ヤマト発進……

 キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!(2009.10.03 SANSPO.COM)

《実写版「宇宙戦艦ヤマト」キャスト一覧》
キャスト  役名     役柄設定
木村拓哉  古代進    ヤマト戦闘班リーダー
黒木メイサ 森 雪    ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊
柳葉敏郎  真田志郎   ヤマト技術班班長
緒形直人  島大介    ヤマト航海班班長
池内博之  斉藤始    ヤマト乗組員、空間騎兵隊隊長
マイコ  ★相原     ヤマト乗組員、通信班
堤真一   古代守    進の兄。駆逐艦ゆきかぜ艦長
高島礼子 ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
橋爪功   藤堂平九郎  地球防衛軍司令長官
西田敏行  徳川彦左衛門 ヤマト機関班班長
山崎努   沖田十三   ヤマト艦長
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更

 古代だけ「班長」じゃなく「リーダー」なのはキムタクのイメージでか?
 ユキがブラックタイガー隊って、加藤のキャラもかぶせるのか?
 その他、突っ込みどころ満載のキャスティングだな。

 実写化にあたり一部設定も変更。森雪は原作よりも戦う女性のイメージを強調し、アニメで中年男性だった医師の佐渡先生役に高島礼子(45)を起用するなど、一部キャラクターを女性にする。また、デスラー総統ら敵役は後日発表される。今月中旬にクランクイン。

 サプライズでデスラ−役が伊武さんだったら、上記キャンスティングは全部我慢してやるけど(笑)。


ヘルメットが無ければ即死だった……。

 見える、見えるぞ! 大佐になりきったわたしが! 1/1シャアヘルメット、限定販売(2009.07.27 ITmedia)

 バンダイナムコグループのメガハウスは、「機動戦士ガンダム」に登場するシャア・アズナブルのあのマスク「シュタールヘルム」を8月7日午後6時から、同社ECサイト「メガトレショップ」で限定販売する。「シャアになりきれる1/1スケールの『ヘルメット&ヘッドギア』はこの商品が初です!」としているが、「着用時には個人差がある」という。

 設定通りヘルメットとヘッドギアで構成。ヘルメット表面には緻密(ちみつ)な加工をほどこし、「前立て」(あのジオン軍将校の角みたいなの)も細部にわたり忠実に再現されているという。ヘッドギアのレンズ部分はハーフミラーを使っており、着用時には視界をさえぎらないという。

 上記記事内の画像をみるとかなりいい出来だね。31500円って価格は意外に安いし。
 いや、買わないけども。
 ところで、記事中に

着用時には個人差があるということなので、それなりの人が着用すると実写版ガンダムこと「G-SAVIOUR」に登場するあの衝撃の大佐になりかねず、注意が必要だ。

 ってあるけど、これ、Gセイバーじゃなく、実写ムービー使ったゲームに登場した「ケツあご」のシャア(↓)の事じゃね? まぁ、どうでもいいけど。
実写版シャア


妄想キャスティング

 実写ガッチャマンは「千の風になって」? (2008.01.28 asahi.com)

 主人公・大鷲のケンは「千の風になって」のテノール歌手・秋川雅史さん。だって髪型がそっくりですよ、ふだんからあんな髪型している人いませんよ——という冗談はさておき、ケンは父のレッドインパルス鷲尾健太郎と合わせ、本当の父子を共演させるというのはどうでしょう? 

 ドロンジョ様=フカキョンの衝撃も冷めやらぬうちに、今度は、ガッチャマンを考察(笑)。確かに、秋川さんの髪形は、タツノコアニメのヒーローっぽいぞ! うひー。腹が痛い。
 しかし、ベルクカッツェ役はやっぱり実績のある(笑)ピエール瀧さんを推す人が多数だろ。


ドロンジョさまぁ〜〜〜

 深田恭子:映画「ヤッターマン」のドロンジョに セクシー女ボスに挑戦 (2008.01.11 毎日新聞)

 70年代に大ヒットしたテレビアニメを実写映画化する「ヤッターマン」(三池崇史監督)の悪役ドロンジョ役に女優の深田恭子さん(25)が挑戦することが明らかになった。

 ぐはっ! がっがりだよ!
 別に深田さんが嫌いという訳ではないけれども(好きでもないが)、ドロンジョ役にしては太すぎないか? 似合わねぇ。
 うーむ。で、ボヤッキーは斎藤洋介さん?


