ノートの日付

 ノートにどうやって日付をかっこよく書くか(2011.09.20 TAROSITE.NET) という記事を見て。

 俺は、昔からメモ魔だ。いわゆる情報整理術なんかの類の本で、よく「とにかく、記録。書いて忘れる。ただし記録は一元化して、『記録は、そこを見ればかならずある』という環境が大切」と書かれているが、悪いが俺は、そんな事は二十年来実践しているなあ。無意識に。
 まぁ、完全に一元管理ではないものの、基本的には、ひとつのノートとひとつのデジタル環境。そのどちらかに記録するようにしている。
 時代とともに、その時々によって少しずつ環境は変わっているが、その大筋は変らない。現在では、バイブルサイズのシステム手帳(中身はフリー罫紙)とEvernote。基本的には、このどちらかに記録している。

 で、メモの方法は、とにかく時系列に書く。プロジェクト別とかそんなの気にしない。
 もちろん俺の個人的な感覚だが、人間って、大ざっぱに「あのメモは、だいたいあの頃に書いたよな」ってなくらいは覚えているものだと思う。その程度でも意外に検索可能。あまり細分化されていると、どの項目に書いたかとかまで——頭の中で——検索しなければならず、かえって手間取る。

メモ
 字が汚いのはおいといて(笑)、頭に6ケタで日付を着けて、簡易で適当なタイトルを書く。その後にメモを記述。昔はメモ毎に横線で区切ってもいたのだが、なんかそれだと線が目立ち、回りの人がのぞき込むんだよね(被害妄想かもしれないが)。
 Evernoteでも、とにかく、メモ(ノート)のタイトルの頭に6ケタで日付を入れている。

 この手法、昔、Newton MessagePad を使っていた時の名残でもある。Newtonの標準機能のメモ帳は、トイレットペーパーみたいに縦長の用紙に記述していくようなイメージで、どこでも横線を引くと、そこで新しい日付のついたメモの仕切りになった。

 情報整理術は無数にあるけど、結局は単純なのがいいんだよね。


日曜の朝から数学問題はきついわね

 来年の国家資格受検のための資格学校の講義が開講したので、去る日曜日に出席してきた。
 今年「独学コース」で合格できなかったので、その保障で23年受験用に通学コースに入れるのだ(入らなければ代金が無駄になる)。
 初日だったので、ほとんどがガイダンスだったのだが、最後に専門科目の問題を解くのに必要である数学の基礎テストがあった。四則演算から分数の約分、簡単な連立方程式、三角形の辺の法則など、極簡単な項目なんだけど、日曜日の午前中にふいにやらされると、なさけないことに咄嗟には答えがでてこないものだ。
 12月からは毎週通学。っしゃー!


iPhone用 iOS4 リリース。

 iPhone OS 改め iOS の新バージョン iOS4 がリリースされた。 iTunes経由でアップデート可能。

 インストールしてからまだ細かくはいじってないけど、まずは今回からオン/オフできるようになった「モバイルデータ通信」をオフにした。iPad(WiFiのみ版)も持っているために Pocket WiFiを導入し、iPhoneのパケット遮断してデータ通信はWiFiのみにしてたけど、それが正式設定項目に登場したのは嬉しい。
 今月のパケット量はゼロだったんだけど、iOS4をインストールする前に APN-disabler(詳細説明は省略、でも違法ではないよ(笑))を削除しておいたんだけども、そこからiOS4インストール完了までの僅か20分間くらいで、受信3KB、送信5KBのパケットを消費してた。どこで使ったんだろ。まぁ、パケ放題の下限以内なので良いけど。

パケット

 あ、普通の使い勝手については、個人的には「3GSなら、十分魅力的」と評価できる。

 擬似マルチタスクは、正直いって、これほどまで便利に使えるとは期待してなかった。
 フォルダ機能なんかは、いかにもアップルらしい、シンプルかつエレガントなUIで実装してくれやがった。

 iPhone用でここまでの出来なんだから、秋に予定されているiPad用の iOS4にも、期待しちゃうね。


これじゃ、楽しくないと思う

 第37回 iPhone活用Tips(1)——バッテリーの寿命を延ばす12の方法(2010.01.12 IT media)

