不本意ながらMSの軍門に下った(笑):Office 365 試用中

 たまたま運が良かっただけだろうとは思うが、開業からのこの2年半、いわゆるOfficeスイート関連は、LibreOffice の作業で問題なかった。お客様からクレームを頂いたことはない。
 まぁウチは図面作成がメインの業務なので、図面以外の書類はプレーンテキストやCSV、PDFでもいいということがほとんどだったからね。
 もちろんMS Officeに対するLibreOfficeの互換性については承知しているが、できればコストを掛けずに頑張りたいというセコい根性ですわ。

 しかし、先日、どうしてもWordで作業しないと駄目な案件が発生した。書類の様式をWordデータで頂いたんだけれど、LibreOffice でも Pagesでもぐちゃぐちゃで。最終的な提出先が役所ってのが始末悪い。「表部分が次ページに落ちてます」とか「マル(図形)がずれてます」とか。その程度のレイアウト、特定企業のアプリケーションのファイル形式で指定せず、汎用性を考慮しろよ。……と言ってもたぶん聞いてくれないだろうし、お客様に「役所がバカなのです」とも言えないし(笑)

 そんな訳で、まず、マイクロソフトのOffice Online を試用。
 マイクロソフトIDがあれば、ブラウザ操作で、ExcelやWordのファイルを簡易編集できる。
 なかなか良い、と思ったのもつかの間。今回一番必要な、図形や画像の編集関係がほとんどできない。位置を変えることすら、かなりの制約があるし。

 観念してMS Office を買おうとしたら、ダウンロード版で2万5千円する。どうせならMac版も欲しいなと思ったら1万5千円。お。安い。Mac版だけ買うか。
 しかしMac版が2011。今月にも最新の2016が出るらしいし、今買うのは馬鹿らしい。

 逡巡する中で、Office 365という選択肢を思い出した。最近ビジネス用だけじゃなく個人用のOffice 365 soloってのもリリースされたらしいし。
 ってことで確認したら、企業向けのOffice 365 Business が、個人事業主でも契約でき、年間契約10800円/1ユーザだと。しかも、Win/Mac関係なしに1ユーザ当り5台の端末にOfficeをインストールできる。さらに、Mac版は先行で2016が提供されていると。
 試用版で30日間フル機能が使えるということで、早速試用登録した。

 いやぁ、Mac版のOfficeを使うのは何年ぶりだろ。買ったのはOS9時代だから、十数年前だな(笑)
 互換性が高くなっているのにびっくりしたわ。

 いいね、これ。試用期間が終わったら、本契約するつもり。
 今更ながらだけれど、アプリケーション開発企業も、もうサブスクリプション契約方式に移行させたいんだろうなと思うね。バージョンアップの度にパッケージを購入(買取方式)するより安いので、お互いメリットはあるしね。

NHKが集金に来た(´・ω・`)

 日付変わって昨日の21時頃、NHKが集金に来た。
 ???
 1年分を口座引き落としで払っていると言っても、確認できないから訪問した、の一点張り。
「○○号室のびといん(仮名)さんですよね?」と、俺宛である。
 マンションエントランスのインターホンカメラごしでのやりとりだったが、かなり横柄だったのでちょっと怪しんで身分証明を提示願ったら、カメラに向けて掲げた。解像度がよくないので見えなかったがたぶん本物だろう。でも、エントランスのオートロックは解錠してやんないよ!

「とにかく、間違いなく口座引き落としで払っているから。オンデマンドも契約してるよ」
「オンデマンドは別部署なのでわかりません。受信料契約の確認できないんですよねぇ」
「縦割り組織なんですね。ともかく、こちらはちゃんと払っているので」
「そうですか、ではそのように上司に報告しておきます」
「上司に報告ってレベルじゃなく、組織上のミスでしょ。きちんと管理して、いい番組作ってね」
 と、インターホンをオフにした。

 その直後、通帳を確認したら、引き落とし履歴がない……ちょっと焦ったが、払っているのは間違いないぞ……。引き落としされてないならNHKのミスだ……と思う……。
 結局、クレジットカード払いにした事を思い出した(笑)が、いずれにしても毎年6月付で1年分を一括で払っている。衛星契約で。保存しているクレジットカード明細書で確認。

 まったく。
 NHKはよく観るので契約している。が、こんなウンコ徴収員に訪問されると考えちゃうね。

 税務署に個人事業届をだしているから事業所扱いになっていて、自宅分とは別途契約が必要、なんて事はないよね? もしそうなっても、仕事場にはNHK視聴環境はないし!

