コメントが入力できない状態が続いていました(解決)

 当ブログにおいて、コメント入力がエラーになり送信できない状態が続いていました。
 スパム対策プラグイン WP-SpamFree の設定で、General Options の “Allow users behind proxy servers to comment?” 項目にチェックを入れていなかったのが原因のようです。ここにチェックを入れたら、正しくコメント入力・送信ができた事を確認しています。

 今までまったく気付かず、管理人として恥ずべき失態であり、深く反省しますとともに、ご迷惑をおかけしました事をお詫びします。

試験勉強

 今年受験する国家試験の勉強は、まぁ順調にやっている。
 一次の学科試験は独学(資格学校には申し込んだ。一次試験対策はテキストをもらっての自宅学習、二次試験対策は講習会に参加)なので、すこしづつでも毎日続けないとダメだからね。最低限、それだけは気をつけている。
 受かりたいなぁ。

ソフトバンクモバイル、パケット通信速度の制御を

 ソフトバンク:通信品質確保対策の導入について

ソフトバンクモバイル株式会社では、通信品質およびネットワーク利用の公正性確保のために、パケット定額サービスに加入し一定期間に大量の通信をご利用される一部のお客さまに対して、2009年12月1日(火)より通信速度の制御を実施する場合がありますので、お知らせいたします。なお、通信の切断は行いません。
2009年6月1日から、通信速度を制御する試験により、お客さまへの影響とその効果を検証してまいりました。その結果、より多くのお客さまが快適にサービスをご利用いただけることが確認できたため、2009年12月1日より正式に運用開始いたします。前々月の月間パケット数が、パケットし放題、パケットし放題S、パケット定額ライト、パケット定額の場合、300万パケット以上(PCサイトブラウザ、PCサイトダイレクト利用時は1,000万パケット以上)、パケット定額フルの場合、1,000万パケット以上のお客さまについては、当月1ヶ月間、パケット定額サービスが適用されるパケット通信の速度を制御する場合があります。

 iPhoneはパケット定額フルなので、1000万パケット以上使うと速度制御をされる場合があるのね。
 俺はだいたい毎月500万パケット前後。最高の月で700万パケット程度なので、大丈夫かな。

シャアザクも部分塗装してみた

カップヌードル ザク
「カップヌードル miniガンプラパック」のシャア専用ザクにも、部分塗装を施した。
 面相筆も見つかったので、今度は、スムースに作業が進んだよ。
 部分塗装と墨入れの他、ツノは安全対策のフラグを切取り尖らせたのと、モノアイにはHアイズ1.2ミリを貼ってみた。

Gmailがプッシュ配信をサポート

 GoogleのGmailが、やっとプッシュ配信に対応してくれた。
 これで、iPhoneで、Gmailの新着をリアルタイムに受信できるようになった。
 詳しい設定方法は、iPhone 3G wiki blog のこちらをご覧いただきたい。(さぼり)

 バッテリー消費量低減対策で、プッシュ受信はオフにして、1時間毎にメール確認にしていたんだけど、明日からはプッシュをオンにして試してみるかな。

べつにいいと思う

 Appleがセキュリティ業界に進出? マルウェア対策をKasperskyが批判(2009.09.01 ITmedia News)

 ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labは8月31日のブログで、次期Mac OS X「Snow Leopard」のマルウェア対策機能は米Appleが独自に開発したもののようだと報告した。

 Snow Leopardにマルウェア対策機能が搭載さえたことに対してのカスペルスキーのコメントだそうだ。

 つまりAppleは事実上、ウイルス対策ソフトメーカーとの競争に参入したことになるとKasperskyは指摘。その場合、それなりのウイルス研究所、監視サービス、ウイルス対策の技術サポートといった態勢を完備すべきなのに、現時点でそうした動きは何もなく、AppleがMicrosoftのように、セキュリティ問題解決のために相当の時間とリソースを割く用意があるのかどうかは疑わしいとしている。

 Appleの対策ではユーザーを適切に保護することはできず、それどころかMac OS Xを狙ったマルウェアの開発を促すことにもなりかねないとKasperskyは批判している。

