夢想人企画工作部「スマホグッズ自作」シリーズ第三弾 100円ショップ製品による自撮り棒を試作(失敗)

 俺の周辺では大反響だった、自作スタイラスペンiPhoneで充電と同時に使えるDOckコネクタ接続ネックストラップに続く、夢想人企画工作部謹製「スマホグッズ自作」シリーズ第三弾(*)始動(笑)。

※当初は「第二弾」と記述していましたが「第三段」の間違いです。どうでもいい事かもしれませんが俺としては重要です。

 夢想人企画工作部の「安価かつ簡単に楽しみながら実用的なものを作る」の理念のもと、以前からずっと考えていた自撮り棒の自作。
 百円ショップ「ダイソー」に、利用できそうな製品があったので、試してみた。
 タイトルのとおり、今回は失敗だったのだが。

20150728_jidoribou_1
 使うのはこれ。車のダッシュボード上などにつける、スマートフォンホルダーと、隙間の状況などを見るための伸びるミラー。合計200マンエン(消費税抜き)。

 これを見ただけで、工作方法の見当はついたと思われるが(笑)、はい、そのとおりです。

20150728_jidoribou_2
20150728_jidoribou_3
20150728_jidoribou_4
 ホルダーの基部ボールジョイントを外し、スマホを固定する方にあるジョイントメス部分をカット。
 俺はまずエッチングソーで根元に溝を入れて、刃こぼれした古ニッパであらかたガシガシ刻み取ったのち、デザインナイフで残りを削いだ。

20150728_jidoribou_5
20150728_jidoribou_6
 ホルダーに付属の両面テープを半分に切り、貼り合わせ、ホルダー背面に貼る。

20150728_jidoribou_7
 そこに伸びるミラーを貼る。
 以上。

 伸ばして50センチではあるものの、更に腕を伸ばせば1メートル程度にはなるはず。
 それは目論み通りだったが、他の箇所で失敗。
 このホルダー自体は、既に仕事場の机上にてiPod的に使っている古いiPhoneを装着して利用していて保持力は問題ない事は分っている。
 ミラーの伸縮部分が、iPhoneの重さに耐えられず回転して、的確に保持しずらいのだ。
 これでも使えないことはないけれども、意図した画角にするまでに数十秒を要する。「構えるのにコツが必要」という状態では、自撮り棒としては大失敗だ。
 ホルダー裏をカットした後にけっこう大きな穴が空き、バネが見ているのも危険が危ない。

 しかし、アプローチは間違っていないはず。
 この材料で、もう少し何かの工夫を加えれば、どうにかなるはずだ。

 後日改修案を考えてみる。


我家にもLED電球導入!

 一昨年に現在のマンションに引越してきた直後に、既設の白熱灯を電球型蛍光灯に取替えた。
 しかしその時は、廊下、玄関、トイレ、洗面脱衣室のみ。浴室と台所はE17口金のミニクリプトン電球で、しかも器具は電球ギリギリのサイズ。ミニクリプトン電球とまったく同じサイズの電球型蛍光灯は売っていなかった——E17口金に限らず、どれも白熱灯電球より長いのばかりだった——ので断念した。
 省エネ指向の強まりとともに、いよいよ白熱灯は終局の道を辿りそうで、そろそろミニクリプトンと同サイズの蛍光灯やLED電球もだいぶ値下がりしてきたので、買ってきたよ。とりあえず浴室用のを。
 しかしねぇ、ちょっと失敗。浴室には昼白色よりも電球色の照明がいいね。昼白色だと寒く感じる。
 明日、改めて電球色のを買ってこよう。昼白色のは台所へ。


相棒

 秋からのシーズン8放送への布石か、今「相棒」の再放送が始まってるね。シーズン1から順番に一挙に放送なのかな?
 個人的にはシーズン2と4で録画失敗した回があるので、それを放送して欲しいのだが。あと去年の集中再放送の時は、本放送時90分SPだったシーズン3の最終話「異形の寺」が、1時間枠(本編正味45分)に短縮されてたのが、ちょっと残念だったし。

 ともかく、また今年も相棒の季節が近づいてきたね!


漢だね!