 今までも散々提案されてきた項目ばかりだが……。

(1)ディスプレイの照明を調節する
(2)ディスプレイの点灯時間を短くする
(3)無線LANとBluetoothをオフにする
(4)GPS機能をオフにする
(5)圏外やつながりにくい場所では「機内モード」にする
(6)メールのプッシュ通知をオフにする
(7)アプリのプッシュ通知をオフにする
(8)ダウンロードしたアプリの使用を控える
(9)イコライザをオフにする
(10)保護ケースに入れたまま充電しない
(11)完全に充電されるまで中断しない

 何でもかんでもオフにしれば、そりゃ消費電力が少なくなり、バッテリー使用時間は延びるだろうね。でも、そんなのだと、使う気もオフになってしまうよ。ここまでオフにしたら、iPhoneである必要もなくなるような(笑)。


TimeCapsuleを新しくした

 先日、TimeMachineでのバックアップが出来なくなった。TimeCapsuleのHDDが壊れたようだ。
 うちのTimeCapsuleは、初代モデルの500GBで、発売開始間も無くに購入したもの。つまり、1年10か月の間、24時間可動し続けて、無線LANルータとして、我が家の3台のMacのデータバックアップ用ストレージとして、活躍してくれた。
 もう少し持ちこたえて欲しかったが、まぁ、そういう使用状況を考えると2年程度で寿命なのかもしれない、と思う事にした。

 そして、やはり一度使うとその便利さ故、無いのは困るので、新しいTimeCapsuleを購入。1TBと容量は倍になり、性能的にも格段にアップしてるね。そりゃ初代とくらべらたねぇ(笑)。
 設定は、AirMacユーティリティの「構成ファイルを読込む」で古いTimeCapsuleで保存しておいた構成ファイル(設定ファイル)を開き、各項目を、新しいTimeCapsuleの設定欄にコピペ。
 デュアルバンド対応になったので、iPhoneやPSPを接続しても、MacBookではリンク速度がちゃんと130Mbitになっている(俺のMacBookは300Mbit対応ではないのだよ(涙))。なので、実効速度も65Mbitくらいに上がった(以前は良くて30Mbitくらい)。もう体感できるほどの違いで、快適にネットできている。
 でも、この速さもすぐに慣れてしまうんだろうな。


省エネルギー

 Macのシステム環境設定にある「省エネルギー」。スリープまでの時間とかを設定する項目なんだけど、それのアイコンが変わっている事に今日気付いた。
省エネルギー設定のアイコン
 そのアイコン。以前は電球(白熱灯)だったのが、最近のMacでは電球型蛍光灯に変わってる!
 芸が細かいね。さすがアップル。

 追記。
 これ、嫁さんに買った新しいMacBook白(Early 2009)での事。俺のMacBook(early 2008)では、まだ電球。


iPhone用のTodoアプリ

 iPhoneにはToDoアプリが標準搭載されていない。カレンダーはMacのiCalと同期されるのに、なぜそのiCalのToDo項目の同期がサポートされていないのか、不思議だ。
 ってことで、ToDoは別途アプリを見繕ってインストールする必要があるのだが、今まで、無料のものを何本も試したが、どれも一長一短。そんな中で、昨日から試用しているTouchTodoが、かなり気に入った。
 Googleカレンダーと同期がとれるので、GoogleカレンダーとiCalの同期ツールを併用すれば、間接的にiPhoneとMacとでToDo項目の同期も可能。
 ただし、TouchTodoから転送されたデータはGoogleカレンダー上では、「”TouchTodo:”が頭についた終日属性の予定」として扱われる。それがスケジュールに混ざって表示されるのはちょっと鬱陶しい(笑)。今のところ俺はGoogleカレンダーはまったく使っていないので、TouchTodoとの同期専用に使える。

 追記(2008.12.19)