ヤッターマン

 もうあちこちで話題になってるけども、ヤッターマンが、誕生30年周年記念にリメイクされ、来年正月から日テレで放送開始。

 ヤッターマン公式サイトはこちら

 作中のギャグとして登場した「ブタもおだてりゃ木に登る」は、今では古くからある諺だと思っている人もいるほど定着しているほどの国民的アニメだったのだ。
 現在、上記公式サイトで特報が流れているけど、主役はやっぱり「悪役トリオ」なんだね。いや、もちろん異論はないが(笑)。

 ともかく、タイムボカンシリーズ随一の人気を誇った作品。制作側のプレッシャーも大きいと思うが、とても楽しみだ。

 余談。
 実写化も進んでいるらしいが、俺的な適役は、トンズラー役=六角精児さん、ボヤッキー役=斎藤洋介さんだと思う。ドロンジョは思いつかない(笑)。


AFRO SAMURAI(アフロサムライ) を観た

 すしバーさんが、今秋に劇場公開されるのを「すげー見たい」と言っていた、AFRO SAMURAI(アフロサムライ)
 アフロサムライって、確か、今年の5月にWOWOWで連続アニメでやっていたような気がするが……と思ってたら、やっぱり、元は30分*5話完結のミニシリーズとして製作されてて、ゴールデンウィークに放送されてたらしい。
 その時は、あまり興味が湧かずスルーしたのだが、すしバーさんの琴線に触れたとなると、面白いのかも知れない。俺も気になる。
 頃良く、昨日、WOWOWでまた一挙放送されたので、録画して観た。たぶん、これを2時間に再編集したのが、日本では劇場公開されるのだろう。

 アニメ製作はGONZO。なので、クオリティーの高さは問題なし。
 原作は日本の漫画らしいが、アメリカ作品の逆輸入というような形なので、英語で字幕。しかし、サムライといっても無国籍設定なので、不思議に違和感なし。
 ストーリーは単純。父を殺した相手に復讐するために自分も(強くなるためと仇を探すために)殺戮の日々を送る主人公アフロ。言ってしまえばそれだけ。
 アフロの相棒・ニンジャニンジャの事とか、意外な展開は少しはあるけども。
 斬り合いのシーンは、手持ちカメラで撮影した実写映像のような「揺れ」を加えたスピーディーな画面で、ちょっと疲れてしまうけども、迫力あり。
 英語なんだけど、時々「かたじけない」とか日本語のセリフが出てくるのも、いい味だしてるね。
 しかし、単純なストーリーを凄まじい映像で観るというのは、快感を得られると思う。

 まぁ、いかにもアメリカ人好みの作品ではあったが、面白かった。ただ、金出して劇場で見たらどうかなぁというのはあるな。

 視聴規制はないけど、惨殺シーンばかりなので、時と場合によっては家族で見るというのは向かない。


トランスフォーマー

 映画「トランスフォーマー」
 監督マイケル・ベイさん、制作総指揮スティーブン・スピルバーグさんにより、ハリウッドで実写化。

 トランスフォーマーって、なんか20年以上続いてるよね。初期は確か、アメリカの玩具メーカーが、ミクロマンのアイテムなんかをライセンス受けて他の変形メカのシリーズに組込んたおもちゃのシリーズだったような。ミクロマンタイタンとかロボットマンに妙な追加パーツが付いたみたいなのが逆輸入されてた記憶がある。

 閑話休題。
 今回「遂にトランスフォームシーンが実写に!」とか煽られているが、いつもこのての表現に疑問を持ってしまう。

 トランスフォームは実写じゃなくCGだろ?(笑) 特撮使ってるなら、実写だが。
 CGなら「リアリティが高い映像」くらいの表現にしてほしいもんだわ。


「ゲゲゲの鬼太郎」実写映画化

 ゲゲゲッ!ウエンツ鬼太郎…来年4月、初の実写映画化 (2006.05.10 サンスポ)

 実写映画化は初めてじゃないだろう、昔、見たことがある! と確信していたのだが、単発ドラマとVシネだったのね。確かに劇場映画じゃないな。

 閑話休題。
 鬼太郎=ウエンツ瑛士さん、ねずみ男=大泉洋さん。
 うわっ!

 ウエンツさんといえば、この間観た「仮面ライダー THE FIRST」では、微妙な絡み方をする変なポジションの役だったんだけど、今回は主役だよ。でも……なんか銀髪に皮シャツ&羽毛っぽいチャンチャンコで、思いっきりビジュアル系な鬼太郎……。
 大泉さんのねずみ男は、たぶん、うまく行くと思う。竹中直人さんの時もナイスだったけど、それに負けないくらいのねずみ男になるだろうな。

 来年春に公開予定。
 DVDレンタルになったら借りて観よっと(笑)。


「ちびまる子ちゃん」実写版ドラマを観た

 ちびまる子ちゃんアニメ化15周年記念ドラマ「ちびまる子ちゃん」を観た。

 前評判どおり、登場人物みな、アニメにそっくり。
 まる子の家族や生徒たちはもとより、たまちゃんのお父さん(八嶋智人さん)や佐々木のじいさん(きたろうさん)もナイス!

 家もアニメのままだったね。
 っつーか、昭和40年代って設定で、実写だとアニメ以上に感情移入できるな。
 さくらももこさん、俺と同学年だし。

ちびまる子ちゃん (1)
さくら ももこ

ちびまる子ちゃん (1)
集英社 1987-07
売り上げランキング : 46,508

おすすめ平均 star
star有名な作品だけど……
star笑えます
star子供時代を思い出します

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [テレビ番組][ドラマ]