WOWOWがオンデマンド配信を開始

 有料BS放送局WOWOWが、7月からWOWOWメンバーズオンデマンドというサービスを始めるそうだ。
 思えば、WOWOWには開局当初から加入していて、その栄枯盛衰(笑)をずっと見届けてきているが、今回のは、ちょっと驚いた。

“いつでも・どこでも”好きな時にインターネット上でWOWOWの番組をお楽しみいただけるオンデマンドサービスです。
WOWOWにご加入中の方々だけが追加料金なしでご利用いただけます。
サービス開始時にはスマートフォンとタブレットでのご利用となります。(サービス対象端末は順次拡大予定です)
ご加入者お一人につき、3台まで視聴端末をご登録いただけますので、ご家族でお楽しみください。

 iPhone、iPad、iPod touch、その他(笑)に対応。
 視聴する端末は3台まで登録できて、そのうち放送契約台数分のみ同時配信がうけられる(我家の場合は1台)。放送本契約以外に追加料金なしなんだから、この辺の規制は、まぁしかたないかな。

 楽しみだ。

変な名前の銀行(笑)を解約

 イーバンク銀行時代の末期から徐々に手数料が値上げされ、あまりメリットがなくなりずっと使っていなかった楽天銀行の口座を解約。ネット専業銀行はジャパンネット銀行のみにする。あ、あと住宅ローンを組んでいる所もネット専業か。
 ネット専業銀行が出てきた頃には高飛車だった都市銀行やゆうちょ銀行も、ネットバンキングサービスがだいぶ充実してきたから、日々の支払いに使うにはネット専業銀行のメリットは薄くなってきたね。

 そもそも俺はイーバンク銀行と契約したのであり、楽天銀行なんていうふざけた名前の銀行と契約した覚えはないのだ(笑)。ばいなら。

クレジットカードを乗換える

 二十年以上前に契約し、ゴールドでもないのに今時数千円の年会費がかかる流通系クレジットカードを、7月の年会費支払いまでに解約し、別の流通系会社のカードに乗換える。
 これを契約した当時は年会費がかかるのが当り前だったけど、今は一般カードは無料のところが多いもんね。年会費以外では不満もなく、系列のスーパーでいつも便利に使っているのだが、少しでも節約せねば、と。
 そんな訳で、乗換え先のカードが届いたので、公共料金などの支払をそちらへ変更。どこもWebサイトから変更手続きができるから便利な世の中になったもんだ。

今年はのんびり

 大晦日。
 昨年は12月に入ってすぐにマンション購入を決めて、年末年始は契約やら引越し準備やらで忙しくすごしたのだが、今年はのんびり。
 当然、新居で迎える初めての年末年始。

 さて。年越しそば用の天ぷらと家飲みのツマミを買ってくるかね。

 みなさま、よいお年をお迎えください。

忘れていた訳ではないけど

 先日、都税事務所から「不動産取得税のお知らせ」が届いた。忘れていた訳ではないけど、マンション購入から半年以上経ってからの通知なので、ちょっと慌てた。後日、納入通知書が別途送られ、それで振込をせよと。
 本来は不動産を取得してから60日以内(自治体によって違う)に申告しなければいけない建前だけど、東京都の場合は、登記情報から連動して、減額控除の計算もしてくれて、このくらいのタイミングで都税事務所の方から通知してくれるらしい。
 マンションを契約した時に、デベロッパの担当者さんには、この物件の場合、減額控除により支払う額は少ないだろうと言われていた。で、通知された額は、思っていたよりもかなり安かったので、よかった。

 あとは固定資産税やら、住宅ローン減税やらの申告だわね。年明けには、生涯初の確定申告をしなきゃならん。

ドリコムがブログをライブドアへ譲渡

「ドリコムブログ」をライブドアへ譲渡、3月末に終了へ(2009.10.26 BBWatch)

