと、iCloudバックアップで、音楽もバックアップできようになったの?
 今までiOSデバイスのiCloudバックアップは使わず、MacBook Pro のiTunesへ——主にWi-Fiで——バックアップしていたのだが、そろそろiCloudバックアップをオンにしてみるか、という気になってきた。

 アップルって、最初に全部出すんじゃなく、こうやって徐々に機能追加していくタイミングが絶妙だよね。まったく新しい機器やサービスが登場した時には「あの機能がない」という不満があるけれども、同時に「きっとすぐに搭載/実現してくれるさ」と穏やかに待ってしまう。実際、多くがそうなってきたしね。