 先日見つけた時は無料だったけど、期間限定の無料だったんだね。現時点では230円です。
 230円出してでも買って使うかとなると、微妙。同価格帯なら、もっと優れたTodoアプリがありそう。


iTunesで並べ替え設定を一括処理する

 今日(iTunes8.0.2で)複数の曲を選択してアルバム名を修正しようとcommand-iを押し、見慣れた「複数の項目の情報を編集してよろしいですか?」に「はい」と応えたら、その編集項目に「並べ替え」ってペインがあるじゃん!
 いつの間に、そうなってたの!?
 iTunesで、表示するリストの並べ替え用のふりがなを設定する欄。そのまま「並べ替え」って項目なんだけど、これを設定するのに、以前は確か、1曲ずつしかできなかったと思う。複数の曲に設定したい場合は、まず1曲に設定し、コンテキストメニューから「並べ替えフィールドを適用>同じアーティスト(又は同じアルバム)」を選択していた。
 日本語や中国語特有の機能なので実装が遅くなったし、ひっそりとなのかもしれないね。英語圏は、そのままアルファベットで並べ替えすりゃいいもんな。


iPhone 2.2 ソフトウェアアップデート

 ちょっと前の、いまいち信憑性のない噂どおりに、iPhoneの新しいアップデートが、今日登場した。
 昼休みに、リリースの情報を見たんだけども、家に帰らないとiPhoneをアップデートできない。ってことで、家に帰って早速iTunesを起動したMacとiPhoneをつないで、アップデートを適用。
iPhone22
 目立つ変更点としては、やはり、絵文字の対応化と、マップの経路検索で鉄道と徒歩もサポートされた点だね。絵文字キーボードは「日本語」項目にあるんだね(笑)。
 あと、Safariの動作が安定したかな。
 ともかく、待望のアップデート、嬉しい。

 追記。
 絵文字については、とりあえずソフトバンク同士のみ対応で、他キャリアとの互換性は追って整備していくらしい。


Air Sharing

Air Sharing

 Air Sharing。iPhone/iPod touch用の、ファイル転送ソフト。Macから(WindowsとUMIXからでも可)文書ファイルや画像、音楽などをiPhoneへ転送し、見るという、いわゆる”on the go”系の閲覧ツール。
 これ系のソフトはApp Storeにもたくさんあるが、どれも有料で試用もできないので、ためらっていた。このAir Sharingは、最初の公開から2週間限定ながら無料(日本公開9/8)。2週間経過後はUS$6.99とApp Storeとしてはお高めなので、ちょっとでも気になる人は、いまのうちにダウンロードしておこう。すぐに使わなくても、iPhoneに同期せずiTunesにストックしておくだけでもいいじゃん。

 さて。Air Sharing。その名の通り、MacからiPhoneへの転送は無線LANで行うのだが、操作は至極簡単。初回に僅かな項目設定をした後は、iPhone側ではAir Sharingを起動しておくだけ。
 Mac側で、iPhoneのAir Sharingdデータ用ディレクトリ?にサーバ接続すれば、マウントされ、Finderに表示されるので、そのフォルダに転送したいファイルをドラッグ&ドロップする。そうすると、リアルタイムでiPhoneに反映されていく。フォルダ作成もMacのFinder上で可能。

 まずは、JR東京近郊路線図と、東京メトロ路線図(共にPDF)を入れてみた。iPhoto経由で「写真」に入れて見るより表示も早いし綺麗。俺としては、これだけでもAir Sharingの利用価値ありだわ。
 ちなみに今までは、路線図は、JPEGに変換して(JRのはPDF加工・変換にプロテクトがかかっているので苦労した(笑))iPhotoに入れてiPhoneの「写真」で見ていたが、これだと自動的に縮小されて駅名がよみにくかったんだよね。iPodだと、写真の同期設定に「フル解像度で転送」みたいなチェック項目があるのに、iPhoneにはない。

 それと、テキストファイルの転送も試す。Jeditで書いたプレーンテキストを転送したが、文字化けがひどい。エンコードと改行コードを色々設定してためしてみたら、エンコードはUTF-8、改行コードはLFで、「先頭にBOMを付加して保存」に設定すると、文字化けがなくなった。これは俺の環境だけかもしれないけど、一応メモしておく。

 対応フォーマットも多いし(有名どころはほぼ網羅されている)、母艦はMac、Windows、UNIXが利用可能という懐の広さ。
 とりあえず、無料のうちにゲットしておきましょう。