 ドリコムは26日、個人向けの無料ブログサービス「ドリコムブログ」について、ライブドアへ譲渡すると発表した。26日付で譲渡契約を締結し、譲渡金額は非公開。譲渡後、「ドリコムブログ」は終了する。

 譲渡理由として、ドリコムでは「mixiアプリや携帯電話向けの着信メロディ配信など、エンタメ事業に資源を注力したい。事業を集約することで市場における優位性や企業価値の向上を図れる」としている。

 また、譲渡先にライブドアを選択した理由として、ライブドアがユーザー数300万人(2009年9月現在)を保有する個人向けブログサービス「livedoor Blog」を提供しており、「ブログに関する新しいサービスを提供するなど、ブログ事業が強い。現在利用しているユーザーに最も迷惑がかからない移行先としてライブドアが適任であると判断した」としている。

 今後のスケジュールとしては、2009年11月19日〜2010年1月で、ドリコムブログ管理画面内に「livedoorBlog」へ移行できるボタンを用意する「先行移行期間」、2010年2月〜3月で、データをバックアップできるエクスポート機能を提供し「livedoor Blog」以外のサービスにもブログを移行できる「一般移行期間」を予定。2010年3月末には「ドリコムブログ」を終了させる。なお、2009年9月時点での「ドリコムブログ」の会員数は23万人。

 ドリコムRSSはどうなるんだろ。現在はGoogleリーダーを使っているので、ドリコムRSSはしばらくその存在を忘れていたし、どうでもいいんだけどね(笑)。

ヤホーで調べりゃ簡単に解る事だろ

 iPhone 3G→3GSへの機種変更に盲点! 月々の負担が急激に増す理由(2009.07.17 日経トレンディネット)

 大げさなタイトルをつけてるけど、盲点なんかじゃなく、この記事に登場する「友人」が無知なだけじゃね? つーか、iPhone 3Gから3GSへの機種変更に関する価格や月賦残金については既に散々書かれていて、今更の事であり、ヤホーで調べでもすりゃすぐ解る事。更に言えば、機種変更にしろ新規にしろ、携帯電話の購入契約をしようってんだから、思い込みじゃなく事前に調べろよ。

 iPhone 3Gの購入から2年未満でiPhone 3GSへ機種変更した場合のローン額をまとめたのが下の図だ。iPhone 3G(2008年7月購入、16GBモデルの場合)だけを使っていた場合は、図の上にあるように実質負担金は1440円/月となる。

 ところが、購入から2年未満でiPhone 3GSに機種変更した場合、ローン額は一気に跳ね上がる。2年未満で機種変更したため、以前の機種に対する月月割の割引(1920円/月)が消えてしまうのだ。旧モデルの実質負担金は、それまでの1440円/月から3360円/月へと2倍以上も高くなってしまう。

 それと、あげあしとりになってしまうが、途中で機種変更しようがしまいが毎月の「ローン額」は変わらない。ソフトバンクの「月月割」はローン額(割賦金)の割引ではない事は、説明されるはずだがな。批判や啓蒙するなら、紛らわしい記事を書くな。
 前にも2年しばり料金プランについても、今回と同じように「今更な記事」を大げさに記事にしてたっけ。そういう人なんだな。「ケータイ料金を徹底分析してケチケチ節約することが生きがい」らしいが。

差し替えるだけでは利用できない

 中古iPhoneが激増中! 価格や在庫をアキバで調査!(2009.07.14 日経トレンディネット)

 まぁ、タイトルどおりの内容なのだが、この記事中、気になる記述が。

 程度のよさ以外にも人気のポイントがある。新品の購入と違い、中古ケータイならば代金を払えばその場で端末が手に入り、SIMカードを差し替えるだけで利用できる。契約期間が残っている端末を使っていても、違約金などを支払わずにiPhoneに乗り換えられる。購入時に新たな契約や縛りが発生することもない。

 国内では、iPhone専用のSIMじゃないとソフトバンクの3G回線は使えない。通常の3Gケータイ用のSIMを刺しても、警告が出て、ケータイとしては使えないよ。
 それとも、この記事を書いた人は、外国人が購入している事を指しているのか? それとも、SIMロックフリーのグレーゾーンなiPhoneの事を指している?
 いずれにしても、名のある報道関係企業の記事とは思えない、勉強不足加減だな。