 ソビエトの宇宙船ソユーズに起きた悲劇 (2009.01.22 ギズモード・ジャパン)

 ほぼ全文引用になってしまうが、感動した話なのでメモしておく。

それは40年前、ソユーズの40周年記念の年の話。ソユーズ5号が軌道上で宇宙船同士のドッキングを成功させ、いざ地球に帰還しようとしたときのこと。

ソユーズ5号は推進モジュールを切り離して帰還する設計となっていたのですが、これが失敗。推進モジュールが帰還モジュールにくっついたまま、大気圏に再突入。耐熱板が装備されていない推進モジュールはそのまま燃え始めました。

シャトルの中は有毒ガスや煙が充満、熱でいろいろなものが溶け始めました。もし奇跡的に推進モジュールが途中で外れてくれなかったら、間違いなくボリス・ボリノフ飛行士は、人間がとても耐えられない高熱で焼かれて死亡していたものとおもわれます。

推進モジュールが分離してからも悲劇は続きます。今度はパラシュートがうまく動かず、着陸時の衝撃で歯が折れ、口の中が血まみれに。重傷を負わなかったのが幸いと思ったのも束の間、着陸地点が大幅にずれてしまったため、気温摂氏-38度のウラル山脈の中に不時着してしまったのです。

幸運なことに少し歩くと地元の農家を発見、なんとか凍死せずに済みました。そして当時のソビエト政府はこの命がけの多大な貢献に対して感謝するどころか、この事故の口外を禁じたそうです。
涙が出そうは話ですが、ボリス・ボリノフ飛行士はこんな目にあっても飛行士を辞めることなく勤め、7年後にはソユーズ21号のミッションにも参加し、宇宙に飛び立っています。本物の勇士ですね。

 ボリス・ボリノフ飛行士、凄過ぎ!


iPhone2.1ソフトウェアアップデート

 いつものように、iPhoneのバックアップ&同期をとろうと、MacにつなぎiTunesを起動。すると、iPhone2.1ソフトウェアアップデートがあるとのダイアログが。おぉ。12日リリースと予告されていたので、日本では13日だと思ってたよ。

 今回の修正・改善内容は、次の通りだと。

・ 通話発信時のエラーと通話中のエラーによる回線切断の発生頻度の減少
・ ほとんどのユーザを対象としたバッテリー寿命の劇的な向上
・ iTunesへのバックアップの所要時間の劇的な減少
・ メールの信頼性の向上(特にPOPおよびExchangeアカウントのメールフェッチ時)
・ 他社製アプリケーションのインストールの速度向上
・ 他社製アプリケーションが多数インストールされている場合にハングおよびクラッシュを生じる問題の修正
・ SMSのパフォーマンスの向上
・ アドレスデータの読み込みおよび検索速度の向上
・ 3G信号強度表示の正確性の向上
・ バッテリー寿命の劇的な向上
・ SMS着信時の警告音繰り返し機能(2回まで追加可能)
・ パスコード入力に10回失敗後のデータ消去オプション
・ Geniusプレイリスト作成機能

 予想以上に凄そうだぞ。

 で、ダウンロードとアップデート、iPhoneの再起動まで15分くらいかかって、無事終了。
iPhone2.1
iPhone2.1
「設定>情報」欄に「キャリア」っていう項目が増えている。モデムファームウェアも更新されてるね。
 前述の公式な改善内容には書かれていないんだけど、日本語入力が大幅に改善されているらしい。
iPhone連文節変換搭載
 おぉ! 連文節変換が搭載された! 速度も大幅に向上してて、やっと「普通のケータイ程度の文字入力」になった感じ。でも、今までもリセットすればその後しばらくは速くなってたので、まだ油断はできないけどな。
 それと、期待しているのは、バッテリー持続時間の向上。何しろ、前述の公式改善内容にも2度も書かれているくらいだから、よっぽどバッテリー寿命が伸びたのだろう(苦笑)。イヤミはともかく、どのくらいのもんだか、楽しみだ。

 従来のケータイは、たまにバグ修正処置がされたくらいだったが、ソフトウェアアップデートにより、不具合修正はもちろん、機能進化するiPhone。いいわ。


凄みが少ないラゼンガン

 リボルテックのグレンラガンシリーズ第2弾のラゼンガン。

リボルテックヤマグチ No.52 ラゼンガン リボルテックヤマグチ No.52 ラゼンガン

海洋堂 2008-06-12
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 螺旋王ロージェノムが乗る、中盤の敵ボスキャラであるが。
 造形や可動については、申し分無い。グレンラガンよりリボルバージョイントの数が少なくなり、特に股関節と手首がリボルバージョイントでなくなったものの、流石は山口式可動。これでも躍動感あるポーズが色々とれる。
 しかし! 顔が……。アマゾンのカスタマーレビューでも指摘されているが、目が大きすぎて、凄みの足りない顔になっちまってるの(笑)。

リボルテック ラゼンガン 目修正前
 アニメ設定画のような凶悪な顔にしたいが、塗装修正は面倒なので(笑)、目の上に、ヘルメットの陰っぽさを意識して、ガンダムマーカー墨入れ用・黒(筆ペンタイプ)の細い方でサラッとなぞってみた。