 んー。別にいいじゃないかなと思う。もちろんアップルだっていい加減な気持ちで搭載した訳ではないだろうけど、ネットセキュリティ対策専門会社のような体勢でサポートするほどではない、——言葉が適切ではないかもしれないけれど——簡易的な機能だと思えば。
 カスペルスキーからすると、簡易的なネットセキュリティ対策を施すのじゃ許せないのだろうか? 単に客を奪われるのが嫌なだけ? つーか、カスペルスキーって、Mac向けにネットセキュリティー関係の事業をやってたっけ。これから出るやつが初めてだっけ? こんな批判じゃなく、「OS標準搭載のだけではなく、セキュリティ対策専門会社の方が安心」とだけPRすればいいのに。

1日30件

 FC2総合インフォメーション:【ブログ】一日の投稿数制限の条件変更につきまして (2008.09.03)

この度FC2ブログ(http://blog.fc2.com/)におきまして
スパム投稿及び負荷対策の為、以下の仕様変更を行いました。

■1日における記事の投稿数制限の条件変更

●変更後
投稿記事数上限30件に予約投稿の記事を含みます。
「公開/期間限定」の投稿記事数+「予約投稿」の保存記事数=上限1日30件
【補足訂正 2008/9/4/(木)】
下書きの記事は含みません。

※変更前
「予約投稿」状態の保存記事数は投稿制限数30件に含まない

何卒、ご理解・ご協力頂きます様お願い申し上げます。

 ふむ。1ヶ月以上前に告知されたんだけど、この変更、気付かなかったや。
 元々予約投稿ってほとんど使ってないから、俺にはあまり関係ないんだけど。予約投稿は、年に1回か2回。元旦の挨拶とブログ○周年記念日くらいで使うのみだな。

スパム対策が強化

 FC2インフォメーション:新機能「禁止ルール」追加のお知らせ

この度、ブログをより快適にご利用頂ける様、以下の機能追加を行いました。

■禁止IP(ホスト、禁止ワード」機能をさらに強化する「禁止ルール機能」
「迷惑コメントが来るたびにブラックリストに指定するのは手間がかかる!」
「こういう形のIPからのコメントは自動的に禁止できないだろうか?」
「すぐにブラックリストの設定量が上限を超えてしまう」

この機能を使うことにより迷惑なコメント、トラックバックをより強力に
防止し、お悩みを解決することが出来ます。

 禁止IPや禁止ワードの設定に正規表現が使えるようになった。これにより、例えば途中に含まれる数字だけが変るIPアドレスなんかも、いちいち登録せずに、ひとつの設定だけで禁止できる。
 便利且つ強力になったね。

XMLRPC投稿を規制

 ブログ管理者用お知らせ:XMLRPCでの投稿許容件数変更のお知らせ

●XMLRPCでの一日の最大投稿数を30件から10件に変更しました。

XMLRPCを用いたスパム投稿等の悪質な行為が見られる為、
この度の措置を行いましたことお知らせいたします。

【影響がある範囲】
XMLRPCの機能が用いられている、
ブログ投稿機能のあるソフトや、ブログペット等に見られる自動投稿ブログパーツ等。

 まあな。スパム対策と言われればしょうがないが、しかし、例えばXMLRPCを使ったスパム投稿が10件あった日は、以後ブログペットのコメント投稿は弾かれてしまうって事? ブログペットの是非はともかく、スパムのおかげで、こちら側が我慢しなきゃならんってのはシャクだぜ!

そろそろ潮時か

 メールが受信できないプロバイダって、どうよ!?

 最近、零時前後になるとOCNのメールが受信できなくなる事が頻発している。
 メーラーを起動し、受信パスワードを入れると、「POPサーバはユーザのパスワードを拒否しました」とエラーになる。

 どうなってるんだよ、OCN。不具合報告もないし、何度も問い合わせても、要領を得ない返事で。
 そうじゃなくても、迷惑メール対策とか受信拒否フィルタとか転送設定とか、諸々の機能がそこいらのフリーメールにも劣るへぼさなのに、しっかりプロバイダ契約料金を取ってるんだからさ。少なくとも、極々最低限のメール送受信くらい不具合なくしてくれよ。

 メール受信ができない恐れがあるってことは、このOCNのメールアカウントが使えない、大事な連絡用には安心して使えないって事だよなぁ。
 俺が今までプロバイダをOCNのまま何年も変更しないでいるのは、もはや、メールアドレスの変更が面倒なだけなんだ。そのメールアドレスが快適にとは言わないまでも安心して使えないとなると、嫌でも変更しなきゃならないし、そうなると、OCNに居残る理由はなくなる。