リボルテック ラゼンガン 目修正後
 うむ。かなり良くなったぞ。ガンダムマーカー墨入れ用・筆ペンタイプなら、塗ってすぐなら簡単に拭き取れるので、失敗を恐れずに作業できるし、結構な効果があるので、おすすめ。


紀文「魚河岸あげ」試食モニター

B-Promotion(ビープロモーション)」から届いた、紀文「魚河岸あげ」の試食モニター。
 メーカーサイト「紀文・おでんでほっと・HOT」で紹介されているとおり、やっぱりおでんや煮物の具にするのが定番なんだろうけども、さすがにまだ暑いので、今回は、そのままで酒のつまみにいただいた。

 届いたのは、「魚河岸あげ」「ひとくち魚河岸 えび」「ひとくち魚河岸 鶏五目」の3品。
「えび」は開封後、うっかり写真を撮る前に袋を捨ててしまった(笑)。

魚河岸あげ
魚河岸あげ
「魚河岸あげ」はロングセラーで、それがさらになめらかになったそうだ。
 豆腐と白身魚のサッパリとした味で、きっとどんな料理にも合うんだろうな。今度は煮物にしよう。

魚河岸あげ
 で、そのまま食った感想。
 確かに、煮物ほどの満足感は味わえないけども、ほんの少しのカラシと醤油をつけて、美味しくいただけた。他を邪魔しない味。
 えびは、俺は苦手なので嫁さんと子供に試食してもらった。小さく刻まれた海老の食感がいいアクセントになって美味しかったとのこと。
 鶏五目は、ほんのり甘い。カボチャの甘みだが、これも嫌味がなく、さらっとしている。

 繰り返しになるけど、やっぱり煮物の方が向いているね。それならなお美味しいこと間違いなし。
 今回は、ちょっと失敗。

 で、魚河岸あげ発売から20余年、長年のご愛顧に感謝し、「紀文・おでんでほっと・HOTキャンペーン」〜大自然と温泉で癒される ニュージーランド・ロトルア7日間の旅プレゼント〜というオープン懸賞もやってるみたい。
 運が良ければニュージーランドへ行けるかも?

キャンペーンバナー

紀文「魚河岸あげ」


野菜ジュース(2)

 先日は、農協のやつを買って失敗したので、今日は、違うやつを購入。
 ダイエー自社ブランド・セービングの「野菜のめぐみ」緑パック。これには「コップ1杯(200ml)に緑黄色野菜120g分入ってます」とある。っつーか、農協の以外は全部同じ。
 農協だけ「コップ1.5杯(300ml)に緑黄色野菜120g分」だった。やっぱり本当に薄かったんだ。


なんちゃってHGUC ザク改計画(11)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 相変わらずだらだらと製作中。

続きを読む


MacBookにWindowsXPをインストールなメモ

 Intel CPU搭載のMacでWindowsがネイティブ起動させるためのツール BootCamp1.1.2βによる、MacBook(2006前期モデル)へのWindowsXPインストールを行った。

 その方法は至極簡単だし、すでにいろいろと報告されているが、今回俺がつまずいた事について、メモを残しておく。

・WinXPのセットアップ開始時、キーボードを選ぶところで、Mac(特にノート機)は、キー配列が違い、下手なのを選ぶと、後で苦労する。とりあえず、[S]その他のキーボードに進み、USキーボードなら「USB Keyboard」を、JISキーボードなら「106 Japanese Keyboard」を選択しておけば良さそうだ。

・AirMacによる無線LAN。インストールに失敗する確率が高いっぽい。ドライバインストール4回目で、やっと認識された。
 Winの場合、プラグアンドプレイに対応していない機器のドライバを後でインストール/更新するのは、どこでやるのか分からなかった。分かったあとも面倒。Macの場合は、ドライバが提供されていれば、それを環境設定に放り込めばいいだけなのに。

・分かっちゃいるが、deleteキーの挙動がまるで違うので、戸惑う。

 こんなところかな。MacはIntel CPUを搭載していてもBIOS起動ではないし、レガシーポートは一切ついていないので、その辺りのドライバが一部悪さをしているかもしれない。微妙な所であり、まだ個体差による影響も多いかも。
 でも、基本的なドライバはアップルから提供されているし、エミュレーションではないので、予想以上に快適な動作速度だ。

 そもそも、ネイティブでMacOSもWinも動くのはMacだけだ。MacならMacOSもWinも動く。PCではMacOSは動かない。これだけでも惹かれるね。
 Winに固執して居ない場合は、特にMacを薦めやすくなったのは、間違いない。

 ちなみに、Windowsは、Mac用増設メモリと一緒に購入したXP/HomeのDSP版。正規ユーザーです(笑)。